• 2018年08月18日

    認知症サポーター

    昨日から、関東地方は秋の空気に。
    何だか空も高いような気がします。

    20180817_092808.jpg
    さて、先日、認知症サポーターの養成講座に行ってきました。


    私の80代の祖母も認知症ですが、
    入院して、はっきりと症状が出るまでは、
    仕事も家事もこなしているように見えていて、
    認知症が進行していたことに気付くことができませんでした。

    今になって思えば、待ち合わせをすっぽかしたり、
    古新聞がたくさん入った重い鞄をいくつも持っていたり、
    家を片付けられず、家に入れてくれなくなったり、
    気付くきっかけはいくつもあったのですが...。

    そんな反省もあり、講習を受けたのですが、
    認知症について、知らなかったことがたくさんありました。


    まず、認知症というのは、一つの病気ではなく、
    いろいろな原因で、脳の働きに不都合が生じ、さまざまな障害が起こり、
    生活する上での支障が約半年続いている状態のこと。

    アルツハイマー病やレビー小体型認知症だけでなく、
    脳梗塞や、脳出血、アルコール中毒なども、認知症の原因になるそうです。

    認知症の症状を示していても、脳腫瘍や甲状腺疾患など、
    手術や投薬で治る場合もあります。

    なぜ症状が出ているかを見極めるためにも、
    薬やリハビリなどで進行を遅らせるためにも、早期受診が大事です。


    また、能の細胞が死んでしまって起こる、記憶障害などは治りにくいのですが、
    うつ状態や徘徊、暴力などの、行動・心理症状は、
    対応や接し方次第で、おさまる可能性があるのだそうです。

    私の祖母が認知症だと分からなかった時、
    「どうして先に帰っちゃうの?!」「鞄は軽くしたら?」などと、
    一方的にこちらの見方を押し付けてしまいましたが、
    きつい言い方は、混乱を招いたり、自尊心を傷つけたりしてしまいます。

    祖母の言動の理由が分からず、「しっかりしてよ」等と言ってしまったこともありましたが、
    否定的な言葉で自信を失ってしまうと、急速に症状が進行すると言われています。


    行動を変えて欲しい時は、
    どうしたらスムーズにできるか、原因を考えて、
    笑顔で声をかけることが大切なのだそうです。

    例えば、トイレに行くのが難しくなってきたら、
    トイレの場所を分かりやすくしたり、脱ぎ着しやすい服を選んだり。

    物がなくなったと思っているときは、一緒に探してみても。

    考え方や接し方をすぐに変えるのは、難しいですが、
    実際に、認知症の介護を長くされた講師の方からは、
    具体的な例がポンポン飛び出しました。

    特に印象的だったのは、「記憶には残らないが、感情は残る」という言葉。

    きつく言われた内容は忘れてしまっても、
    怖い顔、嫌だなという感情は残ってしまうのだそうです。

    「今日は何を食べたの?」「明日の予定はなんだっけ?」
    「デイサービスで何をしたい?」といったことを尋ねがちですが
    近いことは記憶できないので、答えられないという負の感情になってしまいます。

    認知症の方も、昔のことを覚えている場合が多いので、
    「小学校の先生の名前はなんだっけ?」等と尋ねて、
    そこから「こんなことがあった」「こんな先生だった」といったエピソードを引き出すと、
    話をすることができた満足感を得ることができるのだそうです。


    ご自宅で介護をしている場合は、特に余裕がなくなりがちですが、
    ぜひ、似たような経験をしている他の方と話して、
    気持ちを少しでも楽にしてくださいね。


    そして、何より大変なのは、認知症になったご本人。
    ご本人も自覚症状があるので、不安で堪らないそうです。

    私の祖母も「病院には行かない」と強硬に言っていましたが
    それは、自分が認知症だと認めたくないという、自衛反応。
    自分の身に置き換えて考えると、頷けますよね。

    認知症の方に寄り添いつつ、自然に手助けできる社会を作るためにも、
    また、運動や趣味、笑うことなど認知症の予防法を知り活かすためにも、
    機会があったら、ぜひ講習などを受けてみてくださいね。

  • 2018年08月11日

    山内惠介さんの明治座初座長公演!

    20180810_103346.jpg 人形町駅で降りるときにいつも見ている明治座 のポスターに山内惠介さん。

    PSX_20180811_101616.jpg 歴史ある明治座の前に、惠介さんののぼり。

    目に入るもの一つ一つを噛み締めながら、山内惠介さんの明治座初座長公演に行ってきました。


    公演は二本立てで、 第一部は、お芝居「1963年 父の青春 僕はあの日の高校3年生」。

    コミカルな演技や思わぬ伏線に笑っていたら、いつしか自分の身にも響く涙の展開に。
    家族の大切さを思い出させてくれる、お盆の時期にぴったりの温かいお話です。

    また、垣花アナウンサーが「あなたとハッピー!」で話していたように、
    お芝居の役が、実際の惠介さんの歌手人生と重なるところもありますし、
    今年の熱唱ライブの中のショーで拝見したスピンオフも思い起こして、何度も泣いてしまいました。


    第二部は「ゴールデン歌謡ショー 惠介のヒットパレード2018」。

    明治座に映える和の世界、第一部とリンクする60年代の華やかな歌謡ショー、
    そして、紅白歌合戦で披露した曲をはじめとした惠介さんのヒット曲の数々が一度に楽しめます。
    特に、懐かしい曲の格好良いアレンジは痺れました。
    より一層貫禄を増した歌声を、ぜひ生でお聴きいただきたいです!


    第一部、第二部を通して、南野陽子さんの歌、劇団SETの皆様の踊りも随所に。
    盛りだくさんの公演です。


    この、記念すべき山内惠介さん明治座初座長公演は、
    折り返し地点を超えて、来週水曜日、8月15日まで。

    当日券が出る回もあるようですし、
    14日(火)昼公演の第2部終了後には、
    上柳昌彦アナウンサーと垣花正アナウンサーとのアフタートークもあります。

    私が行った回は、男性も多かったですし、お母様といらっしゃっている息子さんの姿も。
    ご家族でのお盆休みの思い出に、ぜひ、山内惠介さんの初めての明治座・座長公演をご覧ください!

    詳しくは、こちらのページをご覧ください。
    http://event.1242.com/special/yamauchi/index.html

  • 2018年07月28日

    あなたが選ぶ朝ドラグランプリ!!

    月曜から木曜日の夕方4時からお送りしている「草野満代 夕暮れWONDER4」

    7月30日からの4日間、『あなたが選ぶ朝ドラグランプリ!!』をお送りします!
    朝ドラにご出演された俳優さん・女優さんが、連日登場します。

    さらに、「あなたの好きな朝ドラ」や「朝ドラリクエスト」を気軽に書いて送るだけで、
    毎日、特選黒毛和牛のローストビーフ・300グラムや

    i_beef_main01.jpg 築地銀だこのたこ焼が当たるチャンス!

    メールアドレスは、w4@1242.com
    Twitterのハッシュタグは、#ワンダ4で、
    ぜひご参加ください!

  • 2018年07月21日

    『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』

    連日の猛暑、体に疲れが溜まってきていると思いますが、
    食事と睡眠をしっかりとって、体調を整えてくださいね。

    そして、水分補給、汗をかいたら塩分も補って、
    休憩をこまめにとって、冷房を適度に使って、熱中症を防いでください。

    熱中症警戒ポイントを、「草野満代 夕暮れWONDER4」の中でお伝えしています。

    「高齢者、お子さんは、より熱中症になりやすい」
    「水分補給は少しずつ10分おきに」「夜や室内も油断は禁物」など、
    繰り返しになっても、命を守るための情報ですので、
    日ごろの行動に反映していただけたら嬉しいです。



    さて、暑いのでお部屋で読める本をご紹介します。

    ベストセラー、河合雅司さんの『未来の年表』の第2弾、
    『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』を読みました。

    PSX_20180721_154555.jpg 累計46万部を突破した第1弾に続き、5月に発売された第2弾もベストセラーに。

    それもそのはず、第2弾も、
    人口が減っていく日本の姿をデータで追い、
    年表で分かりやすく突き付けた第1弾に負けない迫力!

    例えば、電車のダイヤ。
    今は、乗り降りに時間がかからないので、
    都心では数分おきの緻密なダイヤで運行されていますが、
    高齢者が増えていくと、乗り降りにも時間がかかり、今のダイヤは維持できなくなる...。

    お店などサービス業の現場もスムーズにいかなくなりますし、
    若者が減るので、警察・消防をはじめ、体力が必要な仕事に従事できる人も少なくなります。

    お店が減っても、配送でカバーしようという意見もありますが、
    そもそも、配送のお仕事に従事する人も減っていくので、
    今の便利な社会を、このままの姿で維持することはとても難しくなるのです。

    会社に起こる変化も、思い当たる節がありますし、
    街に起こる変化も、亡くなった自分の親戚などを思い出すと、他人事とは思えません。

    それでも、データで悲観的なことを挙げるだけでなく、
    後半には、個人で出来る対応が記されています。

    特に「おわりに 豊かな日本をつくりあげてきた〝大人たち〟へ」という章を、
    多くの方に読んでいただきたいです。

    多くの方に『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』を読んでいただいて、
    危機感を共有して、「戦略的に縮む」ためにできることを考えたいです。

  • 2018年07月15日

    ほおずき市に行ってきました

    10日の「草野満代 夕暮れWONDER4」でもお話ししましたが、
    浅草寺のほおずき市に、生まれて初めて行ってきました!

    PSX_20180712_164954.jpg ほおずき市は、浅草、浅草寺の四万六千日の縁日、7月9日10日に開かれます。

    浅草寺では、7月10日にお参りすると、
    4万6千日(!)お参りしたのと同じご利益があるとされていて、前日から大賑わい。
    今では、前日の9日も併せて縁日になりました。

    PSX_20180712_163702.jpg いつも、国内外からのお客様で混んでいる浅草ですが、
    ほおずき市の日は、平日の朝から大混雑。

    ほおずきの露店が境内に並び、
    風が吹くと、ほおずきの鉢についた風鈴が一斉に鳴って涼しげでした。

    PSX_20180712_163810.jpg ほおずきの鉢には、下の方に、赤い実がいくつかついていて、
    真ん中に青い実、そして上の方に白い花が付いています。

    20年以上にわたって、毎年、鉢を買っているというご婦人にお話を伺ったのですが、
    ほおずきは、朝夕お水をやれば、徐々に色づいて、
    秋頃まで、可愛らしい姿を見せてくれるそうです。

    今年は、育てる自信がなくて、実を一つと、ほおずきの手拭を買ったのですが、
    2歳の娘もほおずきの実を持って嬉しそうにしていました。

    草野さんが仰っていたほおずき笛や、
    葉脈を残した「透かしほおずき」「網ほおずき」を作りたいので、
    来年は、鉢植えを育ててみようと思っています。

    PSX_20180712_164045.jpg

プロフィール

箱崎みどり

東京都生まれ。2011年ニッポン放送入社。 東京大学大学院修士課程修了(修士論文のテーマは「日中戦争期における「三国志」ブーム」) 趣味は、読書、プロ野球観戦、お笑いを見ること。特技は遠泳。


● Twitterは こちら

● facebookページは こちら

● Instagramは こちら

最新の記事
アーカイブ

トップページ