MUSIC PLANET プレゼンツ 土屋礼央 SOUND RING

  • TOP
  • ブログ一覧
  • さかいゆうさんの渡米後からデビューまで 2020/2/26
2020.02.26

さかいゆうさんの渡米後からデビューまで 2020/2/26

毎週素敵なゲストをお迎えし、音楽と関わるようになったきっかけをお話いただいてる
『土屋礼央SoundRing』

先週に引き続き、今週のゲストはさかいゆうさん!

 
 

渡米後の活動とデビューまで

先週はさかいさんが渡米してストリートライブを始めたところまでのお話でしたが
今週は渡米後のお話を深堀していきます!


渡米し、ピアノを購入して弾き語りを始めたさかいさん。
週に2回~4回公園の噴水の近くでソウルミュージックをカバーしていたそうですが
どれだけ生活費を稼げるかも重要だったので、レパートリーを徐々に増やし
最終的には40~50曲をカバー。
それにあわせて耳が鍛えられてコピーするスピードも速くなったといいます。




その後日本に帰ってきたさかいさんは、憧れだった中沢ノブヨシさんに連絡します。
中沢さんの前で耳コピしたピアノを披露し、そのままサポートミュージシャンに。

ズボンドズボンのサポートメンバーとして活動していたのもこの時期。
「初めて請求書を書いてギャラをもらった仕事もズボンドズボンだったかもしれない」と
当時の思い出を語っていただきました。


その後、前のマネージャーさんが宇多丸さんのラジオきっかけで
ハンティングしにきてくれたそう。

当時29歳だったさかいさんに、
「音楽的な才能に魅かれたんで年齢は関係なく一緒に仕事したい。
この声を僕らだったら届ける情熱とテクニックとキャリアがある。」と
4回説得された。

そして、同じ高知県出身の前社長と出会い、
そこから半年ほどでデビュー。


ミュージシャンになることに反対していたお父さんも
「俺が育てた」と喜んでくれていたそうです。

 
 

音楽で夢を叶えたい人へメッセージ

 

“チャンスというものは、準備が完成するちょっと前にやってくる。
自分を信じて人に無理に憧れず、自分の得意なことを耽々とやっていれば大丈夫。”
 
 

動画番外編もチェック!

放送には収まらなかったトークはYouTubeの動画番外編でご覧ください!
今回は『海外に武者修行に行くときの秘訣』をお話していただきました!

そして!番組では毎回、声や音楽などの「音」を、独自の「波形データ」に変換して作られる、世界で一つのオリジナルリング「Encode Ring」を抽選で1名様に、プレゼントしています!!

 

さかいゆうさんに「音」入れて頂きました!
どんなリングになるかは、当たった人のお楽しみです…!!
応募方法は番組公式Twitterの フォロー と リツイート です。
Twitterで@reo_soundring をフォローしてぜひチェックしてみてください!!
 
最新番組ブログ
    パーソナリティ
    • 土屋礼央
      土屋礼央
      土屋礼央

      土屋礼央

      2001年RAGFAIRのメンバーとして、サングラスと白いファーを巻いた印象的なスタイルでデビュー。瞬く間に学生からの支持を受け、アカペラ史上最高の動員数を全国各地で記録する。紅白歌合戦、オリコンシングル1、2位独占、ゴールデンアロー新人賞を受賞するなどアカペラブームの立役者となる。現在はソロプロジェクト「TTRE」としても活動中。サッカー・野球好き(特にFC東京と西武ライオンズ)、鉄道好きとしても有名。
      TTRE土屋礼央オフィシャルサイト: http://ttre.jp/

      Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.