• 2019年07月16日

    出産と出版のご報告

    昨日は海の日、7月も半ばを過ぎましたが、 すっきりしないお天気が続いていますね。

    ひんやりしたり蒸し暑かったり、服装に悩む日々ですが、
    皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

    PSX_20190716_152611.jpg
    今日の「草野満代 夕暮れWONDER4」でお話ししていただいたように、
    私事ではありますが、先日、男の子を出産しました。

    産休前から頂戴していた励ましのお言葉や、
    体調を気遣っていただくお言葉が、本当に嬉しかったです。

    また、お祝いのお言葉もたくさんいただき、
    ありがとうございます!
    (メールをくださった安曇野のじじいさん他、
     ご心配をおかけした皆さま、申し訳ありませんでした...。)

    2人目ということで、右も左も分からなかった娘の時とは違い、
    出産からその後も、少し気持ちに余裕を持てています。

    忘れてしまったと思っていたオムツ替えや沐浴なども、
    やってみると、意外と体が覚えているものですね。

    それでも、生まれたばかりの息子は、
    足の力が強くベビーベッドの中を動き回ったり、
    半面、泣き声が姉の時より小さかったりと、
    子どもそれぞれに個性があることも感じています。

    弟の顏を覗き込んだり、歌を歌ってあげたりと、
    お姉さんらしく振る舞う娘の姿も見られるようになりました。

    お休みをいただいている間、
    子どもたちに、いろいろなことを経験させてあげたいと思っています。



    さて、もうひとつご報告があります。

    以前からお知らせしていた「三国志」の本の詳細が決まりました。

    タイトルは、『愛と欲望の三国志』。

    講談社現代新書から、8月21日に発売されます。


    日本で「三国志」がどう読まれてきたか、その愛と欲望の歴史をご紹介する本です。
    私が中高生の頃から調べてきた成果を1冊に詰め込んでいます。

    「三国志」が好きな方はもちろん、読んだことがない方、
    読もうとしたけれど挫折したことがある方にも、
    「三国志」を読んでみようかな、と思っていただける本を目指しています。

    見かけることがあったら、ぜひ手に取ってみてください。

    (東京国立博物館で9月16日まで行われている「特別展 三国志」もおすすめです!)

    PSX_20190716_152351.jpg
  • 2019年05月30日

    産前休暇のご報告

    先週の「草野満代 夕暮れWONDER4」でご挨拶させていただきましたが、
    私事ながら、7月に出産を控え、産前休暇に入りました。

    「ミュージックスクランブル」のオンエアも、私が担当するのは、明日までになります。
    (もちろん番組は続きますので、ぜひ引き続き、番組を聞いてご参加くださいませ!)

    毎日笑って、放送で出た話が自分の生活の一部になっていた「ワンダ4」も、
    新しいことを日々教えていただけて、日本中が行きたいところばかりになった
    「ミュージックスクランブル」も、ともに大好きな番組で、離れるのはとても寂しいです。

    そんな中、皆さまから、温かいメッセージをお寄せいただき、
    一つ一つ嬉しく、有難く拝読しました。
    本当に、ありがとうございます。

    1559209513210.jpg

    3年前、娘を出産した時は、初めての出産、育児、
    そして、子育てしながら仕事に戻れるのかなど、
    当時を振り返ると、怖いと思うばかりでした。

    今は、家族だけでなく、会社の同僚、保育園の先生方など、
    サポートしてくれる方の多さを実感したことで、
    娘に(おそらく)弟ができることに対して、
    楽しみな気持ちが大きくなっています。

    娘は、私が妊娠してから変化を感じたのか、泣いたり甘えたり、
    不安な気持ちが大きくなっていたようですが、
    産休に入り1週間で、少し落ち着いてきました。

    仕事にきちんと戻って来られるよう、
    しばらくの間は、子どもたちを最優先に過ごしてきます。

    お休みをいただきますが、
    これからも、どうぞよろしくお願いします!



    そして、お休み中にも、『三国志演義』にまつわる連載は続いていて、
    本の出版も、この夏から秋に控えています。


    今日更新されたのは、連載の第5回。
    「曹操を魅力的に描いたのは、吉川英治『三国志』だけじゃない!」

    特に曹操がお好きな方、ぜひ読んでみてください。

    曹操のお墓は、この夏行われる「特別展 三国志」のみどころでもあるので、
    よく知らないという方、予習にもおすすめです!


    「三国志」関連で、産休中もお騒がせしますが、
    こちらも見守っていただければ幸いです。

  • 2019年05月22日

    交通事故に寄せて

    交通事故による悲しいニュースが連日のように報じられています。

    特に、池袋の事故は、亡くなった女性とお子さんは、私と娘とほぼ同世代、
    また、大津の園児が亡くなった事故も、娘と同じ年齢のお子さんが犠牲になり、
    続報を耳にする度に、胸が詰まって苦しくなります。


    娘が通っている保育園は、園庭がなく、
    お天気の良い日は、先生方が毎日お散歩に連れて行ってくれます。

    家族で過ごす日には、なかなか歩いていけない遠い公園まで、
    先生とお友達と手を繋ぐと、頑張って歩けるそうで、
    たくさんの子どもたちを引率してくださる先生方に日々感謝しています。

    私は運動が苦手な子どもでしたが、
    娘が活発で、遊んだり踊ったりするのが大好きなのも、
    保育園での、お散歩をはじめ先生方のご指導のお蔭だと感じています。

    以前のように、園庭のある保育園ばかりではありませんが、
    そうした中で、どこの公園でどんな遊びをしようか、
    日々工夫しながら子どもたちの相手をしてくださっている、
    先生方のご苦労が少しでも伝わって欲しいと思っています。


    さて、同じ記事に並べて書いてしまいますが、
    以前、「あさぼらけ」でお話しして、リスナーの皆さまにご心配いただいた、
    私の80代の祖父の免許返納の件

    「一度返したら、また取るのが大変だ」と言い、
    運転に自信を持ち運転が好きだった祖父も、
    昨年、免許を返納しました。

    周囲に相談しないまま、新車の購入を進めていたことが分かり、
    家族で集まり、車を手放すよう説得しました。

    ネット上には、孫が言うと聞いてくれるという記事もありますが、
    祖父の場合、いつも口うるさい私よりも、
    普段口数の多くない、祖父にとっては婿である、
    父や叔父からの冷静な言葉が効いたようでした。

    入院していた祖母のお見舞いに、毎日車を運転していた祖父ですが、
    車を手放してから、タクシーを使ってもらうように。

    車を運転しなくなってからしばらくして、
    別の用事で、祖父と警察署の近くを通った際、
    ついでだからと寄ってみて、急遽、免許を返納してもらいました。

    急だったので、手放すことへの感慨をもっと汲み取ってあげられれば、という反省もありますが、
    細かなキズが増えていた車体を思い起こすと、正直、安堵の気持ちが大きいです。

    頑なだった祖父も、運転から離れた生活を送る中で、
    返納しても良いかな、という気持ちになってくれたのではないかと思います。

    以前、ブログにも書いたように、
    人それぞれ、返納できないご事情などもおありかと思いますが、
    ご本人や周りの方が、少しでも不安を感じたら、
    免許返納を前向きに検討してはいかがでしょうか。

    免許返納と、その後交付される運転経歴証明書は、
    それまでの運転歴や運転技術を否定するものではなく、
    誇るためにあるものだと思います。

    免許返納で悩んでいる方に、
    少し時間を置いてみた、祖父のケースが少しでも参考になれば幸いです。


    ところで、明日23日朝8時からの「垣花正 あなたとハッピー!」をお手伝いします。
    私事ですが、産休前最後の出勤日。
    夕方4時からの「草野満代 夕暮れWONDER4」と併せて、ぜひお聴きくださいませ。

  • 2019年05月18日

    この夏、三国志の波がやってくる!

    先日の「草野満代 夕暮れWONDER4」の「教えてWONDER4」で、
    三国志のお話をさせてもらいました。

    radikoのタイムフリーで、来週23日までお聴きいただけます!
    http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20190516161729


    7月9日から、東京国立博物館で行われる「特別展 三国志」についても、
    取材したのですが、限られた時間の中で、なかなかご紹介しきれませんでした。

    お話を伺った東京国立博物館の市元塁さんによれば、
    みどころは、放送でもご紹介した、曹操のお墓だけではありません!

    もちろん、2009年に発掘された曹操のお墓から、
    初めて中国国外にやってくる出土品の数々は、
    この機会を逃すと、中国に行っても見られるか分からない、貴重なものばかり。

    そんな曹操のお墓にも注目なのですが、
    その他にも、私たちの常識を覆すような品々がやってきます。

    例えば、公孫氏の領土からの出土品には、
    珍しい形のマグカップがあるそうです。

    同じ地域の昔の地層や、中国大陸の周辺の地域からは出土されない一方で、
    実は、島根など山陰で発掘された木器にそっくり!
    日本から取り入れられた形だと考えられているのだとか。

    金印や銅鏡など、中国からの文物が日本に入ってきているイメージはありますが、
    当時、日本の文化も海を渡っていたのですね。

    歴史の中にあった、国際関係のダイナミズムが実感できる展示もありそうです。

    その他、お墓から出てくる俑(埋葬用の人形)の表情も、
    国によって違うといったお話を伺って、
    今から、展覧会が始まるのが待ち遠しいです。


    三国志や展覧会が好きな方も、初めてみるものがたくさん集まりますし、
    三国志初心者の方も、楽しめる展示になるとのこと。

    ぜひ、この夏は、東京国立博物館に!



    そして、放送でもお話ししましたが、
    この夏から秋にかけて、講談社現代新書から、
    三国志と日本にまつわる本を出すことになりました。

    中高時代から、コツコツ積み重ねた研究成果をまとめています。

    日本で長く愛されてきた『三国志演義』には、
    作家が工夫を凝らして紡ぎ直した、日本語で読める本もたくさんあります。

    初心者の方で、どの「三国志」を読んだら良いか分からない、というお声もよく聞きますが、
    あなたにぴったり合う「三国志」が分かる本にすべく、頑張っているところです。

    新書ということで、分かりやすく、
    手に取りやすいことを目指して作っていますので、
    よろしければぜひ読んでみてください!

    詳しいことが分かってきたら、またご報告します!

  • 2019年05月15日

    明日は教えて三国志

    全国の三国志ファンの皆さま、お待たせしました!

    明日、5月16日(木)の「草野満代 夕暮れWONDER4」の「教えてWONDER4」で、
    三国志のお話をする機会をもらいました!

    7月9日から、東京国立博物館で行われる「特別展 三国志」についても、
    取材しています。

    三国志や展覧会が好きな方はもちろん、
    三国志初心者の方も、ぜひお聴きくださいませ。



プロフィール

箱崎みどり

東京都生まれ。2011年ニッポン放送入社。 東京大学大学院修士課程修了(修士論文のテーマは「日中戦争期における「三国志」ブーム」) 趣味は、読書、プロ野球観戦、お笑いを見ること。特技は遠泳。


● Twitterは こちら

● facebookページは こちら

● Instagramは こちら

最新の記事
アーカイブ

トップページ