• 2019年09月10日

    『愛と欲望の三国志』サイン会のお知らせ

    台風15号が首都圏を直撃し、未だ停電も続いています。
    被害を受けた方にお見舞い申し上げます。

    日中は、体に堪える暑さになっていますので、
    どうぞくれぐれも無理はせず、ご自愛くださいませ。


    今回の台風は、発達したまま関東にやってきましたが、
    今後も、海面水温が高いところを通ってくると、
    同じようなケースになることも考えられます。

    日ごろから、台風への対応を意識してください。

    防災一口メモは、こちらのサイトにまとまっています。
    http://www.1242.com/bousai/memo/



    さて、私が書いた日本と「三国志」の関わりを書いた本、
    『愛と欲望の三国志』ですが、
    読んでくださった方から、ご感想をいただいています。
    https://togetter.com/li/1393442

    「三国志」に初めて触れる方からも、
    「三国志」が大好きだという方からも、
    嬉しいご感想を頂戴することが多く、
    ほっと胸を撫でおろしています。


    冒頭部分は、こちらでお読みいただけます。
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66973



    そして、リブロ東戸塚店、リブロ浅草店にご協力いただいて、
    この本の刊行記念トークショー&サイン会を行うことになりました。

    よろしければ、ぜひお出かけくださいませ。


    日時:9月23日(月・祝)リブロ東戸塚店
       10月12日(土)リブロ浅草店   共に午後2時から。


    詳しくは、それぞれのお知らせページをご覧くださいませ。

    東戸塚店⇒https://libroplus.co.jp/info/1688/
    浅草店 ⇒https://libroplus.co.jp/info/1696/


    なかなか他にないタイプの「三国志」の本なので、
    お好きな方にも、新鮮な気持ちでお読みいただけると思いますし、
    初心者の方に、「三国志を読んでみよう!」と思っていただけるように書きました。

    「三国志」ビギナーの方も、マニアの方も、
    リブロ東戸塚店、浅草店でお待ちしています!

    書店用.png

  • 2019年08月21日

    『愛と欲望の三国志』発売中です!

    8月に入って厳しい暑さが続いていましたが、
    お盆があけて、少し落ち着いてきましたね。

    今週はすっきりしないお天気ですが、
    それでも、暑さには変わりがありませんので、
    引き続き、直射日光を避けて、水分、食事、睡眠をしっかりとって、
    熱中症にくれぐれもお気を付けくださいませ。



    さて、以前からお知らせしていた「三国志」の本、
    『愛と欲望の三国志』が、今日、発売されました!

    数日前に手元に届いたのですが、
    紙になって、重さがあって、開くと新刊特有の香りがして。

    「うわぁ、本になっている」と、やっと実感しました。

    丁寧に校閲していただいて、
    デザイン、編集、印刷、製本と、たくさんの方の手を経て、
    1人で書いていたワードファイルが、本になるんだと感動しました。

    応援していただいたリスナーのあなたにも、
    感謝の気持ちでいっぱいです。


    『愛と欲望の三国志』というタイトルですが、
    私箱崎と「三国志」の関わりからお話を始めて、
    日本で「三国志」がどう読まれてきたか、その歴史をご紹介する本です。

    いろいろな「三国志」を紹介しているので、ブックガイドとしても使えます。

    「三国志」について知らない方でも、はじめから説明していますので、
    よろしければ、ぜひ手に取ってみてください。

    本屋さんで、講談社現代新書の棚にある、ピンクの本です。


    書店用.png
    Twitterでは、いち早く本屋さんで買ってくださった方が、
    写真をアップしてくださいました。

    「お手元に届いたんだ!」と実感して感慨深いです。
    少しでもお楽しみいただけたら嬉しいです。


    一気に読んでくださった上柳アナウンサーが
    『愛と欲望の三国志』を紹介してくださった「あさぼらけ」は、こちらです。

    http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190820050000
    http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190821050226

    2日に分けて紹介していただいてしまいました!

    上柳アナウンサーが仰るように、
    本を通して、熱を込めてお話ししております!


    PSX_20190821_032312.jpg
    ところで、先日、後輩ディレクターに、
    書くのにどのくらいかかったのか尋ねられました。

    改めて思い返すと、大学生の頃のレポートの内容も入っているので、
    15年弱、三国志について、読んで、調べて、書き続けていて、
    それを凝縮したことになります。

    おそらく、これからも、三国志について考え続けるんだろうと思います。


    PSX_20190821_032231.jpg
    本を書き終えた後に書いた、
    東京国立博物館の特別展「三国志」のレポート記事も、
    今日、アップされました。

    「上野に出現した「リアル三国志」の最たる見所は、まきびし」

    こんなに面白い「三国志」に興味を持ってくださる方、
    「三国志」に夢中になる方が、増えますように!

    (写真は、私が「三国志」にハマッたきっかけ、
    NHK人形劇三国志の劉備と曹操で、
    特別展「三国志」でも見られます!)

  • 2019年07月16日

    出産と出版のご報告

    昨日は海の日、7月も半ばを過ぎましたが、 すっきりしないお天気が続いていますね。

    ひんやりしたり蒸し暑かったり、服装に悩む日々ですが、
    皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

    PSX_20190716_152611.jpg
    今日の「草野満代 夕暮れWONDER4」でお話ししていただいたように、
    私事ではありますが、先日、男の子を出産しました。

    産休前から頂戴していた励ましのお言葉や、
    体調を気遣っていただくお言葉が、本当に嬉しかったです。

    また、お祝いのお言葉もたくさんいただき、
    ありがとうございます!
    (メールをくださった安曇野のじじいさん他、
     ご心配をおかけした皆さま、申し訳ありませんでした...。)

    2人目ということで、右も左も分からなかった娘の時とは違い、
    出産からその後も、少し気持ちに余裕を持てています。

    忘れてしまったと思っていたオムツ替えや沐浴なども、
    やってみると、意外と体が覚えているものですね。

    それでも、生まれたばかりの息子は、
    足の力が強くベビーベッドの中を動き回ったり、
    半面、泣き声が姉の時より小さかったりと、
    子どもそれぞれに個性があることも感じています。

    弟の顏を覗き込んだり、歌を歌ってあげたりと、
    お姉さんらしく振る舞う娘の姿も見られるようになりました。

    お休みをいただいている間、
    子どもたちに、いろいろなことを経験させてあげたいと思っています。



    さて、もうひとつご報告があります。

    以前からお知らせしていた「三国志」の本の詳細が決まりました。

    タイトルは、『愛と欲望の三国志』。

    講談社現代新書から、8月21日に発売されます。


    日本で「三国志」がどう読まれてきたか、その愛と欲望の歴史をご紹介する本です。
    私が中高生の頃から調べてきた成果を1冊に詰め込んでいます。

    「三国志」が好きな方はもちろん、読んだことがない方、
    読もうとしたけれど挫折したことがある方にも、
    「三国志」を読んでみようかな、と思っていただける本を目指しています。

    見かけることがあったら、ぜひ手に取ってみてください。

    (東京国立博物館で9月16日まで行われている「特別展 三国志」もおすすめです!)

    PSX_20190716_152351.jpg
  • 2019年05月30日

    産前休暇のご報告

    先週の「草野満代 夕暮れWONDER4」でご挨拶させていただきましたが、
    私事ながら、7月に出産を控え、産前休暇に入りました。

    「ミュージックスクランブル」のオンエアも、私が担当するのは、明日までになります。
    (もちろん番組は続きますので、ぜひ引き続き、番組を聞いてご参加くださいませ!)

    毎日笑って、放送で出た話が自分の生活の一部になっていた「ワンダ4」も、
    新しいことを日々教えていただけて、日本中が行きたいところばかりになった
    「ミュージックスクランブル」も、ともに大好きな番組で、離れるのはとても寂しいです。

    そんな中、皆さまから、温かいメッセージをお寄せいただき、
    一つ一つ嬉しく、有難く拝読しました。
    本当に、ありがとうございます。

    1559209513210.jpg

    3年前、娘を出産した時は、初めての出産、育児、
    そして、子育てしながら仕事に戻れるのかなど、
    当時を振り返ると、怖いと思うばかりでした。

    今は、家族だけでなく、会社の同僚、保育園の先生方など、
    サポートしてくれる方の多さを実感したことで、
    娘に(おそらく)弟ができることに対して、
    楽しみな気持ちが大きくなっています。

    娘は、私が妊娠してから変化を感じたのか、泣いたり甘えたり、
    不安な気持ちが大きくなっていたようですが、
    産休に入り1週間で、少し落ち着いてきました。

    仕事にきちんと戻って来られるよう、
    しばらくの間は、子どもたちを最優先に過ごしてきます。

    お休みをいただきますが、
    これからも、どうぞよろしくお願いします!



    そして、お休み中にも、『三国志演義』にまつわる連載は続いていて、
    本の出版も、この夏から秋に控えています。


    今日更新されたのは、連載の第5回。
    「曹操を魅力的に描いたのは、吉川英治『三国志』だけじゃない!」

    特に曹操がお好きな方、ぜひ読んでみてください。

    曹操のお墓は、この夏行われる「特別展 三国志」のみどころでもあるので、
    よく知らないという方、予習にもおすすめです!


    「三国志」関連で、産休中もお騒がせしますが、
    こちらも見守っていただければ幸いです。

  • 2019年05月22日

    交通事故に寄せて

    交通事故による悲しいニュースが連日のように報じられています。

    特に、池袋の事故は、亡くなった女性とお子さんは、私と娘とほぼ同世代、
    また、大津の園児が亡くなった事故も、娘と同じ年齢のお子さんが犠牲になり、
    続報を耳にする度に、胸が詰まって苦しくなります。


    娘が通っている保育園は、園庭がなく、
    お天気の良い日は、先生方が毎日お散歩に連れて行ってくれます。

    家族で過ごす日には、なかなか歩いていけない遠い公園まで、
    先生とお友達と手を繋ぐと、頑張って歩けるそうで、
    たくさんの子どもたちを引率してくださる先生方に日々感謝しています。

    私は運動が苦手な子どもでしたが、
    娘が活発で、遊んだり踊ったりするのが大好きなのも、
    保育園での、お散歩をはじめ先生方のご指導のお蔭だと感じています。

    以前のように、園庭のある保育園ばかりではありませんが、
    そうした中で、どこの公園でどんな遊びをしようか、
    日々工夫しながら子どもたちの相手をしてくださっている、
    先生方のご苦労が少しでも伝わって欲しいと思っています。


    さて、同じ記事に並べて書いてしまいますが、
    以前、「あさぼらけ」でお話しして、リスナーの皆さまにご心配いただいた、
    私の80代の祖父の免許返納の件

    「一度返したら、また取るのが大変だ」と言い、
    運転に自信を持ち運転が好きだった祖父も、
    昨年、免許を返納しました。

    周囲に相談しないまま、新車の購入を進めていたことが分かり、
    家族で集まり、車を手放すよう説得しました。

    ネット上には、孫が言うと聞いてくれるという記事もありますが、
    祖父の場合、いつも口うるさい私よりも、
    普段口数の多くない、祖父にとっては婿である、
    父や叔父からの冷静な言葉が効いたようでした。

    入院していた祖母のお見舞いに、毎日車を運転していた祖父ですが、
    車を手放してから、タクシーを使ってもらうように。

    車を運転しなくなってからしばらくして、
    別の用事で、祖父と警察署の近くを通った際、
    ついでだからと寄ってみて、急遽、免許を返納してもらいました。

    急だったので、手放すことへの感慨をもっと汲み取ってあげられれば、という反省もありますが、
    細かなキズが増えていた車体を思い起こすと、正直、安堵の気持ちが大きいです。

    頑なだった祖父も、運転から離れた生活を送る中で、
    返納しても良いかな、という気持ちになってくれたのではないかと思います。

    以前、ブログにも書いたように、
    人それぞれ、返納できないご事情などもおありかと思いますが、
    ご本人や周りの方が、少しでも不安を感じたら、
    免許返納を前向きに検討してはいかがでしょうか。

    免許返納と、その後交付される運転経歴証明書は、
    それまでの運転歴や運転技術を否定するものではなく、
    誇るためにあるものだと思います。

    免許返納で悩んでいる方に、
    少し時間を置いてみた、祖父のケースが少しでも参考になれば幸いです。


    ところで、明日23日朝8時からの「垣花正 あなたとハッピー!」をお手伝いします。
    私事ですが、産休前最後の出勤日。
    夕方4時からの「草野満代 夕暮れWONDER4」と併せて、ぜひお聴きくださいませ。

プロフィール

箱崎みどり

東京都生まれ。2011年ニッポン放送入社。 東京大学大学院修士課程修了(修士論文のテーマは「日中戦争期における「三国志」ブーム」) 趣味は、読書、プロ野球観戦、お笑いを見ること。特技は遠泳。


● Twitterは こちら

● facebookページは こちら

● Instagramは こちら

最新の記事
アーカイブ

トップページ