笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ

2019.12.09

12月8日放送後記 新人アナが鶴瓶と初対面

今回は、ニッポン放送新人アナウンサーの

熊谷実帆アナウンサーと前島花音アナウンサーがスタジオに登場しました。

鶴瓶さんとは初対面。

上柳さんは新人研修の講師をしていたこともあり、

この光景に感慨深いものを感じていたそうです。

前島花音アナウンサーは群馬県出身。

“車社会”の群馬県で、カーラジオから流れる番組や歌謡曲を聞いてラジオに興味を持ったそう。

自分でもラジカセを買って部屋で聞いていたそうです。

群馬の田舎の方に住んでいたという前島花音アナウンサーは、

大学で上京してきたときに初めてSuicaを使ったそうで、

東京は便利すぎて戸惑うことも多かったとか。

熊谷実帆アナウンサーは秋田県出身。

前島花音アナウンサーと同じくラジオが好きでアナウンサーになったそうで、

秋田に住んでいるときは、番組にハガキを出しては“父と

どっちが多く読まれたか”を競っていたそうです。

筋金入りのラジオ好き2人。

前々回のゲスト、やきそばかおるさんとも様々なラジオについてのお話をしましたが、

最近またラジオが来てると感じる鶴瓶さん。“ええ時代に来たなぁ”と嬉しそうでした。

 

研修のときに上柳さんから教えてもらったという“鶴瓶さんのメモ帳”。

スタジオに本当に置いてある姿を見て感動する2人。

その中からは『山名屋浦里』の裏話や、出会いや経験のためには惜しまない話、

そして2人からは、フルートで培われた絶対音感のお話や空手で培われた絶対体幹のお話など、

盛りだくさんでお送りいたしました。

 

今回初めて鶴瓶さんとお会いして、尊敬の眼差しだったお2人。

鶴瓶さんは“いつか雑になる”、“今だけや”と言っていましたがどうなることやら。

これから先も気になる熊谷実帆アナウンサーと前島花音アナウンサーでした。

 

さて次回は「日曜日のそれ」800回記念でスペシャルゲストに清水ミチコさんが登場です。

お楽しみに!

 

<12月8日にお届けしました曲>

りんどう / WANIMA

ずっとマイペース / パノラマパナマタウン

Raspberry Lover / 秦基博

イエスタデイ / official髭男dism

ストーリーの先に / GLIMSPANKY

 

エンディングテーマ曲は「日曜日の夕方フレンド / 堀尾和孝」です。

 

「日曜日のそれ」では、みなさんからいただいたメール&ハガキを読まれた方に

鶴瓶師匠が歌う「姉ちゃんへ」のCDをプレゼントしています。

ラジオ、テレビ、落語、ライブ、旅、海外と忙しい鶴瓶師匠です。

ぜひどこかで見かけた時は、その様子をメールまたはおハガキに書いて送ってくださいね。

 

★メールの方は、tsurube@1242.com まで

★おハガキの方は、〒100-8439 ニッポン放送 笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ係

 

どんなことでもいいので、メール、おハガキをお待ちしています。

また、この番組はポッド・キャスティングで聴くことが出来ます。

毎週火曜日に更新されます。

詳しくはニッポン放送のホームページをご覧ください。

最新番組ブログ
radikoタイムフリーで聴く
パーソナリティ
  • 笑福亭鶴瓶
    笑福亭鶴瓶
    笑福亭鶴瓶

    笑福亭鶴瓶

    1951年12月23日生まれ。京都産業大学在学中六代目笑福亭松鶴に入門。関西でラジオ・テレビを中心に活躍した後、1986年から本格的に東京へ進出。ラジオ・テレビはもちろん、落語会やイベントにも積極的に取り組んでいる。2000年には上方お笑い大賞受賞。独特なパーソナリティ性が老若男女に愛されている。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.