渡部陽一 明日へ喝!

2021.10.17

2021年10月17日(日曜)放送

※B級ウオッチ
 「中国でお弁当が定着しない理由」
※忘れられない、あの料理
 アフガニスタン料理の「カラフィ」
※SDGsについて、とても関心はあるのですが、個人で出来るSDGsは?
 こんなお便りが…
※プレゼンショー
 半熟たまごや温泉たまごが簡単に作れるコンパクトサイズの
 エッグスチーマーをご紹介!
※みんなのSDGs
 株式会社マイファーム
 体験農園や農業学校の運営、農産物の生産、流通販売事業、
 コンサルティング事業など、農業界を応援する様々な活動を行っている会社です。

今回は、リモートで登場!

株式会社マイファーム
体験農園や農業学校の運営、農産物の生産、流通販売事業、
コンサルティング事業など、農業界を応援する様々な活動を行っている会社です。
「自産自消のできる社会」を目指して、「農業って楽しい!」と、思う人、思う瞬間を
生み出し広げていく事業を手掛けています。
週末など空いた時間を使い、誰でも気軽に野菜づくりを楽しむことが
できる「体験農園マイファーム」
農業を仕事にしたい仲間たちが、現在の仕事をしながらでも、農業の技術
や経営に関しての知識を学べる「アグリイノベーション大学校」
農業をもっと楽しい産業に変えていく、農業経営者への経営サポート・
事業化支援事業など、若い力で農業界に革命を起こす、そんな気概を
もって日々取り組んでいます。

全国に100カ所以上ある農園は市街地からアクセスしやすい場所に
ありますし、道具などの準備も不要ですので、気負わず、無理なく通い
続けられます。
農薬を使わず、有機質肥料をつかって栽培することが基本的なルール
ですので、小さなお子様にとって安全な遊び場にもなっています。

体験農園には「自産自消アドバイザー」がいて、畑や野菜づくりの楽しみ
方を教えてくれます。栽培管理やサポートをしますので、初心者の方でも
有機無農薬の野菜つくりができます。
また、利用者様同士が仲良くなって、新しいつながりができるように
各地の体験農園で定期的なイベントを開催しています。

「みんなのSDGs」。
今回は、SDGs17の目標のうち
11番「住み続けられるまちづくりを」
12番「つくる責任つかう責任」
13番「気候変動に具体的な対策を」
15番「陸の豊かさも守ろう」
に当てはまる株式会社マイファームの取り組みをご紹介しました。

小泉成器株式会社の「エッグスチーマKES-0400/S」
ざっと大きさと形状は?
こちらのエッグスチーマーはコンロのいらない、コンパクトなIH調理器です。
色はシルバーで、幅は23cm、奥行き11cm、高さは13cm。
一般的なボックスティッシュの箱ぐらいの非常にコンパクトサイズになっています。
上に透明な蓋がありまして、パカっと開けると、卵を置く場所が6箇所あります。
シルバーの本体の側面には黒いダイヤル式のスイッチがついています。

コイズミの「エッグスチーマー」は、非常にコンパクトでありながら、
半熟たまごや固ゆでたまご、さらには温泉たまごの3つの「茹で加減」を簡単に
調理できます。
インターネットで見てくださいね。
https://www.koizumiseiki.jp/products/detail/811

radikoタイムフリーで聴く
  • らでぃっしゅぼーや
パーソナリティ
  • 渡部陽一<br>(わたなべよういち)
    渡部陽一
    (わたなべよういち)
    渡部陽一<br>(わたなべよういち)

    渡部陽一
    (わたなべよういち)

    1972年9月1日、静岡県富士市生まれ。
    明治学院大学 法学部 法律学科卒業
    学生時代から世界の紛争地域の取材を続ける戦場カメラマン。

    著作:
    『報道されなかったイラクと人びと』(新風舎)
    『世界は危険で面白い』(産経新聞出版)
    『MOTHER-TOUCH 戦場からのメッセージ』(辰巳出版)
    『ぼくは戦場カメラマン』(角川つばさ文庫)
    『硝煙の向こうの世界 -渡部陽一が見た紛争地域-』(講談社)
    CD(絵本付):
    『渡部陽一の世界名作童話劇場 日本篇』(ビクターエンタテインメント)
    『Father’s Voice』(ビクターエンタテインメント)
    渡部陽一公式ホームページ
    http://yoichi-watanabe.com/