スポーツ伝説

5月16日~20日の放送内容

【プロ野球 大勢投手】

 昨年のドラフトで巨人の1位指名を受け、関西国際大学から入団した翁田大勢投手。これまでの野球人生は、決して順風満帆ではありませんでした。高校3年生の時は、ドラフトで悔しい指名漏れを経験。大学4年生の時には右ヒジを疲労骨折。プロ1年目の今シーズンは新型コロナウイルスに感染し、春季キャンプは3軍スタートと出遅れます。しかし巨人は開幕前に、抑え候補だったビエイラ投手が不振で二軍落ち。急きょ代役に抜擢されたのが、オープン戦で好投した大勢投手でした。
 最初の出番は、3月25日の東京ドームで行われた中日との開幕戦。4対2と2点リードの9回、大歓声に包まれて初の公式戦マウンドに上がった大勢投手。連続ヒットとデッドボールでツーアウト満塁のピンチを招きましたが、最後は渾身のストレートで木下拓也選手のバットをへし折るピッチャーゴロに打ち取り、巨人の新人では初となる「開幕戦セーブ」を挙げました。その後も順調にセーブを重ね、4月13日の横浜DeNA戦で8セーブ目を挙げ、1978年に角三男投手が作った球団新人最多セーブ記録を44年ぶりに更新。さらに19日の広島戦で、12球団一番乗りの2ケタ・10セーブ目をマークしました。チーム21試合目での10セーブ到達は、2008年の阪神・藤川球児投手の19試合に次ぐ、史上2位タイのスピード記録です。

  
 
【プロ野球 岡林勇希投手】

 2019年のドラフトで5位指名を受け、三重県の菰野高校から   中日ドラゴンズに入団した岡林選手。ドラフトでは投手として指名されましたが、バッティングで高い評価を受け、外野手としてプレーすることになります。1年目から一軍昇格を勝ち取りましたが、なかなか定着はできず。今年こそレギュラーを獲ると決意した3年目、立浪和義新監督が就任。実は、昨年の春季キャンプで臨時コーチを務めた立浪さんが、目を掛けて熱心に指導したのが岡林選手でした。その甲斐あって、オープン戦でヒットを量産。立浪監督も固め打ちができるタイプと高く評価し、巨人との開幕戦「2番・ライト」でスタメンに抜擢。いきなり3安打を放って期待に応えると、第3戦でも再び3安打を放ち、立浪監督に就任初勝利をプレゼントしました。
 岡林選手の活躍はまだまだ続きます。本拠地・バンテリンドームで迎えた4月2日の広島戦。試合は一進一退の展開で、2対2のまま延長戦に突入。延長12回表、広島に1点を勝ち越され、最後の攻撃となった12回ウラ、中日は大島選手のタイムリースリーベースで同点に追い付くと、ワンナウト三塁のチャンスで、岡林選手に打席が回ってきました。最初のストライクに的を絞って、バットを振り抜いた岡林選手。広島の守護神・栗林良吏投手から内野安打を放ち、チームを今シーズン初のサヨナラ勝ちに導きました。チームを勢いに乗せる岡林選手。その活躍次第で、中日はセ・リーグの台風の目になるかもしれません。


    
【プロ野球 末包昇大選手】

 今月末、26歳の誕生日を迎える広島のオールドルーキー・末包選手。高松商業高校から東洋大学・大阪ガスを経て、昨年のドラフトで広島が6位指名。プロ入りを果たしました。身長188㎝、体重110kgの巨体から繰り出すパワーが売りで、大学時代は足の速さや守備で評価されましたが、リーグ戦4年間で放ったヒットは6本。ホームランはゼロと、バッティングで目立った数字は残せていませんでした。しかし潜在能力の高さを買われて進んだ社会人野球で、才能が開花します。昨年、鈴木誠也選手のフォームを参考にしたところ、確実性がアップ。この夏に開催された社会人野球の日本選手権では、全試合に4番で出場し、20打数9安打・7打点の大活躍で優勝に貢献。打撃賞のタイトルも受賞し一気に評価を高めました。
 今年2月の春季キャンプでは、一軍でスタートを切った末包選手。初日からフリー打撃で推定飛距離130m弾を含む17本の柵越えと、さっそく規格外のパワーを発揮します。さらに、4番に抜擢されたオープン戦初戦でいきなりホームラン。この一打はチームのオープン戦1号であり、新人では12球団最速アーチでした。その勢いを駆って3月25日、横浜DeNAとの開幕戦には7番ライトで開幕スタメンの座もつかみます。広島でルーキーが開幕スタメンに抜擢されたのは16年ぶり3人目で、さらに末包選手はこの試合、プロ初打席でいきなり初安打・初打点をマーク。なおもヒットを重ね、デビュー戦で3安打1打点を記録したのです。新人選手の開幕戦猛打賞は、広島では64年ぶり3人目の快挙でした。


 
【プロ野球 長岡秀樹選手】

 昨年、20年ぶりの日本一に輝いた東京ヤクルトスワローズですが、レギュラーを固定できなかったのがショートのポジションです。今、そのショートで売り出し中の若手が、堅実な守備とシュアなバッティングが武器の長岡選手。野球を始めたきっかけは、中学で野球部の監督をしていた父の影響から。高校3年生夏には、千葉大会準優勝という結果を残します。2019年のドラフトでヤクルトから5位指名を受け、入団を果たしたのです。
 プロ1・2年目はほぼ2軍暮らしが続いた長岡選手。しかし3年目の今年は、春季キャンプを初めて一軍で迎えます。レギュラー選手たちの中で揉まれたことで、これまで以上に自分自身をアピールしようと、前向きな気持ちで取り組みました。もっとも、オープン戦序盤はほとんどヒットが出ず、悩める日々。そんな中、転機となったのは高津監督からの言葉でした。「お前のいいところは、どんなボールも強く振っていけるところ。空を向いて、思い切って振っていけ」これで吹っ切れたように、オープン戦ラスト3試合でヒットを量産し、開幕戦でショートのスタメンを勝ち取ると、その試合でなんと4安打を記録。プロ初打点もマークし、チームの逆転勝利に貢献したのです。

 

【プロ野球 堀田賢慎投手】

 東北の強豪・青森山田高校出身の堀田投手は、原辰徳監督に「エースになってくれる素材。将来性という点ではナンバーワン」と才能を高く買われ、2019年のドラフト1位で巨人に入団します。しかし新人合同自主トレ中に、右ヒジの痛みを訴えて離脱。20年4月、ヒジのじん帯を再建するトミー・ジョン手術を受けました。リハビリ期間中は支配下登録から外れ、この年のオフ育成選手に降格。投げたくても投げられない、もどかしい日々が続きましたが、焦らずトレーニングとリハビリに専念しました。そして昨年8月、高校時代以来およそ2年ぶり、プロでは初の実戦マウンドに立ち、ストレートは自己最速の152キロを計測して復活をアピール。3年目の今年3月に支配下選手に復帰すると、オープン戦でも結果を出して開幕ローテーション入りを果たしたのです。
 ようやく一軍デビューのチャンスをつかんだ堀田投手。3月31日の東京ヤクルト戦で、ついにその時はやって来ました。初回、先頭の塩見泰隆選手に内野安打を許しますが、桑田真澄コーチの言葉「ランナーを出しても粘り強く行こう」を思い出した堀田投手。続く青木宣親選手のショートライナーでスタート切っていた1塁ランナーをフォースアウトとし、ピンチをしのぎます。3・4・5回も、いずれもランナーを出しながら、なんと3イニング連続ダブルプレーで無失点に切り抜けました。そして3点リードで迎えた6回。ツーアウト一・三塁のピンチを招きますが、山田哲人選手を空振り三振に仕留め、6回を5安打無失点の好投で「プロ初登板・初先発・初勝利」を挙げた堀田投手。回り道をしましたが、ドラフト1位の才能が輝くのはこれからです。
 
  

来週のスポーツ伝説は……

5/23(月) プロ野球 安田悠馬選手
5/24(火) プロ野球 三森大貴選手  
5/25(水) プロ野球 鈴木将平選手
5/26(木) プロ野球 佐藤隼輔投手
5/27(金) プロ野球 北山亘基投手

お楽しみに!!
BACK