中外製薬presents 健やかDAYS

2020.03.09

#39 アニマルセラピーとは?

「聞くだけで元気になる情報」をお届けする”健やかDAYS”
今回は、ゲッターズ飯田の健やかDAYSとしてお送りしました。

第39回目のテーマは…「アニマルセラピー」

動物と触れ合うことにやって、
癒しを得たり、ストレスが軽減される治療法「アニマルセラピー」

その歴史は古く、古代ローマ時代では、
負傷した兵士のリハビリに、馬を利用したアニマルセラビーが行われていたそうです。

具体的には、心の病気を治療したり、リラックス効果を得ることが出来まして、
犬や猫を使って、心を閉ざしてしまった子供を治療したという例もあります。

また、馬に乗ることにやって生まれる揺れは、
体にとって良い振動だと言われています。

さらに、イルカは精神的に病気がある人を見分けることが出来るそうで、
イルカと一緒に泳ぐことで、その人と一緒に遊ぶようになり、
治療効果を得ることが出来るのだとか。

このように、様々な動物を用いて行われるアニマルセラピーですが、
一番主流なのは「ドッグセラピー」です。

ゴールデンレトリバーやボーダーコリーなど、
人間の手助けを率先してやってくれる賢い大型犬や、
チワワやシーズーなど、人間があまり恐怖心を抱かない
小型犬も向いているそうです。

これらの犬は、特殊な訓練を行うわけではなくて、
その犬の性格によって決まるのだとか。

また、人間の気持ちを感じ取ることが出来るそうで、
人が悲しい気持ちになっていると、
犬も一緒になって悲しんでくれるのだそうです。

興味を持たれた方は、
ぜひこの機会に動物たちに癒されてみてはいかがでしょうか?

  • 中外製薬
パートナー
  • 東島衣里
    東島衣里
    Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.