玉城ティナとある世界

2020.12.30

2020年 玉城ティナをキーワードに振り返る集い

今年ラスト回は、毎年ながら「玉城ティナ」をキーワードに
2020年をふりかえりました♪
1/1にははじめてお雑煮を食べたという記録がありましたが・・・玉城さんの記憶は!?

・映画「AI崩壊」

・日本テレビ「ZIP!」 4月金曜ゲストパーソナリティ
・ドラマ「そして、ユリコは一人になった」
・ドラマ「荒ぶる季節の乙女たちよ。」
・WOWOWオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」
・ドラマ「刑事アフター5」
・ドラマ「極主夫道」 など! 

映画よりもドラマ出演が多かった年だと、
お仕事の振り返り、個人的にも色々振り返りました。

そして玉城ティナ的 今年の漢字は!!「変」を選びました♪
2020年は「変化」 世の中的なこともそうですが、
新しい形や工夫の変化を感じながら玉城さん日々を過ごしたそうです。
色んな意味もありますが「お仕事に対する意識」も「変わった」そうです。
「変」ってすごくいい意味だと思う玉城さん、
あたりまえってこう!というよりも「自分は変でいよう」
「自分にしかないものを人に合わせず、自分をもっと出していこう」
という気持ちになっているそうです♪

今年も #たませか お世話になりました♪
2021年の番組も宜しくお願いいたします!!

radikoタイムフリーで聴く
パーソナリティ
  • 玉城ティナ
    玉城ティナ
    玉城ティナ

    玉城ティナ

    1997年10月8日沖縄生まれ。
    講談社主催の「ミスiD2013」で初代グランプリに輝き、14歳で講談社「ViVi」の最年少専属モデルとなる。中高生世代からの強い支持でデビューから1年半でViVi誌の単独表紙を飾る。