DAYS

  • TOP
  • ブログ一覧
  • 「原田龍二DAYS」放送後記(2019/5/8)元宝塚歌劇団星組...
2019.05.08

「原田龍二DAYS」放送後記(2019/5/8)元宝塚歌劇団星組トップの娘役・妃海風が明かす10年に1度の組別対抗宝塚大運動会の仰天エピソードとは!?

5月8日のゲストコーナー「午後のアポイントメント」には、
元宝塚歌劇団の女優・妃海風さんが登場!

元宝塚歌劇団星組トップの娘役だった妃海風さんは、
2016年11月、『桜華に舞え/ロマンス!!』東京公演千秋楽をもって、
宝塚歌劇団を退団。現在は、女優として活躍中。
宝塚仕込みの姿勢の良さで妃海さんがスタジオに入ってくるなり、
パーソナリティの原田さんは、「姿勢がよろしいですね〜。」と感動。

 

妃海さんが宝塚に憧れを抱いたのは小学生の時!
お父さんの会社の招待券で、
たまたま家族で見に行ったことがきっかけだったそう。
「見た瞬間、興奮し過ぎて、
人は興奮すると両方から鼻血が出るんですけど、
出て止まらなかったんです!それくらい興奮しちゃって!
そこから大好きになって、受験しようと思いました!」

 

そんな妃海さんが宝塚のある変わった行事を告白!
それは10年に1度の大運動会!
「壮絶で、命懸けすぎて、恐ろしい運動会なんです!
組対抗なんですが、10年に1回くらいしか、
全組のスケジュールが合わないんです!」
これに対して原田さんもどんな運動会なのかと興味津々!

 

運動会で様々な協議を行うが、
妃海さんが印象に残っているのは綱引き。
「特に綱引きとかは、組みごとに団体でやるんですけど、
それが本当に勝ちたいから、終演後とかにお相撲さんを呼んで、
お相撲さん何人かと私たちで練習しました!
お相撲さんたちに勝てれば、宝ジェンヌには勝てるだろうとやりました!」
力士との規格外な練習を行い、その甲斐あって結果は優勝だったそう!
組同士が険悪になる本気の戦いに勝利した当時を振り返り、
「あんなに涙出るほど喜んだことないんじゃないかというくらい、
綱引きで勝って全員で泣いて喜びました!」

 

元宝塚歌劇団星組トップの娘役・妃海風のエピソードを聞き逃した方は、
radikoタイムフリーでお聞きください。

——————————————–

《2019/5/8(水)放送まとめ》
ホウレンソウ
⇨テーマ「連休明けてどう?」

太田胃散presents「午後のアポイントメント」
妃海風

♪OA楽曲♪

①ゴールデンスランバー/スキマスイッチ
②Take A Chance On Me/ABBA
③Let it fly/Leola
④青空/安全地帯 ※原田さん選曲
⑤ワンダーワールド/ねごと
⑥野ばらのエチュード/松田聖子※ゲスト選曲
⑦FOOL GROOVE/YOUR SONG IS GOOD×BEAT CRUSADERS

最新番組ブログ
  • ニッポンチャレンジドアスリートバナー
パーソナリティ
  • [MON] 安東弘樹
    [MON] 安東弘樹
    [MON] 安東弘樹

    [MON] 安東弘樹

    1967年10月8日生まれ 神奈川県横浜市出身 キューブ所属のフリーアナウンサー。
    市立桜ヶ丘高校、成城大学法学部卒業。1991年にTBS入社、アナウンス部次長まで務めるも、2017年3月退社。主な番組は『JNNニュースの森』『王様のブランチ』『アッコにおまかせ!』TBSラジオ『たまむすび』など。
    広島で生活した経験があり、以来、広島カープを応援している。成城大学時代は弓道部に所属、主将まで務める。

  • [TUE] 中川家
    [TUE] 中川家
    [TUE] 中川家

    [TUE] 中川家

    大阪府守口市出身。兄・剛(つよし)と弟・礼二(れいじ)による兄弟漫才コンビ。
    よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。
    1992年コンビ結成、1993年2丁目劇場で初舞台。 2001年M-1グランプリ初代王者。
    二人とも高校時代にラグビー部に所属。二人ともサラリーマン経験を経て、兄・剛が誘う形でコンビを結成。
    結成当初から卓越した漫才ネタには定評があり、「上方漫才大賞」新人賞、「ABCお笑い新人グランプリ」最優秀新人賞「上方お笑い大賞」(第30回(2001))最優秀技能賞「ゴールデンアロー賞」芸能賞「上方漫才大賞」など 各賞を受賞。

  • [WED] 原田龍二
    [WED] 原田龍二
    [WED] 原田龍二

    [WED] 原田龍二

    1970年10月26日生まれ 東京都足立区出身 BRO.所属の、俳優、タレント、司会者。
    1990年「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」準グランプリを受賞。1992年TBSドラマ『きらいじゃないぜ』で芸能界デビュー。1996年映画『日本一短い「母」への手紙』で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。『水戸黄門』『相棒』など数々の映画・ドラマで活躍。
    2016年大晦日に放送された『ガキの使いあらへんで 笑ってはいけないシリーズ』で披露したアキラ100%のネタが話題に。2017年4月からはMXテレビ『5時に夢中!』にも出演中。

パートナー
  • 東島衣里
    東島衣里
ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.