渡邉美樹 5年後の夢を語ろう!

2020.03.02

2/29 渡邉・テリーの本音で語ろう!!

【2/29放送】

 

今週のオープニングは、ワタミとテリーさんが組んだ「から揚げの天才」の話題から。

2月19日には、北区・十条の十条銀座通り商店街、

2月26日には、大田区・御嶽山にそれぞれ5号店、6号店がオープンしたということで、

当日のオープン式典をお届けしました。

 

さらに勢いがついたから揚げの天才ですが…

この度、玉子焼きが改良に改良を重ね、さらに美味しくなったとのこと。

テリーさんの実家・丸武のご家族も苦笑いするほどの進化を遂げたそうです。

ぜひ、味わってみてください!

 

 

————————————————————————————————————————

 

 

そして、今週のテーマは

「次、銀座に行った時は、こうしたらどーよ!

“銀座のママが惚れる一流の男”という本から学ぼう」

先日、テリーさんに誘われ、銀座のクラブへ1時間だけ足を運んだ渡邉さん。

しかし、隣のホステスさんに経営の話をし始め…テリーさんからダメ出しを受けたそうです(笑)

そこで、今回は、銀座にあるクラブのママ・日高利見さんが書いた

「銀座のママが惚れる一流の男 秘密の本音」という本から、

一流のモテる男性、ダンディズムについて学んでいただきました。

34もある項目の中からお二人が気になったポイントは

 

テリーさん

「人に好かれようとしない」

「自分に必要あるものしか所有しない」

「ゴルフをする」

「わからない、知らないことを聞ける」

 

渡邉さん

「自分とは違う視点の人を側に置く」

「自分が楽しいと思うことしかしない」

 

一流の男を学んだかに思えたお二人でしたが…

渡邉さんは「この本ね…僕のこと言ってるのかな…?」と思い込んでしまったそうで、

テリーさんから「はぁ?」と呆れられていました(笑)

 

 

今週はそのほかにも…

—————————————————————————————————————-

野村監督の思い出話に花が咲いていましたが、

渡邉さんがオーナーの球団で、野村さんが監督するチームを見てみたかったです。

ここだけの話、ワタミにも球団買収の話とかなかったのですか?

テリーさん、最近話題になっているプロ野球の16球団構想をどう思いますか?

—————————————————————————————————————-

コネクティングルームに女性官僚と宿泊していた総理補佐官のおじさんは、

そんなにモテる顔をしてないと思います。

体調が悪くなった時のためにコネクティングルームに泊まっていたという、

あの言い訳どーよです。テリーさんなら、どんな言い訳をしますか?

—————————————————————————————————————-

脳と疲労の医学博士・梶本修身さんがかいた「人疲れが嫌いな脳」という本に、

「夫婦は別々のベッドで寝たほうがいい」

「肌が触れ合うことを癒やしだと思う人もいますが、実はストレスの原因」

と書いてありました。

私も別々の寝室で寝たいと思っているのですが、なんと切り出せばいいでしょうか。

—————————————————————————————————————-

渡邉さんが出演したTBS「がっちりマンデー」見ましたよ。

スタジオの皆さんから「政治家を辞めて、生き生きしている」と言われていましたが、

奥様には、なんと言われましたか?

—————————————————————————————————————-

〜といったメールに本音で答えていただきました。

 

渡邉さん、テリーさんへの

質問・相談メールは

yume5@1242.com

radikoタイムフリーで聴く
    パーソナリティ
    • 渡邉美樹
      渡邉美樹
      渡邉美樹

      渡邉美樹

      1959年生まれ。小学校5年生の時、父親が経営する会社を清算したことから「自分は将来、社長になる」と決意する。明治大学を卒業後、財務や経理を習得するため、経理会社に半年間勤務。その後1年間運送会社で働き資本金300万円を貯める。1984年ワタミを創業。2000年東証一部上場。「地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループになろう」という理念のもと、外食・介護・宅食・農業・環境など、人が差別化となる独自の労働集約型事業モデルを構築してきた。

    番組アドバイザー
    • テリー伊藤
      テリー伊藤
    • 渡邉美樹 オフィシャルブログ
    • 2019年版 Date your dream システム手帳
    • 渡邉(わたなべ)美樹 Facebook
    • 過去HP
    ニッポン放送 ニッポン放送
    Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.