渡部陽一 明日へ喝!

2020.05.10

2020年5月10日放送

※渡部さんは、新型コロナの影響で、なかなか海外取材が難しい状況だと思いますが、
 この時期、本来なら、どちらへ取材をされる予定だったんですか
※「B級ウオッチ」
 スイスの三つ星ホテルがホームレスの方の宿泊施設に!
※今日は、母の日。
 やっぱり、肉筆の手紙の力は強いですね。
 母の日の思い出は?
※戦場では渡部さんのズボンは、どんな素材のものが多いですか?
※「イエローハットpresents ちょっとした交通安全」
 ここで登場する「鈴井りま」さん…コスプレの世界では「シャンプーちゃん」で
 有名です。ツイッター&インスタグラムで「鈴井りま」と検索してくださいね。
 そして、今回の問題です…
 「カーメンテナンスの基本とも言われるエンジンオイルの交換の目安は?」
※プレゼンショー
 暖かくなって、過ごしやすい季節になってきましたが、今日は、
 園芸の水やりや愛車の洗浄に便利な
 株式会社カクイチの「水撒きKAKUICHI-HOSE
 &ガルディナノズル・コネクターセット品」 をご紹介
・ヨーロッパのトップブランドのガルディナと
 老舗ホースメーカーのカクイチが融合したのが、今回の商品
 「水撒きKAKUICHI-HOSE&ガルディナノズル・コネクターセット品」
 プレゼントもありますよ!

「イエローハットpresents ちょっとした交通安全」
カーメンテナンスの基本とも言われるエンジンオイルの交換の目安は
次のうち、どれでしょう?
①「3年から5年」
②「1年半から2年」
③「3ヶ月から半年」

正解は③「3ヶ月から半年」でした。
車のエンジンは金属でできていまして、金属パーツ同士が擦れ合うときに
摩擦が生じると、スムーズに動きません。
摩擦を取り除いて、エンジンを滑らかに動かすための潤滑剤として、
エンジンオイルは重要な役割を担います。

エンジンオイルが持つ性能が十分発揮できるのは走行距離3千キロまで。
それ以降は少しずつ性能が落ちていくと言われています。

オイル交換は、安全運転のためにも欠かせませんが、
「イエローハットのオイル交換のネット予約」をご紹介します。
エンジンオイルは使用しているうちに、劣化してしまいます。
エンジンオイルが汚れてくると、「出力の低下」や「オーバーヒート」や
「エンジンノイズの発生」の原因となり、故障につながりかねません。
ですから、定期的なエンジンオイルのチェックと交換がおすすめです。

お忙しい方、時間を有効活用したい方にオススメなのが、
「ネットでのご予約」です。
スマホやパソコンから24時間いつでも予約を受けつけています。
ご予約の時間に即作業をいたしますので、
店頭での待ち時間を短縮することができます。
詳しくは「イエローハット オイル交換」で検索してください。

 

これが、渡部さんがはいているズボンです(^^)

コスプレな「鈴井りま」ちゃん。

コスプレな「鈴井りま」ちゃん。

プレゼンショーは…

暖かくなって、過ごしやすい季節になってきましたが、今日は、
園芸の水やりや愛車の洗浄に便利な
株式会社カクイチの「水撒きKAKUICHI-HOSE
&ガルディナノズル・コネクターセット品」 をご紹介

カクイチのホース、ガルディナの散水ノズル、コネクター、
蛇口の接続継手をセットにして3名様にプレゼントいたします。

ご希望の方は、お名前、ご住所、お電話番号をお書きの上、watanabe@1242.com
または、ハガキで〒100-8439 ニッポン放送「渡部陽一明日へ喝!」
プレゼント係!→ホース欲しいと書いてくださいね。

  • らでぃっしゅぼーや
パーソナリティ
  • 渡部陽一<br>(わたなべよういち)
    渡部陽一
    (わたなべよういち)
    渡部陽一<br>(わたなべよういち)

    渡部陽一
    (わたなべよういち)

    1972年9月1日、静岡県富士市生まれ。
    明治学院大学 法学部 法律学科卒業
    学生時代から世界の紛争地域の取材を続ける戦場カメラマン。

    著作:
    『報道されなかったイラクと人びと』(新風舎)
    『世界は危険で面白い』(産経新聞出版)
    『MOTHER-TOUCH 戦場からのメッセージ』(辰巳出版)
    『ぼくは戦場カメラマン』(角川つばさ文庫)
    『硝煙の向こうの世界 -渡部陽一が見た紛争地域-』(講談社)
    CD(絵本付):
    『渡部陽一の世界名作童話劇場 日本篇』(ビクターエンタテインメント)
    『Father’s Voice』(ビクターエンタテインメント)
    渡部陽一公式ホームページ
    http://yoichi-watanabe.com/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.