AMラジオ1242 ニッポン放送
 
会社情報営業情報
番組審議会とは…
「番組審議会」は、放送法第六条〔放送番組審議機関〕において設置が定められている機関です。その条項によると、「審議機関は、放送事業者の諮問に応じ、放送番組の適正を図るため必要な事項を審議するほか、これに関し、放送事業者に対して意見を述べることができる」機関とあります。ここで放送事業者とは私どもニッポン放送のことです。つまり、ニッポン放送は放送している番組に関して、その番組が適正なものかどうかをこの番組審議会に諮問し、また審議会は番組に対して意見を述べることができるということです。 この番組審議会は、各界からの有識者で構成されており、多方面からニッポン放送の番組に対しての見解を得ることができるようになっています。
審議会だより  
2002年10月22日(火)開催
第259回ニッポン放送番組審議会議事概要

場所  ニッポン放送 役員会議室
議題 ニッポン放送の秋の新番組から2番組紹介及び試聴
第259回ニッポン放送番組審議会が10月22日午後開催された。今回は、この秋に始まった新番組の中から2番組の紹介と試聴が行なわれ、その企画内容や具体的な番組内容について審議が行なわれた。
2002年11月19日(火)開催
第260回ニッポン放送番組審議会議事概要

場所  ニッポン放送 役員会議室
議題 1.10月実施の「首都圏ラジオ聴取率調査」の結果報告
第260回ニッポン放送番組審議会が11月22日午後開催された。今回はまず、10月に実施された「首都圏ラジオ聴取率調査」の結果報告が行なわれた。
議 題 2.2002年版 ニッポン放送の地震防災体制
引き続き、「2002年版ニッポン放送・地震防災体制」と題して、ニッポン放送の各種防災システムについて審議が行なわれた。
2002年7月16日(火)開催
第257回ニッポン放送番組審議会議事概要

場所  ホテル日航東京
議題 特に設定せず、全般的な意見交換
第257回ニッポン放送番組審議会が7月16日午後開催された。今回は、今春新たに就任した委員もいることから、委員間の相互紹介も必要であるとして特に議題を設けず、全般的な意見交換の場とした。
2002年9月17日(火)開催
第258回ニッポン放送番組審議会議事概要

場所  ニッポン放送 役員会議室
議題 8月実施の「首都圏ラジオ聴取率調査について」
第258回ニッポン放送番組審議会が9月17日午後開催された。今回は、まず、8月に実施された「首都圏ラジオ聴取率調査」の結果が報告された。セッツインユースは、前回より0.1%アップして、8.4%だったこと、またニッポン放送は1.3%で、首位のTBSに0.6%の差で、前回同様2位だったことが報告された。
2002年5月21日(火)開催
第255回ニッポン放送番組審議会議事概要

場所  ニッポン放送 役員会議室
議題 「メディア規制関連法案」について
第255回ニッポン放送番組審議会が5月21日午後開催された。
冒頭、新委員で前回欠席だった石井幹子氏の挨拶があり、また出席メンバーの変更があったニッポン放送側も新メンバーが挨拶した。引き続き、事務局長から4月に実施された「首都圏ラジオ聴取率調査」の結果報告が行なわれ、その後、いわゆる「メディア規制関連法案」に対して、委員間で活発な議論が展開された。
2002年6月18日(火)開催
第256回ニッポン放送番組審議会議事概要

場所  ニッポン放送 役員会議室
議題 「ニッポン放送のワールドカップ対応」について
第256回ニッポン放送番組審議会が6月18日午後開催された。
冒頭、新委員で初出席の久石譲氏の挨拶があり、引き続き事務局長から5月の番組審議会で委員全員の総意として発表された、いわゆる「メディア規制関連法案・反対声明」を「日本民間放送連盟」に提出するとともに、6月9日(日)朝の「番組審議会だより」の時間にその全文を紹介した旨報告が行なわれた。その後、ニッポン放送の数々のワールドカップへの対応ぶりが紹介された 。
2002年3月26日(火)開催
第253回ニッポン放送番組審議会議事概要

場所  ニッポン放送 役員会議室
議題 「2002年春の新番組とキャンペーン」
第253回ニッポン放送番組審議会がニッポン放送で開催され、まず事務局から、2月の聴取率調査でニッポン放送が第2位に終わったことが報告された。
2002年4月16日(火)開催
第254回ニッポン放送番組審議会議事概要

場所  ニッポン放送 役員会議室
議題 「メディア規制関連法案」と「ラジオとコンテンツ」
第254回ニッポン放送番組審議会が4月16日ニッポン放送で開催された。まず事務局から、新しい副委員長に長沼委員が、新しい委員に作曲家の久石譲氏と照明デザイナーの石井幹子氏がそれぞれ就任されたことが報告され、社長が『日本全体がまだまだトンネルの中ですが、ニッポン放送らしく、明るく元気に次々と新しいことを手がけていきたいと思います』という新年度にあたっての挨拶を行った。
2002年1月15日(火)開催
第251回ニッポン放送番組審議会議事概要

場所  ホテル日航東京
議 題 特に設けず
まず事務局から、月尾嘉男委員が総務省の審議官に就任したため委員を退任されたことが報告された。
2002年2月19日(火)開催
第252回ニッポン放送番組審議会議事概要

場所  ニッポン放送 役員会議室
議 題 「ラジオと商品化」
第252回ニッポン放送番組審議会が、2月19日ニッポン放送で開催された。まず事務局から、去年12月の聴取率調査で、ニッポン放送が12歳から69歳の全体数値で2位、従来の12歳から59歳で同率首位となったことが報告された。