MUSIC PLANET プレゼンツ 土屋礼央 SOUND RING

2019.12.04

デビュー後のChayさんのお話 2019/12/4

今週のゲストは前回に引き続きChayさんです!!

メジャーデビュー後のChayさん

根拠のない自信だけで事務所と契約できたというChayさんでしたが、
事務所に入ってからデビューまでの約1年の準備期間にはひたすら路上ライブを続け、小さなライブハウスですっと弾き語りをしていたとのこと。

 

そして、2012年『はじめての気持ち』でメジャーデビュー。
デビュー曲がCMソングだったので、テレビで流れたときは両親もスタンディングオベーションで喜んでくれたそう。
以前は反対していた両親もそこから応援してくれるようになりました。
しかし、目標としていたミュージックステーション出演はまだ先で、chayさんはそこからテラスハウスに自ら応募して出演することになります。
どうやったら自分のことをもっと多くの人に知ってもらえるか考えテラスハウスに応募したとのこと。

テラスハウス放送前日まではブログのアクセス数が210ぐらいだったのが放送翌日は264万アクセスになり、Twitterもフォロワーが8万人いっきに増え、一夜で世界が変わったと語っていただきました。そこから急にCD出しませんか?という話になり、またテラスハウスで私服で出演していたことがきっかけでcancamの専属モデルになり、テラスハウスのとんでもない影響力を感じたそうです。

そして2015年に『あなたに恋をしてみました』が月9ドラマの主題歌に。50万ダウンロードを記録し、そこで初めてミュージックステーション出演の夢が叶います。

 

そして、今年は映画『ダンスウィズミー』にもミュージシャン役として出演。
音楽に軸を置きながらいろんなことに挑戦することを楽しんでいるというChayさん。

 

音楽で夢を叶えたい人へのメッセージ

 

ファンの方に曲を聴いていただいて笑顔になっていただくのはもちろん嬉しいけど、「悔しい」という気持ちが原動力になっているというChayさん。

シンデレラストーリーで華々しくデビューしたと思われがちですが、路上ライブを重ねて、オーディションをたくさん受けて「悔しい」という気持ちをバネにしてチャンスに変えてきました。
音楽を始めたい人にメッセージ送るとしたら“夢に期限をつくる”ことが大事とのこと。本来夢に期限はないので、のらりくらりやってしまいがちですが、Chayさん自身音楽番組に出るという目標も、何月何日に必ず出ると目標を書いて壁に貼り自分を奮い立たせていたそう。期限が近付くことで底力が発揮できると語っていただきました。

 

Chayさん、ありがとうございました!

 

動画番外編もチェック!

放送には収まらなかったトークはYouTubeの動画番外編でご覧ください!

今回は、『Chayさんの弾き語り術』についてです!

そして!番組では毎回、声や音楽などの「音」を、独自の「波形データ」に変換して作られる、世界で一つのオリジナルリング「Encode Ring」を抽選で1名様に、プレゼントしています!!

 

 Chayさんに「音」入れて頂きました!
どんなリングになるかは、当たった人のお楽しみです…!!
応募方法は番組公式Twitterの フォロー と リツイート です。
Twitterで@reo_soundring をフォローしてぜひチェックしてみてください!!
radikoタイムフリーで聴く
    パーソナリティ
    • 土屋礼央
      土屋礼央
      土屋礼央

      土屋礼央

      2001年RAGFAIRのメンバーとして、サングラスと白いファーを巻いた印象的なスタイルでデビュー。瞬く間に学生からの支持を受け、アカペラ史上最高の動員数を全国各地で記録する。紅白歌合戦、オリコンシングル1、2位独占、ゴールデンアロー新人賞を受賞するなどアカペラブームの立役者となる。現在はソロプロジェクト「TTRE」としても活動中。サッカー・野球好き(特にFC東京と西武ライオンズ)、鉄道好きとしても有名。
      TTRE土屋礼央オフィシャルサイト: http://ttre.jp/

      ニッポン放送 ニッポン放送
      Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.