ネトフリアニメ presents 吉田尚記のFUKABOLIX

2022.03.05

#23「ゴールデンカムイ」をフカボリ!

今話題のNETFLIXオリジナルアニメをいろんな角度から深掘りしてご紹介する
吉田尚記のFUKABOLIX!!

 

第23回目(2月28日(月)放送)でフカボリしたアニメは・・・

『ゴールデンカムイ』

☆ゴールデンカムイとは・・・

明治時代後期。
「不死身の杉元」の異名を持つ日露戦争の英雄・杉元佐一は、ある目的のために大金を手に入れるべく北海道にいた。
そこにアイヌから奪われた莫大な埋蔵金という、一攫千金のチャンスが舞こむ。
埋蔵金は網走監獄に収監中の男によって隠匿され、24人の脱獄囚の身体に刻まれた刺青がその在り処を示す手がかりだという。
そんな折、ヒグマの襲撃を受けた杉元を、ひとりのアイヌの少女が救う。
名をアシ(リ)パというその少女は、埋蔵金を奪った男に父親を殺されていた。
さらに杉元の動きに呼応するように、かねてより埋蔵金を狙って暗躍していた北の最強部隊・第七師団や刺青を背負う脱獄囚たちの動きも顕在化。
果たして、雄大な北の大地を舞台に巻き起こった一攫千金サバイバルの行方は……!?

原作は「週刊ヤングジャンプ」にて連載中の、野田サトルによる大ヒット漫画。既刊のコミックス1〜28巻でシリーズ累計1,800万部を突破し、マンガ大賞2016や第22回手塚治虫文化賞「マンガ大賞」に輝いた実績も持つ、今もっともアツい漫画である。
TVアニメ化にあたっては、新進気鋭のアニメーションスタジオであるジェノスタジオの元に難波日登志監督をはじめとする実力派スタッフが集結。
埋蔵金を巡るアクション&サスペンスを軸に、狩猟、グルメ、歴史などの五感を刺激する多彩な魅力が炸裂する極上のエンターテイメントが、アニメーションとなって観る者の心を鷲掴みにする!

 

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆

『ゴールデンカムイ』のゲストは・・・・杉元佐一役・小林親弘さん、アイヌ語監修・千葉大学名誉教授の中川裕さん!

 

TVアニメ『ゴールデンカムイ』のフカボリポイントm(・:*:・)m

◎なんだか“親子感”のある2人? 実は第1話のアフレコからスタジオで一緒!

◎中川教授がアイヌ語に興味を持ったきっかけは?・・・アイヌ語を学んだおばあさんの一言から

◎TVアニメ『ゴールデンカムイ』・・・こんなにも“言語”が飛び交うアニメ、他には無い!

◎ひとつひとつの言語に監修が付く本格アニメ!杉元役の小林さんには・・・「君はテキトーでいいから」

◎『ゴールデンカムイ』連載前に監修のお話をいただいた中川教授
 その第一印象は・・・

◎中川教授は声優さんにも詳しい!

◎TVアニメ『ゴールデンカムイ』の放送後、中川教授の講演に来る人々に明確な変化が?

◎文化や環境、考え方の違い・・・「杉元佐一」と「アシ(リ)パ」の対比がおもしろい!

◎実際のところ“アイヌから奪われた莫大な埋蔵金”はあり得る話?
 詳しくは、中川教授の著書『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』で…

◎アイヌ民族は北海道だけではない?
 東北には“アイヌ語由来”としか思えないような地名が多いらしい

◎実は日常的に口にしている“とある食べ物”の名前が、アイヌ語起源!?
 〜これを聴いたら明日からみんなに言いたくなる知識〜

 

アイヌ文化を知ると、もっとおもしろいTVアニメ『ゴールデンカムイ』!

この機会にNetflixでぜひ!!

アニメ『ゴールデンカムイ』

 

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆

 

次回のフカボリックスは・・・3月7日(月)21時から!

お楽しみに!!

  • ネットフリックス
パーソナリティ
  • 吉田尚記
    吉田尚記
    吉田尚記

    吉田尚記

    ニッポン放送アナウンサー。2012年、『ミューコミプラス』のパーソナリティとして、第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。「マンガ大賞」発起人。著書『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)が累計13.5万部(電子書籍を含む)を越えるベストセラーに。マンガ、アニメ、アイドル、落語など多彩なジャンルに精通しており、年間数十本のアニメイベントの司会を担当。近年は、ほぼ世界唯一のバーチャルMC『一翔剣』の”上司”としてワンオペ活動中。