望月智之 イノベーターズ・クロス

  • TOP
  • ブログ一覧
  • #17 作業服専門店からアウトドアショップへと進出した「ワークマ...
2020.08.03

#17 作業服専門店からアウトドアショップへと進出した「ワークマン」専務取締役 土屋哲雄さんをお迎えしました!

毎週金曜日の21時20分からお送りしています「望月智之 イノベーターズ・クロス」

パーソナリティは、株式会社いつも.取締役副社長の望月智之とホリプロアナウンス部の高橋茉奈です!

様々な分野で活躍するプロフェッショナルな方々「イノベーター(革新者)」をゲストにお迎えして、実業家でプロのマーケターでもある望月が、「その分野の未来に向けたお話」を伺う番組です!

ワークマン 専務取締役土屋哲雄さん

今週のイノベーターゲストはワークマン 専務取締役 土屋哲雄さんです!

1952年生まれ。東京大学 経済学部 卒業後、三井物産に入社。
海外留学、経営企画室次長、エレクトロニクス製品開発部長、関連会社役員を経て、2012年からワークマン常務取締役、現在は専務取締役に。
2018年9月、東京都立川市のショッピングモールに、土屋さんが手がけた新業態『ワークマンプラス』を出店。現在、ワークマンとワークマンプラスの店舗数は870店以上に拡大。

人気のアウトドアショップとなった「ワークマンプラス」

高橋:数年前まで、ワークマンといえば、吉幾三さんが唄うあのCMがおなじみでした。
本家の「ワークマン」は、作業服の専門店ということで、街でお店を見つけてもなかなか一般人は出入りすることはなかったかもしれませんが
、「ワークマンプラス」というお店が誕生し、
作業服を求めるお客さん以外も、老若男女のみんなが訪れる人気のお店になりましたよね。


土屋:もともと職人さんの会員制のお店なのではないかといわれるくらい入りにくいお店だったので、思いっきりカジュアルなブランド、アウトドアショップとしての「ワークマンプラス」が誕生しました。

望月:テレビや雑誌でもよく見かけますし、大人気ですよね。

高橋:私もお店に伺ったことがあるのですが、スポーツウェアから、キャンプや釣りなどのレジャーウェア、
作業にも使える高機能ウェア…など、本当にたくさんの商品がありました。私はキャンプの会場のMCをする時に使わせていただきました!

土屋:そうですね、製品が多いのが特徴の一つです。例えば、建設業一つを考えても、溶接、大工、基礎工事や解体など多くの工程、様々な用途に合わせた商品があります。そのうちの一部がアウトドアに使えるといった形になっています。

妊婦さんや子育てママに売れたというスニーカー

望月:厨房内で料理人が履くスニーカーが、滑りにくくて安全で良い!
と話題になり、妊婦さんや子育てママに売れたというスニーカーもありましたよね。


土屋:お陰様でベストセラー商品になっています。もともとは厨房で包丁などの危ないものを持った料理人が、油、水や汚れのある厨房でも滑らないものを作ろうという目的の元生まれた商品でした。ところが、想定していた層と違う方が来店され、妊婦さんや子育てのママ達に人気になっていると後々気付いたというものでした。

望月:機能性が高いということで、専門の方が使うものでも一般の方が使うと便利で、安全性が高いという捉え方になったのですね。

 

ワークマンの広報戦略について

望月:広報戦略がうまいワークマンですが、その仕掛けについてお話をお聞かせください。ワークマンプラスが誕生して、さらにたくさんの方への認知があるブランドになったかと思うのですが、メディアへのアプローチや、その辺りの取り組みは何か工夫されていますか?

土屋:外への文章はほとんど私が書いて、それを広報部長が添削して出しています。なぜ部下に言われなければいけないんだ、とも思いますが(笑)。加盟店の店長募集、ホームページから、新卒、中途採用の文章なども私が書いています。それを担当者が直しています。

望月:テレビや雑誌に出ていらっしゃる点については何か意識されていることはありますか?

土屋:広報部長が外への売り込みを頑張っているということもありますが、ストーリー性を見せることが大切だと考えています。何か物語がないと伝わらないのではないかと考えていて、原稿にはストーリーを入れるように意識しています。商品の開発の背景を出来るだけ正直に書いています。その結果、あまり格好良いものにならないこともあります。

 

仕事でのルーティーンとは

高橋:お仕事の中で毎日土屋専務がされていることはありますか?

土屋:twitterといったSNSの中でワークマンについてどのような反応があるかを毎日見ています。お叱りの言葉やお褒めの言葉からヒントを見つけて、事業の中に反映出来ることはないかということを考えています。

高橋:いわゆるエゴサーチというものですね。

望月:お客様の声をSNSから聞くというのは、店舗からあがるお客様の声とはまた違うのでしょうか?

土屋:SNSの方がよりリアルな声だと考えていて、とても良いチャンスだと捉えています。

 

番組へのメッセージやご質問をお待ちしています!

番組をお聴きのイノベーターの皆さまからのメッセージやご質問をお待ちしています。

 メールアドレス:  mochi@1242.com 

土屋専務には来週もお付き合いいただきます。

次回は、8月7日(金)21時20分からの放送予定です。お楽しみに!

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができます。

<8月7日(金)までの期間限定!radikoタイムフリーで聴く>

番組名:「望月智之 イノベーターズ・クロス」

放送日時:2020年7月31日(金)21時20分~21時40分

パーソナリティ:望月智之、高橋茉奈

最新番組ブログ
radikoタイムフリーで聴く
    パーソナリティ
    • 望月智之
      望月智之
      望月智之

      望月智之

      株式会社いつも.取締役副社長
      東証1部の経営コンサルティング会社を経て、株式会社いつも.を共同創業。
      同社はEコマースビジネスのコンサルティングファームとして、数多くの企業に戦略とマーケティング支援を提供している。自らはデジタル先進国である米国・中国を定期的に訪れ、最前線の情報を収集。
      デジタル消費トレンドの第一人者として、消費財・ファッション・食品・化粧品のライフスタイル領域を中心に、ブランド企業に対するデジタルシフトやEコマース戦略などのコンサルティングを手掛ける。2019年に『2025年、人は「買い物」をしなくなる』(販売サイト)を上梓。

    アシスタント
    • 高橋茉奈
      高橋茉奈
      高橋茉奈

      高橋茉奈

      生年月日:1992年12月4日
      出身校:法政大学経営学部市場経営学科卒業
      所属:ホリプロ アナウンス室(アナウンサーズ・ルーム)
      趣味:フェレット育成、坂道アイドル研究、温泉巡り、ギター
      資格:温泉観光士