ひろたみゆ紀のサンデー早起き有楽町

2023.12.03

サンデー早起キネマ『バッド・デイ・ドライブ』

おススメの最新映画をご紹介している“サンデー早起キネマ”
11/26は、映画のチカラに引き込まれる3本をご紹介。

3本目は、演技派アクション俳優リーアム・ニーソン史上最悪の暴走運転!ノンストップリアルタイムサスペンス
『バッド・デイ・ドライブ』

『96時間』シリーズで“最強の親父”の称号を手中に収めたリーアム・ニーソンが映画出演101本目。今年、日本公開4本目の主演作で挑んだのは、特別闘うスキルもない一般人、ベルリンに住む金融ビジネスマン、マット。

ある日、2人の子どもたちを車に乗せ学校に送る途中、車内にあった見覚えのない電話が鳴り響きます。声の主は「その車に爆弾を仕掛けた。降りてはいけない。通報してもいけない。これから伝える指示に従わなければ爆破する」と告げます。
犯人の正体、要求、目的のすべてが不明のまま、戸惑いながら電話とドライブを続けるマット。
行く先では、同様に爆弾を仕掛けられた車が次々と大破。マットの仕事仲間もいました。
ユーロポールとマスコミは、マットを容疑者として断定、行方を追います。
恐怖に怯える子供たちを乗せ、身に覚えのない容疑をかけられたマットに、更なる悲劇が!なんと、妻が「離婚弁護士の元にいる」というのです。
果たしてマットは犯人を突き止め爆破を阻止し、家庭崩壊の危機を脱することができるのでしょうか?

お金や欲という私たちにとっても身近で興味深いテーマを扱いつつ、最悪の一日を通して本当に大切なものに気づかされるマット。
でも、そんなことはどうでもいいと思えるほどリーアム・ニーソンの演技は凄い!
自分もマットと一緒に爆弾が仕掛けられた車中にいるようなドキドキが味わえます。気が付けば、マットのハンドルさばきと一緒に、右に左に体が動いています。

監督は、SFアクション大作『プレデターズ』のニムロッド・アーントル。「リーアムは驚くほど素晴らしい演技で、ファーストテイクでOKになることが多い」といいます。編集のために保険でもうワンテイク撮らせてもらうという、監督としてのジレンマがあるんだそうですよ。
今年71歳にして101本の映画に出演。円熟の極み!このままリーアム・ニーソン伝説をずっと見ていたいと思わせてくれます。
ベルリンの街を疾走するうちに、エスカレートしていく爆弾魔の要求、思いもよらぬ同時多発的なトラブル、すべてがリアルタイムで進行していく怒涛の91分を大スクリーンでお楽しみください。

『バッド・デイ・ドライブ』
12月1日(金) 新宿ピカデリー他全国公開

公式サイト:bdd-movie.jp
監督:ニムロッド・アーントル
出演:リーアム・ニーソン、ノーマ・ドゥメズウェニ、リリー・アスペル、ジャック・チャンピオン、エンベス・デイヴィッツ、マシュー・モディーン
2023年|イギリス|英語・ドイツ語|カラー|スコープサイズ|5.1ch|原題:Retribution|91分|字幕翻訳:高内朝子
配給:キノフィルムズ 
提供:木下グループ 
© 2022 STUDIOCANAL SAS – TF1 FILMS PRODUCTION SAS, ALL RIGHTS RESERVED.

最新番組ブログ
    パーソナリティ
    • ひろたみゆ紀
      ひろたみゆ紀
      ひろたみゆ紀

      ひろたみゆ紀

      6月25日生まれ 栃木県出身 特技:韓国語 趣味:DIY
      元NHK宇都宮放送局のキャスター レディオベリー(エフエム栃木)アナウンサー  2001年からフリーに。
      以降、ニッポン放送でアシスタントやリポーターを務めるなどフリーアナウンサーとして活動。

      2009年、語学留学のため、渡韓。
      卒業後は現地で日本語を教える傍ら、2011年4月より翌年6月まで
      レディオベリーの韓国情報番組『K-ONECT』のパーソナリティを務めていた。
      韓国語と韓国の生活文化を身につけ、2012年9月に帰国。

      現在はニッポン放送アナウンス部に所属。

    • 過去のホームページ
    • 中山秀征の有楽町で逢いまSHOW
    • すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
    • ウィークエンド・ケアタイム 「ひだまりハウス」 ~うつ病・認知症について語ろう~