高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク

  • TOP
  • ブログ一覧
  • 「里崎智也が衝撃告白!2004年のセラフィニとズレータの乱闘事件...
2019.03.30

「里崎智也が衝撃告白!2004年のセラフィニとズレータの乱闘事件「乱闘は最初から決まっていた」」

プロ野球が開幕して熱い戦いが繰り広げられているなか、

「高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク」(2018年3月30日放送)では、過去に起きた、「熱い戦い」=「乱闘事件」について特集した。

 

【2004年セラフィニ(ロッテ)VSズレータ(ダイエー)乱闘事件!】

現役時代、何度も乱闘事件に巻き込まれたことのある番組パーソナリティの里崎智也さん。

2004年にロッテ対ダイエー戦で起きた、セラフィニ投手(ロッテ)とズレータ選手(ソフトバンク:当時ダイエー)の乱闘事件の真相を明かした。

 

「実はこれ、乱闘することは決まっていたんです。」と語る里崎さん。

実は、ロッテの攻撃中、里崎さんがベンチに座っていると、隣に座っていたセラフィニ投手の通訳に話しかけられたという。

「あの…セラフィニが“乱闘みたいか?”って言ってます。」

「いや、別に意図して見たくないけど」と返すと、セラフィニ投手は、

「乱闘、見せてやるからな。」と言い残してマウンドへ。

次の回に、セラフィニ投手がズレータ選手に対し、背中付近へ危険なボールを投げると、ズレータと選手が激昂!

マウンドへ走り出し、ヘルメットを投げつけると

セラフィニ投手は、危険球を投げたにもかかわらず

“かかってこい”とばかりにズレータ選手に飛び蹴り、そしてヘッドロック!

両チームの選手が入り乱れ“宣言どおり”乱闘騒ぎになったという。

「うわまじかー!」と叫びながらベンチから走り出したという里崎さん。

「それからソフトバンク戦(当時:ダイエー)になると、セラフィニは、投げない日もスパイク履いて、革手袋して、ベンチの前に座って、両手をグーとパーで(叩く)“いつでもいくぞ”っていうような臨戦態勢!」

「結果(乱闘に)なるのは分かるけど…。ずっとカーッ!としていたんでしょうね。」

「聞いたことないですよ!乱闘見たいか?って聞いて乱闘するヤツ」と笑いながら当時を振り返った。

 

乱闘事件で選手生命を縮めた阪神・バッキー投手の怒りの鎮め方】

「昔は我々、アナウンサーも選手のロッカールームにも入れたんです。」と明かした、番組パーソナリティの高嶋ひでたけさん。

1960年代に阪神タイガースで活躍したジーン・バッキー投手のエピソードを語った。

 

バッキー投手と言えば、1968年9月18日の対巨人戦で、自身が投球した王貞治選手への危険球を巡って発生した乱闘事件。

この乱闘で王選手の師匠、巨人の荒川博コーチと殴り合いになり、荒川コーチを強く殴った衝撃で右手の親指を骨折し、選手生命を縮めることになったエピソードが有名。

 

ある試合で、大乱調だったバッキー投手がロッカールームで荒れているのを目撃した高嶋さん。

ベンチや椅子を蹴り飛ばし、さらには自身のカバンを開けて、中の荷物を全て出したそうだ。

「なにをしているんだろう。」と思ったという高嶋さん。

すると、カバンの奥にしまっていた一冊の本を取り出し、頭に当ててバッキー投手は怒りを鎮めたそうだ。

「あの本はなんなの?なんで怒りが鎮まったの?」と疑問に思っていると、

あるスポーツ記者が「あの本は聖書なんですよ」と教えてくれたそうだ。

 

そのエピソードを聞いた里崎さんは、

「じゃあ、乱闘が起きた時、止めるんじゃなくて誰かが聖書渡せばよかったのに!」と笑わせると「それじゃギャグ漫画になっちゃうよ(笑)」と返し、スタジオは笑いに包まれた。

最新番組ブログ
    パーソナリティ
    • 高嶋ひでたけ
      高嶋ひでたけ
    • 里崎智也(ショウアップナイター解説者)
      里崎智也(ショウアップナイター解説者)
    Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.