スズキ・ハッピーモーニング 羽田美智子のいってらっしゃい

2020.10.16

2020年10月12日(月)

日々の暮らしの中で、ふと感じる『小さな幸せ』についてです。

 

■今週(10/12~10/16)のテーマ:『小さな幸せ』

 

10/12(月)  『幸せとは』

 

私は“幸せ”とは何か特別なことが起きた時だけじゃなくて、

日々の暮らしの至るところに存在すると思っています。

 

でも幸せって、見つけようとしなければ見つからない・・・とも

いわれています。

私は“何か得意なものがありますか?”と聞かれたら、

“小さな幸せを見つけることです”って答えています。

 

例えば、朝起きて窓を開けて青空が広がっていたら、

それだけで幸せだなぁ~と思います。

“風さん、おはよう”“地球さん、おはよう”と声をかけていると、

太陽が私に向かって笑ってくれているような気がします。

 

小さな幸せを見つけることって、周りの自然に感謝するということに

似ているかも知れませんネ。

 

ワタクシごとですが、先日、4年ぶりにエッセイを出しました。

タイトルは『羽田さんに聞いてみた、小さな幸せの見つけ方』。

このタイトルは私のスタッフが付けたんですが、

私はどうやら、小さな幸せを見つけるのが上手らしいです。

 

そんなこともあって、今週はこの番組でも

『小さな幸せ』をテーマにさせていただきました。

 

私自身、ここまでの人生を振り返った時、実は幸せとは日常の中に、

小さく小さく微笑んでいるものだと気づきました。

こうして毎朝、1つのテーマでお話をさせていただいて、

皆さまからのメールや感想を聞かせていただくことも

幸せの1つになっています。

心から感謝しています。

 

 

10/13(火)  『幸せの種類①』

 

アメリカの心理学者、マーティン・セリグマンさんによりますと、

人の幸せは5つの種類に分けられるそうです。

 

1つめは『達成』です。

自分で決めた目標をクリアした時、

お仕事のノルマをすべてやり遂げた時・・・といったように、

“達成”した時に人は幸せを感じられるということです。

夢が叶った時、願いが成就した時、本当に幸せですよネ。

 

幸せの種類、2つめは『快楽』です。

美味しいモノを食べた時って、幸せになりますよネ。

他にも素敵な人やモノ、場所に出会った時も幸せな気持ちになります。

これって“幸せホルモン”の1つ、『ドーパミン』が出されるからだそうです。

このドーパミンは、ヤル気を促すホルモンでもあります。

私は“快楽”と聞いて、よく眠れた時も幸せを感じるなぁ・・・と思いました。

 

幸せの種類、3つめは『良好な人間関係』です。

人間関係によって得られる幸せです。

“一緒にいて楽しいなぁ~”、“この人といると落ち着くなぁ”

“いつも笑っていられるなぁ~”といったように、

自分にとって心地イイ人がいると、心が穏やかになりますよネ。

その瞬間、幸せを感じますが、これは人の本能だそうです。

 

そして、私たちが抱えるストレスの多くが、

人間関係によるものでもあります。

 

人間関係を良好にするということは、

とても大切な要素なんですネ。

『幸せは人から運ばれる』という言葉もありますもんネ。

 

 

10/14(水)  『幸せの種類②』

 

アメリカの心理学者、マーティン・セリグマンさんが提唱する5つの幸せ。

『達成』、『快楽』、『良好な人間関係』に続く幸せの種類、

4つめは『意味合い』です。

 

これはお仕事も含め、自分がやっていることが

ちゃんと誰かのためになっているか?

どんなところで貢献できているのか?を感じることの幸せです。

  

自分がしたことについて、相手が喜んでくれた時って、

すごく嬉しいですよネ。

その瞬間、自分の存在価値を感じたりしませんか?

私も“人の喜ぶ顔”って大好き!大好物です。

 

幸せの種類、最後5つめは『没頭』です。

自分が苦手なこと、つまらないと感じることって、

時間が過ぎるのが遅く感じます。

逆に、そのことに夢中になる、没頭している時は

“エッ!もうこんな時間!”と早く感じます。

 

人生の中で、没頭している時間が長ければ長いほど、

幸せの大きさも変わってくるんだそうですよ。

 

同じお仕事でも、時間を忘れてしまうようなお仕事は、

確かに楽しいお仕事ですよね。

 

これを知って、『浦島太郎』の話を思い出したんですけど、

歌え、踊れと楽しんでいるうちに、アッという間に

おじいさんになってしまった・・・というお話でした。

 

『没頭』。私は脚本を読んでいる時、

気がつくと“エッ!もう2時間経ってたの!”とか、

ブログとか原稿を書いている時も

2時間、3時間が夢のように過ぎていくなぁ~という実感があります。

 

幸せの定義って、あったんですネ。

 

 

10/15(木)  『幸せの種類③』

 

アメリカの心理学者、マーティン・セリグマンさんが提唱する5つの幸せ。

『達成』、『快楽』、『良好な人間関係』、『意味合い』、『没頭』の5つに

私は『奇跡』もプラスしたいと思います。

何か偶然の出来事が起きた時、“これは奇跡だ!ミラクルだ!”と考えることも、

幸せを感じるための秘訣だと思います。

 

これは私のエッセイ『羽田さんに聞いてみた、小さな幸せの見つけ方』でも

ご紹介していますが、この前、クルマで実家に帰った時のことです。

“お月さまがキレイだな〜”なんて思いながら、

高速道路を運転していたら、降りるインターを通り過ぎてしまったんです。

 

仕方がないので、1つ先のインターで降りた時、

“そういえば、叔母にお中元を頂いた御礼を言ってなかったなぁ”と思い出して、

すぐにクルマを止めて電話を掛けたんです。

そして叔母と話しているうちに“今、どこにいるの?”っていう話になって、

よくよく話をしてみたら、何と!私がクルマを止めたすぐ隣の銀行に

叔母がいたんです! 

そのため直接、顔を見て、御礼を伝えることができました。

 

そう考えると、高速を乗り過ごしてしまったのも、

神様が導いてくれたおかげだったのかなあ・・・なんて、後から思いました。

私の周りにはこういう小さな偶然がよく起こっていて、

忘れ物を取りに戻ったら、久しぶりに知人に会って

“あ~、会えて良かった”と思ったこともありました。

 

一瞬、トラブルのように思えることでも、

実は“奇跡・ミラクル”につながっているんですよネ。

そう考えると何気ない日常も、小さな幸せに満ちているなぁ~と思います。

 

 

10/16(金)  『小さな幸せの見つけ方』

 

小さな幸せの見つけ方、それは『感謝の気持ちを持つこと』です。

感謝の気持ちは自分自身だけでなく、

周りの人にも小さな幸せをもたらしてくれます。

 

初めのうちは、感謝することが見つからないかも知れません。

それでも“当たり前の日常”は、たくさんの人の支えによって

成り立っています。

“今日も1日、健康に過ごせました”とか

“美味しいごはんが食べられました”といったように、

私たちの周りには感謝したいことがたくさんあります。

それに気づくことが、実は小さな幸せへとつながっていきます。

 

そして人に感謝の言葉、『ありがとう』を述べることも

小さな幸せを見つけるための一番の早道なんだそうですよ。

『ありがとう』は魔法の言葉。

言った人も言われた人も、やさしい気持ちに、そして笑顔になれます。

 

さらに『ありがとう』の言葉はプラスのパワーを持っています。

そのため言われた人だけでなく、

言った人もプラスのパワーをもらうことができます。

 

またピンチの時、辛い時こそ『ありがとう』と思うと良いそうです。

何故なら、それを乗り越えようとすることで、人間的にも成長したり、

強くなったりすることができるからです。

“ピンチはチャンス”という言葉もありますもんネ。

 

私、思うんですけど、幸せって見つけるものではないかなって。

“幸せになる”とは“幸せを敏感にキャッチできる人”なのではないでしょうか。

 

■今週の感想 

 

今週は私のエッセイ

『羽田さんに聞いてみた、小さな幸せの見つけ方』にちなんで

『小さな幸せ』がテーマでした。

 

月曜日にもお話しましたが、私の場合、

朝起きて窓を開けて青空が広がっていたら、

それだけで幸せだなぁ~と思うんです。

“風さん、おはよう”、“地球さん、おはよう”と声をかけていると、

太陽が私に向かって笑ってくれているような気がするんです。

 

じゃあ、雨の日はどうなの?と思うかも知れませんが、そんな日は

“大地にお水をくれているんだ”って思うと、嬉しくなったりします。

 

今はコロナの影響もあって、ともすれば心が疲れてしまいがちですが、

そんな時だからこそ、“ありがとう”の気持ちを忘れずに、

小さな幸せを見つけたいですネ。

 

 

【お知らせ① 次週(10/19~)からのテーマ】

 

昭和の時代に欠かせない家電の1つ、『ラジカセ』についてです。

 

【お知らせ② 番組で使用しているBGM】

 

◆オープニング 

♪ALL OF YOU / コルビー・キャレイ

 

◆エンディング

♪To Be  /  モントルー

 

 

radikoタイムフリーで聴く
  • スズキロゴ
パーソナリティ
  • 羽田美智子
    羽田美智子
    羽田美智子

    羽田美智子

    茨城県出身。1988年デビュー。女優として映画、ドラマ、CMなどで活躍中。94年、映画『RAMPO』でエランドール賞新人賞などを受賞。95年、映画『人でなしの恋』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。『花嫁のれん』(東海テレビ系列)シリーズ、『特捜9』(テレビ朝日)シリーズ、『おかしな刑事』(テレビ朝日)シリーズ、『ひよっこ』(NHK)など、数々の人気ドラマに出演している。2019年、実家の屋号である”羽田甚”を引き継ぎ、ネットショップ『羽田甚商店』をオープン。自身の五感を通して「本当にイイ!」と思ったものだけを紹介・販売している。
    羽田甚商店:https://hadajinshop.co.jp/