笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ

2020.01.27

1月26日放送後記 日本アカデミー賞主演男優賞!

鶴瓶さん主演の映画「閉鎖病棟」が、

日本アカデミー賞の多くの部門でノミネートされたことが発表されました。

鶴瓶さんも主演男優賞でノミネート。

“とうとうみんなに言われるようになりました”と鶴瓶さんも嬉しそうでした。

(中国のアカデミー賞のときは全然だったのに)

 

主演男優賞でのノミネートも喜ばしいですが、

何より助演男優賞、助演女優賞そして監督賞だけでなく

撮影賞や録音賞など様々な分野で選ばれていることが、

鶴瓶さんにとっても嬉しいことだとか。

同じ主演男優賞でのノミネートには中井貴一さんもいるということで、

今から授賞式が楽しみだともお話ししていました。

 

ちなみに、鶴瓶さんの予想では、

最優秀主演男優賞の受賞するのは「アルキメデスの大戦」の菅田将暉さん。

鶴瓶さんも撮影現場で菅田さんの演技を見ていましたが、

思わず撮影中に“アカデミー賞貰えるで…”と言ってしまうくらいの迫力があったそうです。

何より鶴瓶さんとセリフの量が全然違う…!セリフの量が基準にはなりませんが、

その量を頭に入れた上で魅せる演技をする菅田さんは全てが凄かったとか。

 

日本アカデミー賞、誰が最優秀賞を受賞するのか、今から楽しみですね。

 

そんな発表の中、年末年始の鶴瓶さんは親子3世代でハワイへ。

 

ホテルのプールでアロハのカッコいい男性を見かけ、

「どう見ても永ちゃんや…」と思いつつ確認できずもやもやしていたところ、

次の日に交差点の向かいでバッタリ、

昨日見た永ちゃんこと矢沢永吉さんにお会いできたり。

お孫さんが現地で仲良くなった子のところへご飯をご馳走になるということで、

ご挨拶に行ったらそこにいたのは豊川悦司さんだったり。

ハワイでも相変わらずのびっくり遭遇続きだったそうです。

 

少し得意げに「上ちゃん、こんなん無い?」と投げかけるも、

上柳さんからは食い気味に「無いです!」と返されてしまいました。

 

他にも、上柳さんの1連休お正月休みのお話や、

ハワイの時差ボケで見間違えてしまったゴリラのぬいぐるみ、

亀が絶対見られるツアーなど、盛りだくさんでお送りいたしました。

 

<1月26日にお届けしました曲>

止まらないHa〜Ha / 矢沢永吉

You are my HERO / LiCaCo

I’m Here / 三浦大知

優しいあの子 / スピッツ

歌舞伎町の女王 / 椎名林檎

エンディングテーマ曲は「日曜日の夕方フレンド / 堀尾和孝」です。

―――――――――――――――

【鶴瓶噺2020 先行予約受付のお知らせ】

【場所】

世田谷パブリックシアター(三軒茶屋)

【日時】

4月1日(水)~5日(日)までの5日間。

月1日(水)~3日(金): 夜7時(19時)開演

4月4日(土)~5日(日): 昼2時(14時)開演 

【番組先行予約】

メールかおハガキでの申し込みです。

お名前、お年、住所、電話番号とご希望の公演日を必ず書いてください。

チケット料金はお一人様1公演のみ、2名様のペアでの販売とさせていただきます。

【料金】

ペアで14,000円

【応募方法】

メールの方:tsurube@1242.com

ハガキの方:〒100ー8439 ニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」先行予約受付」係り 

【締め切り】

メール、おハガキともに、2月4日(火)到着分まで有効とさせていただきます。

応募者が多い場合は抽選とさせていただきますので、ご了承ください。

【当選された方】

アタリ・パフォーマンスから、2月10日(月)までにご連絡を致します。

チケット代のお支払方法は、そのときにアタリ・パフォーマンスが説明します。

 

たくさんのご応募、お待ちしております。

――――――――――――――――

 

「日曜日のそれ」では、みなさんからいただいたメール&ハガキを読まれた方に

鶴瓶師匠が歌う「姉ちゃんへ」のCDをプレゼントしています。

ラジオ、テレビ、落語、ライブ、旅、海外と忙しい鶴瓶師匠です。

ぜひどこかで見かけた時は、その様子をメールまたはおハガキに書いて送ってくださいね。

★メールの方は、tsurube@1242.com

★おハガキの方は、〒100-8439 ニッポン放送 笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ係

どんなことでもいいので、メール、おハガキをお待ちしています。

 

また、この番組はポッド・キャスティングで聴くことが出来ます。

毎週火曜日に更新されます。

詳しくはニッポン放送のホームページをご覧ください。

最新番組ブログ
パーソナリティ
  • 笑福亭鶴瓶
    笑福亭鶴瓶
    笑福亭鶴瓶

    笑福亭鶴瓶

    1951年12月23日生まれ。京都産業大学在学中六代目笑福亭松鶴に入門。関西でラジオ・テレビを中心に活躍した後、1986年から本格的に東京へ進出。ラジオ・テレビはもちろん、落語会やイベントにも積極的に取り組んでいる。2000年には上方お笑い大賞受賞。独特なパーソナリティ性が老若男女に愛されている。