MUSIC PLANET プレゼンツ 土屋礼央 SOUND RING

2020.01.08

KEYTALK結成のエピソード 2020/1/8

今夜のゲストは先週に引き続き
4人組バンドKEYTALKから首藤義勝さん(Ba.Vo.)と八木優樹さん(Dr.Cho.)!



先週はメンバー4人が出会うまでのお話でしたが
今週はKEYTALKになってからのお話!

バンドを結成した当初は
プロになるという明確な目標はなくやっていたという2人。


4人目のメンバーに巨匠が入ったときに
「CDデビューしたいね!」という話が出ました。

CDを出すためにはどうしたらいいか合理的に逆算した結果、大人の力を借りることに。
小野さんと八木さんが通っていた音楽教室の先生にアドバイスをもい、
音楽業界情報雑誌「MUSICMAN」に載っている音楽会社に片っ端からデモテープを送ったそうです。


デモを2枚作り、約100社に送ったところ、4,5社から反応が!
なかでも、インディーズレーベルのK.O.G.A Recordsの社長は
ライブを見に来てくれたり、打ち上げにも参加してくれたりと
とても親しく接してくれたそう。
「この人とやったら面白そう」とメンバー満場一致でお世話になることに。
そしてCDデビューのタイミングでバンド名を『real』から『KEYTALK』に。


好きでやってきたことを認めてくれる人がいてCDを出せること、
そしてそれを聞いてくれる人がいるということは自信になったと語っていただきました。

そして2013年にメジャーデビュー。
『トラベリング』という楽曲のミュージックビデオを作って、YouTubeにあげたときに
今までに味わったことのないぐらいの反応があったそうです。

 

 

音楽を続けてこれたモチベーションは?

首藤『“迷ったときはシンプルにいい曲作る、いいライブする。
この二つだけ考えていれば何とかなる。”と
当時のブッキングマネージャーさんに言われたことが今でも自分の支えになってます。
ライブで正解が分からなくなったときは、メンバー4人が楽しめればそれでいい。』


八木『楽器を始めてから変わってないのは自分が満足できる演奏をしたいということ。
そして、このメンバーが作る曲を自分の演奏でもっと際立たせたい。
見てくれる人が増えるにつれてもっといろんな人を楽しませたいと思う。』


音楽で夢を叶えたい人へメッセージ

首藤『学生の頃は目指す夢すらなくて自分の将来どうなっていくんだろうと
ぼんやり過ごしていたけどKEYTALKのメンバーと出会ったことで夢が生まれた。
人との出会いを大事に!』

八木『好きなことを突き詰めることと、共有できる仲間がいると
自分も負けてられないと思うし、原動力になる!』

動画番外編もチェック!

放送には収まらなかったトークはYouTubeの動画番外編でご覧ください!
今回は、『ニューアルバムの“ベストレコーディング曲”』について話して頂きました!


そして!番組では毎回、声や音楽などの「音」を、独自の「波形データ」に変換して作られる、世界で一つのオリジナルリング「Encode Ring」を抽選で1名様に、プレゼントしています!!

 

 首藤さん八木さんに「音」入れて頂きました!
どんなリングになるかは、当たった人のお楽しみです…!!
応募方法は番組公式Twitterの フォロー と リツイート です。
Twitterで@reo_soundring をフォローしてぜひチェックしてみてください!!
radikoタイムフリーで聴く
    パーソナリティ
    • 土屋礼央
      土屋礼央
      土屋礼央

      土屋礼央

      2001年RAGFAIRのメンバーとして、サングラスと白いファーを巻いた印象的なスタイルでデビュー。瞬く間に学生からの支持を受け、アカペラ史上最高の動員数を全国各地で記録する。紅白歌合戦、オリコンシングル1、2位独占、ゴールデンアロー新人賞を受賞するなどアカペラブームの立役者となる。現在はソロプロジェクト「TTRE」としても活動中。サッカー・野球好き(特にFC東京と西武ライオンズ)、鉄道好きとしても有名。
      TTRE土屋礼央オフィシャルサイト: http://ttre.jp/

      ニッポン放送 ニッポン放送
      Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.