MUSIC PLANET プレゼンツ 土屋礼央 SOUND RING

2020.01.15

コレサワさんが音楽を始めたきっかけ 2020/1/15

毎週素敵なアーティストをお迎えし、
これまでの道のりや、音楽を始めたきっかけを紐解く番組、
土屋礼央SoundRing!



今回のゲストは、コレサワさん!!


メディア出演の時は『れ子ちゃん』というクマのぬいぐるみが
ビジュアルを担当しているコレサワさん。
礼央さんとは何度か他局のラジオでお仕事をしていますが、
れ子ちゃん無しの素の姿で話すのははじめて!




 

コレサワさんが音楽を始めたきっかけ

 

コレサワさんが初めて音楽に触れたのは3歳のとき。
テレビでピアノを弾いている女の子を見て「やりたい」と言い出したのがきっかけだそうです。
小学校の時にはダンスも習い始め、そこで同時にボーカルレッスンも習っていたとのこと。

また、コレサワさんのお母さんが、よく知り合いのスナックに連れて行ってくれて、
そこでaikoさんやプリンセスプリンセスさんを歌って褒められるのが嬉しかったそう。

 

高校生時代

そして、曲を作り始めたのは高校3年生。

絢香さんみたいな声の歌が上手なライバル的存在の女の子が
オリジナル曲を作って歌っていたのがきっかけ。
その時YUIさんが好きだったコレサワさんは、
カバーしかしたことがなく、悔しくて自分も曲を作り始めたそう。


初めて人前で音楽を披露したのは高校3年生の夏、
オリジナル曲限定の18歳以下のオーディションのチラシが
たまたま家にあって応募してみたところ、大阪代表になって全国大会に出場することに。

東京の1000人規模のライブハウスで決勝戦に出場、
ライブをほとんどやったことがなかったのに、急に1000人の前で歌うことになり、
ステージのMCでは名前しか言えなかったそう。
その時の悔しい思いがきっかけで、
「いつかこのライブハウスを満員にしてワンマンライブやりたい!」と心に決め、
同時に「音楽を仕事にしてやる!」と思ったと語って頂きました。


ちなみに、この頃はまだ『コレサワ』ではなかったとのこと。
次週は『コレサワ』として活動を始めてからのお話!


動画番外編もチェック!

放送には収まらなかったトークはYouTubeの動画番外編でご覧ください!

今回は、全曲失恋ソングのニューアルバム『失恋スクラップ』がリリースということで
『失恋ソングを作詞する時間帯』について!!

 

そして!番組では毎回、声や音楽などの「音」を、独自の「波形データ」に変換して作られる、世界で一つのオリジナルリング「Encode Ring」を抽選で1名様に、プレゼントしています!!

 

 コレサワさんに「音」入れて頂きました!
どんなリングになるかは、当たった人のお楽しみです…!!
応募方法は番組公式Twitterの フォロー と リツイート です。
Twitterで@reo_soundring をフォローしてぜひチェックしてみてください!!

												
radikoタイムフリーで聴く
    パーソナリティ
    • 土屋礼央
      土屋礼央
      土屋礼央

      土屋礼央

      2001年RAGFAIRのメンバーとして、サングラスと白いファーを巻いた印象的なスタイルでデビュー。瞬く間に学生からの支持を受け、アカペラ史上最高の動員数を全国各地で記録する。紅白歌合戦、オリコンシングル1、2位独占、ゴールデンアロー新人賞を受賞するなどアカペラブームの立役者となる。現在はソロプロジェクト「TTRE」としても活動中。サッカー・野球好き(特にFC東京と西武ライオンズ)、鉄道好きとしても有名。
      TTRE土屋礼央オフィシャルサイト: http://ttre.jp/

      ニッポン放送 ニッポン放送
      Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.