リポビタン for Sports presents The Deep

  • TOP
  • ブログ一覧
  • 【初回放送は11月7日(日)20時から】スポーツライター・金子達...
2021.10.15

【初回放送は11月7日(日)20時から】スポーツライター・金子達仁が アスリートたちの“心の奥底にある想い”を聴く新番組『TheDeep』がはじまります。

スポーツライターとして幅広く活躍する金子達仁が一流アスリートたちをゲストに迎え、“心の奥底にある想い”を聴く新番組 ニッポン放送 リポビタン for Sports presents 「The Deep」 がスタートします。

インタビュー形式で行われる対談を通し、ここでしか聴く事のできない“Deep”な想いと知られざるエピソードに迫っていきます。さらに、オンエアでは聴く事ができなかった部分をディレクターズカット版としてデジタル音声コンテンツ「ポッドキャスト」でもアーカイブ化していく予定です。

最新番組からのお知らせ
  • リポビタン for Sports
パーソナリティ
  • 金子 達仁
    金子 達仁
    金子 達仁

    金子 達仁

    スポーツライター。1966年1月26日、神奈川県横浜市生まれ。
    法政大学社会学部を卒業後、日本スポーツ企画出版社に入社。
    『スマッシュ』『サッカーダイジェスト』編集部勤務を経て、95年にフリーとなる。スペインに移住した96年、サッカー・アトランタ五輪代表の肉声に迫った「叫び」「断層」が、「Sports Graphic Number」に掲載され、その年の「ミズノ・スポーツライター賞」を受賞。97年には「叫び」「断層」を収録した処女作「28年目のハーフタイム」が、一躍ベストセラーに。フランスW杯アジア予選を追った第二作「決戦前夜」もベストセラーとなり、稀代のノンフィクション作家として注目を浴びる。近年は、高田延彦の半生記を書いた「泣き虫」や古田敦也の「古田の様」などサッカーに限らず、スポーツライターとしての活動の幅を広げている。
    現在はノンフィクション作家として活躍するほか、ラジオパーソナリティ、サッカー解説など多数メディアにも出演。
    06年から10年まで日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、08年からJFL所属のFC琉球のスーパーバイザーを務めるなど多方面で活躍している。