2017年08月16日

自由研究のヒント

前回のブログでは、
夏休みの宿題、自由研究にもよさそうな首都圏外郭放水路をご紹介しましたが、
今回も、自由研究のテーマになりそうな展示を2つご紹介します。


まず、「ICC キッズ・プログラム2017 オトノバ 音を体感するまなび場」

音をテーマにしたアート作品が5つ展示されています。

楽器などで出した音がカラフルな形で現れる金箱淳一さんの「ラタタップ」

20170813_153404.jpg ラッパ型のホーンとパイプを自由につなげて作れるオブジェ、
スズキユウリさんの「響き花の植物園」

PSX_20170815_194231.jpg 実際に弾くことができる音のオルガン
「パフューマリー・オルガン」など、

PSX_20170815_194338.jpg アート作品を実際に体験して、音をめぐる色や香りなどを楽しめます!

特に、「パフューマリー・オルガン」は、
自然界の様々な香りが1音ずつに割り振られていて、
音楽を奏でて綺麗な和音を出した結果、混ざった香りも甘くて素敵なんです。
ぜひ、会場で味わっていただきたいです。

「オトノバ」の会場は、初台にある東京オペラシティタワー4階のICC。
入場無料で、8月31日までです。


同時開催中の「オープン・スペース2017 未来の再創造」も、同じく入場無料で、
AIなど最先端の技術を使ったアートに触れることができます。

こちらは、来年の3月11日まで観られるそうです。



続いてご紹介するのは、JICA横浜で開かれている
「世界を変えるアイデア展 ―めざせ!未来のノーベル賞―
 さわって体感! 開発途上国で輝く"アイデア品"大集合!」


20170814_102219.jpg 開発途上国で暮らす人々の生活をより良くするために考えられた、
色々なアイデア品が揃っています。

こちらの展示も、見て、触れて、実際に体験することができるんです。

円形にすることで水が運びやすくなった「キュードラム」、

20170814_104022.jpg 足で水量を調整できる簡易手洗い装置「ティッピータップ」、

PSX_20170815_193947.jpg 少しの力で進む足こぎ車いす「COGY」など、

PSX_20170815_193727.jpg どれも、今までになかった工夫をすることで、
水汲みや手洗い場、車いすなどが、ぐんと楽に、便利に使えるようになっています。


日本の中小企業の活躍や海外青年協力隊の努力、
アフリカ・マラウイに住む少年の発明など、
子どもたちも、大人にも、刺激になる展示がたくさんあります。

「世界を変えるアイデア展」は、赤レンガ倉庫の近くにあるJICA横浜で、9月24日まで。
入場無料です!

プロフィール

箱崎みどり

東京都生まれ。2011年ニッポン放送入社。 東京大学大学院修士課程修了(修士論文のテー マは「日中戦争期における「三国志」ブーム」) 趣味は、読書、プロ野球観戦、お笑いを見るこ と。特技は遠泳。


● Twitterは こちら

● facebookページは こちら

● Instagramは こちら

最新の記事
アーカイブ
箱崎みどり 改造計画 私服ファッションチェック

トップページ