笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ

  • TOP
  • ブログ一覧
  • 6月28日放送後記 生放送中にさんまさんから電話が!
2020.06.29

6月28日放送後記 生放送中にさんまさんから電話が!

今回の放送も、有楽町のニッポン放送と関西支社の

リモート二元中継の生放送でお送りしました。

この日は、生放送直前に鶴瓶さんが行っている『無学の会』が

あったこともあってその話題で持ちきり。

鶴瓶さんにとって2月の末以来の、お客さんの前で喋る機会でもあったそうです。

そのおかげ(?)で放送中にはまさかのサプライズもありました。

 

今回の『無学』は2月の行われた回、以来の開催。

“師匠の家からコロナを出すわけにはいかない”と、会場の感染対策をしっかり行い、

会場に入ったお客さんは19人ほどだったそうです。

毎度毎度、シークレットゲストが誰なのかが楽しみな『無学』ですが、

今回はゲストは無し。

その代わりに、鶴瓶さんがその場で、

過去に無学へ出演した人へ電話をかけるということをしたそうです。

前日の夜に出演依頼の連絡を何人かには入れたそうですが、

基本的にはその場の雰囲気を見ての電話。

もちろんみなさんお忙しいので、そのタイミングで電話を取れなかった…という方も。

そんな生だからこそ起こる“変な間”も楽しむ回だったようです。

 

鶴瓶さんが最初に決めていたのは、最初がマツコ・デラックスさん。

最後はタモリさん。

そして、今のところ『無学の会』の最後のゲストであるミルクボーイへ電話をすること。

しかし結果としては、最初にマツコさんへ電話をしたところ出ず。

あいみょんさんへお電話をしたそうです。

次に電話をした綾野剛さんと話していると、マツコさんから折り返しが。

ちょうど電話がかかって来たタイミングで宅急便の応対をしていて出られなかったとか。

その後は、現在ロスにいるという小栗旬さん。三浦大知さん。

そしてコロナウイルスの感染から無事退院した石田純一さん。

現在の様子などもお話ししたそうです。

そして箸休めにコロコロチキチキペッパーズのナダルさんだったそうです。

 

2月の最後のゲストであるミルクボーイは、

ちょうど舞台の出演と重なっていて“この時間なら…!”というぴったりの時間があったそうで、

そのタイミングにうまいこと調整するのも大変だったとか。

それこそタイミングの関係で、

ムロツヨシさんなど電話に出ることができなかった方もいたり。

その間をもたせるのも大変だったとか。

困った時の秘策は、“若手芸人へ電話をする“だったそうです。

そんなことを話していると突然、

生放送中に鶴瓶さんのスマホに明石家さんまさんから電話が!

実はさんまさんは、この『無学の会』の最中に電話をかけたが出られなかった方のひとり。

その折り返しの電話がちょうどかかって来たのでした。

鶴瓶さんがスマホをスピーカーに切り替えたことで、

突然の出演のような驚きの展開となりました。

 

さんまさんへは事前の連絡をしておらず、

その場で決めて電話をかけたそうで、まずはその説明から。

突然の電話にあたふたしながら説明をする鶴瓶さんに、

「僕、今どうなってんの?」と困惑したさんまさんの様子がありました。

やっと状況が理解できて落ち着いたところで、

鶴瓶さんが「ついでだから言わせてもらいますけど…」と、

『無学の会』で、さんまさんに電話をかけるきっかけのひとつでもあった

“ミルクボーイ内海さんのお母さんが病室で見た夢にさんまさんが出て来た”お話をすると、

すかさずさんまさんが「あのね、うちのオカンが言うにはね…」と返事。

そのお決まりのフレーズに鶴瓶さんも乗っかってしまい、

ミルクボーイの漫才のような掛け合いが即興で始まりました。

こうなってしまっては止まらないさんまさん。

何を言ってもミルクボーイのネタで話が続いてしまい電話を切るに切れない展開へ。

鶴瓶さんは「頼むから切ってくれ!こっちは生放送なんや!!」と懇願。

「ちょっと電話しただけやのに、えらいのんに巻き込まれた…」と

楽しい半分、困った半分な様子でした。

ほとんど無理矢理電話を切った形でお別れとなったさんまさんでした。

 

ちなみに『無学の会』のときには、タモリさんとの電話でも似たようなことになったとか。

散歩中だったというタモリさんとの電話もなかなか切ってもらえず困りきったそうです。

その話を聴いていた上柳さんは「きっと、これはいける!と

いたずら心がぐっと入るんでしょうね」と分析。

鶴瓶さんとみなさんとの間柄がよく現れた瞬間でした。

他にも、オーストラリア在住のリスナーさんへ生電話、

堺にある酒蔵の主人と生電話、

サザンの無観客ライブのお話など、

盛りだくさんでお送りいたしました。

 

次回7/5も生放送でお送りします。

皆さんからのメールをお待ちしています。

鶴瓶さんとお話してもいいという方は電話番号を書いてくださいね!

 

<6月28日にお届けしました曲>

猫 / あいみょん

Yours / 三浦大知

若い広場 / 桑田佳祐

アイデア / 星野源

 

エンディングテーマ曲は「日曜日の夕方フレンド / 堀尾和孝」です。

 

「日曜日のそれ」では、みなさんからいただいたメール&ハガキを読まれた方に

鶴瓶師匠が歌う「姉ちゃんへ」のCDをプレゼントしています。

ラジオ、テレビ、落語、ライブ、旅、海外と忙しい鶴瓶師匠です。

ぜひどこかで見かけた時は、その様子をメールまたはおハガキに書いて

送ってくださいね。

★メールの方は、tsurube@1242.com

★おハガキの方は、〒100-8439 ニッポン放送 笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ係

どんなことでもいいので、メール、おハガキをお待ちしています。

 

また、この番組はポッド・キャスティングで聴くことが出来ます。

毎週火曜日に更新されます。

詳しくはニッポン放送のホームページをご覧ください。

最新番組ブログ
radikoタイムフリーで聴く
パーソナリティ
  • 笑福亭鶴瓶
    笑福亭鶴瓶
    笑福亭鶴瓶

    笑福亭鶴瓶

    1951年12月23日生まれ。京都産業大学在学中六代目笑福亭松鶴に入門。関西でラジオ・テレビを中心に活躍した後、1986年から本格的に東京へ進出。ラジオ・テレビはもちろん、落語会やイベントにも積極的に取り組んでいる。2000年には上方お笑い大賞受賞。独特なパーソナリティ性が老若男女に愛されている。

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.