「おじいちゃんおばあちゃんへのクリスマスメッセージ」Supported by 郵便局

  • TOP
  • ブログ一覧
  • クリスマスに、おじいちゃん・おばあちゃんにメッセージを送ろう!...
2019.11.28

クリスマスに、おじいちゃん・おばあちゃんにメッセージを送ろう!

2019年11月10日(日)、ニッポン放送・イマジンスタジオで『おじいちゃん おばあちゃんへのクリスマスメッセージSupported by 郵便局』が開催され、会場に集まった15人の小学生が、おじいちゃん・おばあちゃんに送るオリジナルのクリスマスメッセージを”はがきラジオ”に書きました。

今回、クリスマスメッセージを書くのに使われた“はがきラジオ”は、名前の通りはがきの型をしたラジオで、メッセージを記入することができます。大切な孫からのメッセージが書かれた“はがきラジオ”であれば、リビングなどいつも目に入るところに飾ってもらえるはずです。

また、音楽番組をはじめとした楽しい番組やニュース、天気予報、交通情報などをお届けするラジオは、災害発生時にも役立つと見直されており、2011年に起きた東日本大震災の時も、「ラジオが情報源だった」「ラジオから聴こえてくる音に安心した」という声を、たくさん頂きました。

そんな“はがきラジオ”であれば、大切なお孫さんからのメッセージをいつでも感じることができるだけでなく、万が一、災害が発生した時にもすぐに手にとってもらうことができます。

“はがきラジオ”へのクリスマスメッセージ制作がスタートすると、小学生たちは、色鉛筆やマーカー、スタンプなどを使い、それぞれおじいちゃん・おばあちゃんへの想いを込めて、イラストやメッセージを“はがきラジオ”に書き込んでいきました。1文字1文字違う色を使って、カラフルなクリスマスメッセージを書いていた男の子は「おじいちゃんが退院するからメッセージを書きたい」とにっこり。

坂本アナウンサーの「普段、お子様からおじいちゃん、おばあちゃんに手書きのメッセージを送ったりはしますか?」という質問に「これが初めて。きっとビックリすると思うけど、喜んでくれると思います」「普段から手紙などで感謝を伝えるようにしているが、これ(はがきラジオ)ならきっと目に見える場所に飾ってくれると思う」「(手書きなので)字がうまくなっている事に驚くかもしれない」「普段、おじいちゃんおばあちゃんとはメールでのやり取りばかりなので、(手書きメッセージの)温かさが伝わると思う」と答える保護者の方たち。

お孫さんからの想いが込められた”はがきラジオ”は、きっと、おじいちゃんやおばあちゃんの宝物として、リビングなどいつも目に入るところに飾られるはずです。

参加者の思い思いのクリスマスメッセージが完成し、イベント特製のオリジナルポストに”はがきラジオ”を投かん。おじいちゃん・おばあちゃんの喜ぶ顔が想像されます。

続いて、ニッポン放送内の収録スタジオに移動し、おじいちゃん・おばあちゃんへのクリスマスメッセージボイスを収録。初めてのラジオCMの収録ということで、それぞれ緊張した面持ちの小学生たち。でも収録が始まると、楽しそうな笑顔を浮かべながら、元気よく「また、熊本に遊びに行くね」「ずっと元気でいてね」「大好きだよ」など、普段なかなか会えないおじいちゃん・おばあちゃんへメッセージを伝えてくれました。

そして、今回のイベントで収録した15人の小学生のクリスマスメッセージは、ラジオCMとして2019年12月4日(水)~24日(火)の平日の朝の時間帯に、ニッポン放送でオンエアされます。おじいちゃん・おばあちゃんは、届いた”はがきラジオ”で手書きのメッセージと合わせて、孫からのメッセージボイスをラジオCMとして楽しむこともできるのです。

皆さんも、クリスマスにお子さんと一緒に、おじいちゃん・おばあちゃんに手紙でメッセージを届けてみてはいかがでしょうか?

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.