GO 三浦崇宏 ラジオ新大陸

2021.04.05

佐藤可士和さん vol.1

株式会社「博報堂」を経て独立。
ブランド戦略のトータルプロデューサーとして、コンセプトの構築から
コミュニケーション計画の設計、ビジュアル開発までを
手掛けるクリエイティブディレクター、佐藤可士和さん。
主なお仕事に国立新美術館、東京都交響楽団のシンボルマークデザイン、
ユニクロ、セブン-イレブン、楽天グループ、
今治タオルのブランドクリエイティブディレクション、
カップヌードルミュージアムのトータルプロデュースなど
多岐にわたる活動をされています。

世界観を作ることや全体に徹底したルールを作る佐藤さん。
その発想は、どこから生まれたのでしょうか。

「学生の頃にアートをたくさん見ているからだと思います。
80年代後半に大学生だったんですけど、アートの歴史でいうと
80年代くらいからインスタレーションが出てきました。
インスタレーションというとコンテンツだけを作るのではなくて
空間構成そのもので価値が提示できる。空間と一緒に考えないと
作品にならない。それでいうとポスターを作るとしても
どうやって貼るか、どれくらいの量か、コンテンツ、量、タイミングなど
アートからインスピレーションを得ています。
スペースとか空間という言葉が僕の中で昔から大事で、
平面的な考えもアイコン的な意味では大事だけど
街全体を空間として捉えたりとか、相対だなと思っています。」

radikoタイムフリーで聴く
    パーソナリティ
    • 三浦崇宏<br> Takahiro Miura 
      三浦崇宏
       Takahiro Miura 
      三浦崇宏<br> Takahiro Miura 

      三浦崇宏
       Takahiro Miura 

      The Breakthrough Company GO 代表取締役 PR/CreativeDirector
      2017年、博報堂・TBWA\HAKUHODOから独立し、社会のあらゆる変化と挑戦にコミットすることをミッションとしたGOを設立、代表取締役 PR/CreativeDirectorを務める。
      クリエイティブ領域の知見を軸に、新規事業開発やスタートアップのブランディング、政策支援活動にも領域を拡大する。信条は 『表現を作るのではなく、現象を創るのが仕事』。