GO 三浦崇宏 ラジオ新大陸

2021.05.03

松居大悟さん vol.1

映画監督で劇団ゴジゲン主宰の松居大悟さん。
『アフロ田中』で長編映画初監督。その後『スイートプールサイド』、
『アズミ・ハルコは行方不明』、『アイスと雨音』など、枠に捉われない作風で、
国内外から評価を得ています。また最近では、『バイプレイヤーズ』の新シリーズと
劇場版も手がけられました。

そんな松居さんが手がける作品は、半径1m以内の自分の体験が
ベースになっていることが多いのですが
なぜそれを表現しようとしているのでしょうか。

「選ばれた人たちが努力をして成功するストーリーラインが
自分が経験していた暮らしと全くあてはまらない時に
梯子を外された気持ちになるんです。
そこでこぼれ落ちた時間や感覚の中に自分は喜びを感じたし、
そこの怒りや悔しさこそがドラマになりうると思っています。」

松居さんが監督を務める
映画『くれなずめ』は、近日公開になります。

radikoタイムフリーで聴く
    パーソナリティ
    • 三浦崇宏<br> Takahiro Miura 
      三浦崇宏
       Takahiro Miura 
      三浦崇宏<br> Takahiro Miura 

      三浦崇宏
       Takahiro Miura 

      The Breakthrough Company GO 代表取締役 PR/CreativeDirector
      2017年、博報堂・TBWA\HAKUHODOから独立し、社会のあらゆる変化と挑戦にコミットすることをミッションとしたGOを設立、代表取締役 PR/CreativeDirectorを務める。
      クリエイティブ領域の知見を軸に、新規事業開発やスタートアップのブランディング、政策支援活動にも領域を拡大する。信条は 『表現を作るのではなく、現象を創るのが仕事』。