• 2022年01月29日

    伝統と革新の洋食店

    内田雄基アナウンサーが担当している「神奈川道中記」。
    毎週土曜日の「モヤモヤ解決! ゲッターズ飯田 ラジオで占いまSHOW」の中で、
    15時47分から放送しています。

    先週に引き続き、今週も、私が担当。
    横浜・野毛、日ノ出町駅から歩いて5分ほどのところにある老舗の洋食屋さん、
    洋食キムラさんからレポートをしました!

    お聞きいただいたあなた、ありがとうございました!

    IMG_3546.jpg トレードマークは、先代がお好きだったという芥川龍之介の『河童』から。

    お店のドアを開けた瞬間に香る、デミグラスソースの良い香りに包まれながらの中継でした。

    お店の看板メニューは、先代の味を守り続けている、ハンバーグステーキ!

    IMG_3537.JPG オンエアでお聞きいただいた通り、グツグツと音を立てながら、アツアツで届きます。
    貝殻の形の鉄鍋の中で、真珠のような存在感を放つ卵は、半熟でトロトロ!

    スパイスが多いため柔らかく、
    柔らかいために二度焼きをすること、
    隠し味に梅酒を使うことなど、手間がかかる伝統の味。

    重層的な美味しさが次々に口の中に広がる、洋食キムラさんでしか食べられない一皿です。


    お話を伺った2代目のマスターは、
    ハンバーグステーキでは、先代の味を守りつつ、
    自らの得意分野として、揚げ物を追求。
    試行錯誤の結果、かにみそが入った、絶品のカニクリームコロッケを生み出されたそうです。

    カニクリームコロッケは、味へのこだわりから、
    発送やテイクアウトができないそうなので、
    今度はカニクリームコロッケを目当てに、またお邪魔したいです。


    現在、メインで腕を振るうのは、3代目。
    伝統を守りつつ、新しいものも生み出す洋食キムラさんの味が、受け継がれています。

    IMG_3541.JPG マスターと、3代目と一緒に♪


    ところで、家では真似できない、洋食屋さんならではの味のほかに、
    私が、洋食キムラさんで大好きなのが、公式HP

    お店の営業情報や、地方発送などの情報が分かるのはもちろん、
    管理人さんの文章が面白いんです!

    クスクス笑えて、温かなお話の数々。
    洋食キムラさんがもっと好きになりますよ。

    コロナ禍が落ち着いて、
    お店で今まで通りにお食事が楽しめて、
    管理人さんが、楽しい文章だけを更新できる日が
    一日も早く来ることを祈っています!


    今回の横浜道中記を聞き逃した方は、radikoタイムフリーで!


    来週からは、いつも通り、内田雄基アナウンサーが、神奈川の魅力をお届けしていきます。
    私は、その後のニュースを担当していますので、ぜひ、続けて聞いてくださいね。

  • 2022年01月23日

    大正時代から続く特大シベリア

    内田雄基アナウンサーが担当している「神奈川道中記」。
    毎週土曜日の「モヤモヤ解決! ゲッターズ飯田 ラジオで占いまSHOW」の中で、
    15時47分から放送しています。

    今週は、私が担当し、横浜・桜木町駅から歩いて3分ほどのところにある老舗パン屋さん、
    コテイベーカリーさんからお送りしました!

    FJstIe0akAQasPb.jpg 聞き逃した方は、radikoタイムフリーで!

    放送では、1916年(大正5年)の開業当時から作り続けているという、
    分厚いシベリアをご紹介しました。

    FJstI24aQAUmQlc.jpg コテイベーカリーさんのシベリアは、水ようかんをカステラで挟んだもの。

    私が食べたシベリアの厚さは、なんと9.5㎝! ボリュームたっぷり!!

    店主の俊夫さんは、朝9時の開店に合わせて、シベリアなどを仕込むために、
    毎日、日付が変わる頃に起きて、お仕事をスタートさせるとのこと。

    シベリアは、カステラと水ようかんをくっつけるために、時間と手間がかかるそうで、
    段々、作るお店が減ってしまったんだそうです。

    コテイベーカリーさんは、変わらずに美味しいシベリアを作ってくださっているので、
    映画『風たちぬ』や朝の連続テレビ小説などでシベリアが取り上げられると、
    食べたくなった方で、お客様が増えるのだとか。

    店内を飾る賑やかなシベリアツリーやジャンボシベリアは、奥様の手作り。
    大正時代が舞台のゲーム「遙かなる時空の中で6」にシベリアが登場して、
    ゲームのファンの方が集まるようになっったことがきっかけで、記念撮影用に用意したそうです。

    FJstJCFacAIPbJt.jpg 美味しいパンに、楽しいお話とおもてなしで迎えてくださるコテイベーカリーさん。
    奥様のいつ子さんは、
    「お買い物はエンターテインメントだから、
     楽しんでもらいたいじゃないですか」と仰っていました。

    奥様自作の、コテイベーカリーさんのHPも読みごたえ抜群です!

    IMG_3525.jpg
    私がお土産に買って帰ったのは、シベリアと「超ぶどうパン」!
    インパクトのある名前は、奥様がつけたもの。

    DSC_6245.JPG
    ぶどうパンの常識を覆す、驚くほどたくさん干しぶどうが入った、ずっしり重いぶどうパンです。

    もともと、店主の俊夫さんは、ぶどうパンがお好きで、
    残ったときは、喜んで召し上がっていたそうなのですが、
    それなら、好きな干しぶどうをもっとたくさん食べたいと、試行錯誤の結果、
    パンが膨らむ限界まで干しぶどうを詰め込んだ、超ぶどうパンが生まれたそうです。

    今は、点数制限もある、人気商品に!
    売切れになるので、俊夫さんは召し上がれなくなったと、冗談交じりに話してくださいました。



    お二人は、「一日でも長く、一つでも多く、シベリアを作りたい」と仰っていますが、
    100年以上続くお店を、ご自分たちの代で畳む決意をしていらっしゃいました。

    私の祖父も、十年ほど前に曽祖父の代から続くお店を畳んだので、
    後継者がいないとどうしようもないことが分かりつつも、寂しい限りです。

    それでも、放送を通してはっきり仰ってくださるというのも、
    急なお別れにならないようにという、お二人のサービス精神の表れのように感じます。

    お近くの方は、お店で、遠方の方は、通信販売もありますので、
    大正時代から100年続き、令和の今も人々を魅了するシベリアをはじめとする
    コテイベーカリーさんのパンを、今のうちに、ぜひ召し上がってくださいね。



    来週1月29日の「神奈川道中記」も、私箱崎の担当で、
    横浜・野毛にある洋食キムラさんに伺います。

    こちらも老舗! 長く続く洋食屋さんの伝統の味の秘密をご紹介します!



  • 2022年01月02日

    あけましておめでとうございます🎍

    あけましておめでとうございます!

    私は、今日が仕事始めです。

    家では、お雑煮、お節料理や、凧揚げに独楽回しなど、
    子どもたちにお正月の食べ物や遊びの説明をしてきましたが、
    こちらもお正月の風物詩! 箱根駅伝速報も、
    今日と明日、ニッポン放送でお伝えしています。

    そのほか、年末年始の特別番組のご案内はこちら

    明石家さんまさんが表紙の、ニッポン放送の1月のタイムテーブルには、
    各アナウンサーからのご挨拶も載っていますので、よろしければご覧くださいませ。


    寒さと空気の乾燥に気を付けて、お正月をお過ごしください。

    また、渋滞しているところも増えてきています。
    お車を運転される方は、どうぞ余裕のあるスケジュールで、
    今年も安全運転をお願い致します。


    2022年は、良い年になりますように。

    今年も、ニッポン放送でお楽しみくださいね📻

    どうぞよろしくお願い致します!

  • 2021年12月27日

    今年もありがとうございました

    今年も、「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」に温かいお気持ちをお寄せいただき、
    本当にありがとうございます。

    引き続き、1月31日まで募金を受け付けていますので、
    皆さまのご協力をお待ちしております!

    詳しい募金の方法について詳しくは、こちらのページでご確認くださいませ。



    そして、2021年も、ニッポン放送をお聴きいただき、ありがとうございました。

    私は、今年3月に仕事に戻ってから、CM収録を中心にお仕事をさせていただきました。

    そんな中、55周年のショウアップナイターに関われたり、
    ピンチヒッターでいろいろな番組を担当させていただいたり、
    趣味の三国志について、ラジオやラジオの外でお話をさせていただいたりと、
    楽しく幸せなお仕事をたくさん担当させていただきました。

    今年の仕事とプライベートについて、記事にまとめていただいたので、
    よろしければぜひお読みくださいませ。
    https://news.1242.com/article/329973


    来年2022年は寅年。私は年女です。

    バタバタしているうちに過ぎていく日々に、細やかな心配りをできるように、
    お仕事も丁寧に取り組んでいけるように、頑張ります。

    年末年始、そしてお休み明けも、どうぞラジオをお側に置いてくださいね。

    皆様、良いお年をお迎えくださいませ。
    来年も、どうぞよろしくお願い致します。

  • 2021年11月29日

    ニッポン放送アナウンサーカレンダー2022

    今日の「ナイツ ザ・ラジオショー」にお邪魔してお話しした、
    「ニッポン放送アナウンサーカレンダー2022」

    カレンダー2022表紙_s.jpg来年のカレンダーも、現在ご好評をいただきながら、発売中です!

    すでにお求めいただいたと、Twitterで教えてくださった方もたくさんいらっしゃいます。
    気恥ずかしさもありつつ、とても嬉しいです! ありがとうございます!



    今日の「ラジオショー」の放送前に、ノラさんから、
    「ポーズは指定されるんですか?」とのご質問があり、
    自分たちで考えて撮っていただくことがほとんどだとお伝えすると、
    塙さんから「箱崎さん、そういうの苦手でしょ?」とのお言葉。

    そうなんです...!
    (ナイツのお二人とは、
     2011年に「サタデー知っとかナイツ」でご一緒させていただいていて、
     私のことをとてもよくご存知です/笑)

    ラジオ局のアナウンサーで、映り/写り慣れない、ということもありますが、
    他のアナウンサーに比べても、私が目を瞑ってしまっている写真の多さは群を抜いていて、
    デザイナーさんに、毎年ご迷惑をお掛けしています...。


    それでも、場所選びやスケジュール調整から、服選び、メイク、撮影、デザインなどなど、
    スタッフの皆さまのご尽力で出来上がった自信作です。

    自然に笑った写真、ちょっと澄ました顔など、膨大な写真の中から選んでいるので、
    来年一年間、お傍に置いていただけると嬉しいです!

    私の一押し写真は、放送でもご紹介した、石垣と一緒のもの、
    そして、日比谷公園にある古代スカンジナビア碑銘譯とのショットです。

    (私がどんなポーズをとっているかは、あまりお気になさらないでくださいね...)


    置いてくださっている本屋さんのリスト、
    (今年は、名古屋の三省堂書店名古屋本店さんも置いてくださいました!)
    また、電話やお葉書、インターネットでのお申し込みは、
    こちらのページをご覧くださいませ!

プロフィール

箱崎みどり

東京都生まれ。2011年ニッポン放送入社。 東京大学大学院修士課程修了(修士論文のテーマは「日中戦争期における「三国志」ブーム」) 趣味は、読書、プロ野球観戦、お笑いを見ること。特技は遠泳。


● Twitterは こちら

● facebookページは こちら

● Instagramは こちら

最新の記事
アーカイブ

トップページ