MUSIC PLANET プレゼンツ 土屋礼央 SOUND RING

2020.01.01

KEYTALKから首藤さんと八木さん! 2020/1/1

あけましておめでとうございます!

新年一回目目の土屋礼央SoundRing、ゲストはKEYTALKから
首藤義勝さん(Ba/Vo)と、八木優樹さん(Dr)!

 

 

首藤さんの音楽の歴史

親が音楽が好きで、常に家では音楽が流れていたという首藤さん。
親はトランペットの経験者で楽器も自然に触っていたとのこと。
ちゃんと楽器の練習を始めたのは小学校6年生のころで、
ギターを始めてみたものの、童謡の「ちょうちょう」で挫折してしまします!
その後、野球部の友達同士で「ハモネプ」に影響されグループを作りベース担当。
そのうちに本格的に楽器のあるバンドをやりたくなり、メンバーに告げたところ
そのメンバーのままコピーバンドを組むことになります!

 

 

八木さんの音楽の歴史

親がクラシック好きで、家で常に流れていたという八木さん。
幼少期は「エリーゼのために」を聴かないと寝れなかったとのこと。
中学に入ってから友達にMDを貸してもらって音楽がより好きになります。
高校で仲良くなった友達と軽音楽部の歓迎コンサートを見に行き、
そこで聴いたバンドのエレキギターの音がかっこよくて楽器をやることを決意します。
最初はギターをやるつもりだったのが、いざ触ってみると難しく
唯一上手く音が出たドラムをやることに。

 

 

KEYTALK結成まで

高校生になって別の高校の軽音部だった2人は埼玉のライブハウスで知り合い、
一緒にバンドをやることになります。
たまたま同じ日をライブハウス予約していて、
学年も一緒で夏休みで同じような企画ライブを考えていたことから仲が深まり、
それから1年後、八木さんのバンドにベースがいなかった時期に
首藤さんが加わり、現在のKEYTALKのメンバーに。

 

 

動画番外編もチェック!

放送には収まらなかったトークはYouTubeの動画番外編でご覧ください!

今回は、『レーベル移籍後の初のアルバムのこと』
『レーベル移籍で変わったこと』を話して頂いてます!

 

そして!番組では毎回、声や音楽などの「音」を、独自の「波形データ」に変換して作られる、世界で一つのオリジナルリング「Encode Ring」を抽選で1名様に、プレゼントしています!!

 

 首藤さん八木さんに「音」入れて頂きました!
どんなリングになるかは、当たった人のお楽しみです…!!
応募方法は番組公式Twitterの フォロー と リツイート です。
Twitterで@reo_soundring をフォローしてぜひチェックしてみてください!!

												
radikoタイムフリーで聴く
    パーソナリティ
    • 土屋礼央
      土屋礼央
      土屋礼央

      土屋礼央

      2001年RAGFAIRのメンバーとして、サングラスと白いファーを巻いた印象的なスタイルでデビュー。瞬く間に学生からの支持を受け、アカペラ史上最高の動員数を全国各地で記録する。紅白歌合戦、オリコンシングル1、2位独占、ゴールデンアロー新人賞を受賞するなどアカペラブームの立役者となる。現在はソロプロジェクト「TTRE」としても活動中。サッカー・野球好き(特にFC東京と西武ライオンズ)、鉄道好きとしても有名。
      TTRE土屋礼央オフィシャルサイト: http://ttre.jp/

      ニッポン放送 ニッポン放送
      Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.