2015年7月

  • 2015年07月30日

    羽田空港で絶品お蕎麦

    「高嶋ひでたけのあさラジ!」の中でお知らせも流れていますが、
    羽田空港第1ターミナルの出発ゲートラウンジに、
    新しいお蕎麦屋さん「サンゴウアン 羽田」ができました。

    1040259.jpg ミシュランガイドでも星を獲得している、
    港区白金にある「三合菴」というお蕎麦屋さんが、
    立喰蕎麦のお店を羽田空港に作ったんです。

    この「サンゴウアン 羽田」は、保安検査場の先にあるので、
    飛行機に乗らないと食べられません。

    私も、ずっと食べたいと思っていたんですが、
    先日の四国旅行で、ちょうど第1ターミナルを使ったので、
    念願のおそばを食べることができました!

    立喰蕎麦のお店ですが、きちんとテーブルと椅子も用意されています。

    040255.jpg私が食べたのは、葱そば。

    P1040254.jpg
    たっぷりの葱と上品なおそば。
    蕎麦湯もついてきます。

    とても美味しかったので、
    今から、次に第1ターミナルを使うのが待ち遠しいです。

    出発・到着時、ともにご利用いただけますので、
    羽田空港第1旅客ターミナルから旅立つ、
    もしくは降り立つ時は、ぜひ召しあがってみてください。



    さて、明日、7月31日の夕方17時30分から、
    有楽町駅前広場で行われる「有楽町 打ち水」で
    今年も司会を担当することになりました。

    打ち水が始まる前、17時からは、
    「マルイのラクチン綺麗ゆかたと
     夏の色艶ヘア&メイクショー」で、
    一人で着られるゆかたや、
    夏のイベントにぴったりのメイクをご紹介します。

    さらに、打ち水の後、夕方18時からは、ワカバのライブもあります。

    お時間がある方は、
    帽子や日傘、飲み水などで熱中症対策をしっかりした上で、
    ぜひお出かけください。

    有楽町で一緒に打ち水をしましょう!

  • 2015年07月21日

    縄文土器を聖火台に!

    先週の「高嶋ひでたけのあさラジ!」の「やじうま好奇心」では、
    2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた、
    地方自治体の取り組みについてレポートしました。

    早くも、オリンピック・パラリンピックで使う物品の売込みが始まっていて、
    放送では、「オホーツクの環境に配慮して作られた木材を国立競技場に!」
    「新潟県燕市のカトラリーを選手村へ!」
    「新潟県小千谷市の縮を選手団のブレザーや陣羽織に!」といった活動をご紹介しました。

    その中でもインパクトが大きいのは、
    新潟県の新潟市・三条市・長岡市・十日町市・津南町が共同で行っている
    「縄文土器を聖火台のモチーフに!」という活動。

    既にいろいろなPRイベントが行われていますが、
    こちらは、新潟県三条市の方に送っていただいた写真です。

    新潟県無形民俗文化財に指定された伝統的なお祭り、
    「越後の凧合戦」に合わせて、PRの大凧を揚げたそうです。

    s-DSC_0031s.jpgs-IMG_1472.jpg 上の写真は、新潟市で行われた白根大凧合戦。
    人が揚げる凧としては、最大級の大きさだと伺いましたが、
    たくさんの方が協力して揚げた様子がわかります。

    s-DSC09723.jpg s-DSC09607.jpg
    s-DSC09768.jpg こちらは、三条凧合戦。
    青空の下、メッセージを載せた赤い大凧がよく映えていますね!

    s-001_02.jpg この建物の玄関前の写真を見ると、改めて凧の大きさにびっくりします!


    今回、いくつもの自治体の方にお話を伺って感じたのは、
    地元の方の期待を背負いつつ、
    2020年の東京オリンピック・パラリンピックを、
    地方活性化の大きなチャンスととらえ、
    独自のアイディアを生み、果敢に実行していく熱い想いでした。

    国立競技場のデザインばかりが注目されていますが、
    日本全国にある素晴らしいものが、集まってくれば、
    素敵な大会になると思います。

    5年後、ぜひ、オリンピック・パラリンピックで使われる物にも、
    注目してみてください!

  • 2015年07月08日

    ひまわり8号運用開始!

    今朝の「高嶋ひでたけのあさラジ!」でもお話ししましたが、
    昨日から、正式に気象衛星ひまわり8号の運用が始まりました。
    七夕にスタートするなんて、素敵ですね。


    「あさラジ!」では、ひまわり8号を追いかけてきました。

    三菱電機の鎌倉製作所で、
    ひまわり8号が手作業で組み上げられているところを見学した
    のは、
    2013年の夏でした。それから約2年。

    去年の10月に種子島で打ち上げを見守ってから、9か月。

    ひまわり8号が、いよいよ天気予報を大きく変えます!

    高嶋さんは放送で「孫のように思っている」と仰っていましたが、
    私も、勝手に身近に感じています。


    ひまわり8号が送ってくれた、
    雲がくっきり見えるカラーの画像をご覧になりましたか?

    現在、台風が3つも日本列島に近付いていて心配ですが、
    ひまわり8号が、より精度の高い天気予報に
    大きく貢献してくれるのを楽しみにしています。

    天気予報は、これからもニッポン放送で、
    こまめにチェックしてくださいね!

プロフィール

箱崎みどり

東京都生まれ。2011年ニッポン放送入社。 東京大学大学院修士課程修了(修士論文のテー マは「日中戦争期における「三国志」ブーム」) 趣味は、読書、プロ野球観戦、お笑いを見るこ と。特技は遠泳。


● Twitterは こちら

● facebookページは こちら

● Instagramは こちら

最新の記事
アーカイブ
箱崎みどり 改造計画 私服ファッションチェック

トップページ