特殊詐欺撲滅キャンペーン

概要

手口の巧妙化、複雑化している特殊詐欺撲滅のため、警視庁全面協力のもと、幅広い層に向けた啓蒙キャンペーン。
ニッポン放送がこれまで警視庁と行ってきたキャンペーンのスケールを一回り大きくし、今年1月15日に創立150年を迎えた警視庁で、4月1日に発足した「特殊詐欺対策本部」がメディアと取り組む初の大型キャンペーンです。

「特殊詐欺撲滅キャンペーン」について

2023年、警視庁管内で発生した特殊詐欺の被害件数は、前年比で減ったものの、被害額は大きく拡大し、今年も増加傾向にあります。

原因は、一件あたりの被害額が高額なケースの増加です。
特に、今年に入り、「SNS型特殊詐欺」や「架空料金請求詐欺」の被害件数が増えているほか、親族や警察官を装った「オレオレ詐欺」の被害なども増加しています。

この状況を受けて、ニッポン放送では警視庁に、キャンペーンの全面協力を依頼し、警視庁から特殊詐欺の被害にあった実際の音声を提供していただき、最近の犯行手口などを取材しました。

「飯田浩司のOK!Cozy up!」では、警視庁の森元良幸副総監へのインタビューの模様をオンエア。「垣花正 あなたとハッピー」では、森永卓郎さん・康平さん親子が芸能人なりすましのSNS型特殊詐欺などを特集するほか、ITジャーナリスト・三上洋さん、リーゼント刑事・秋山博康さんに詐欺犯罪の具体的な手口をお聞きします。

さらに、「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン白杖体験篇」で各CMコンクールに入賞したニッポン放送のCM制作チームが、警視庁監修のもと「特殊詐欺撲滅一口メモ」やオリジナルのクリエイティブCMを作成。

リスナーの皆さまに向けて、様々な形でキャンペーンを行っていきます。