笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ 毎週日曜日 PM4:00〜5:30 パーソナリティ 笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴瓶
Profile
プロフィール
笑福亭鶴瓶
1951年12月23日生まれ。京都産業大学在学中六代目笑福亭松鶴に入門。関西でラジオ・テレビを中心に活躍した後、1986年から本格的に東京へ進出。ラジオ・テレビはもちろん、落語会やイベントにも積極的に取り組んでいる。2000年には上方お笑い大賞受賞。独特なパーソナリティ性が老若男女に愛されている。
鶴瓶とリスナーによるハプニング満載のがちんこ・ドキュメント・バラエティー。
主役は”あなた”!!笑福亭鶴瓶がリスナーから寄せられた電話・はがき・メールをネタにトークの達人ぶりを発揮!電話や、時には直接本人を訪ねて(!?)、日常の中から感動・驚き・笑いをお届けしていきます。
番組インフォメーション infomation
主役は"あなた"笑福亭鶴瓶がリスナー直撃!

時代の流れ、日々の生活。その模様は十人十色。
人は皆、計り知れない可能性を秘めた”人生ドキュメンタリーの主役”なのです。

この番組では、周囲を和ませ、ハッピーな気分にさせてくれる
独特なキャラクターの笑福亭鶴瓶が、
リスナーから寄せられた電話・はがき・メールをネタにトークの達人ぶりを発揮、
電話や、時には直接本人を訪ねて、日常の中から感動・驚き・笑いをお届けしていきます。

また、1970年代〜80年代の懐かしいフォーク&ニューミュージックを中心とした名曲から最新の曲に至るまでたっぷりと紹介していきます。

鶴瓶とリスナーによるハプニング満載のがちんこ・ドキュメント・バラエティーです

こないだのそれlLasttime
今回は2PMのJUNHOさんをお迎えしての放送をお届けいたしました。
JUNHOさんはこれまでに何度もこの番組にお越しくださっていますが、
毎度ながら母国語ではない日本語を
一生懸命かつ丁寧にお話してくださいました。
そこで、意外なことに鶴瓶さんとの共通点をいくつか見つけることができました。

お二人とも、本業とは別に“役者”としても活躍していること
“悪役”を演じたときの身内の反応
それぞれの本業では欠かせない“覚える”作業
・・・などなど、たくさん見つかりました。

JUNHOさんは今回、1月25日に6枚目のミニアルバム「Winter Sleep」を発売。
そのアルバムを引っさげてのライブも開催いたします。
その中にはJUNHOさんが作詞をしている歌もありますが、
全てドラマの撮影中の忙しい合間を縫っての制作だったそうです。
中にはラップの曲もあり、一度韓国語でラップを書き、
それを日本語に翻訳して・・・という作業を行っているとか。
そのうえ音楽的なリズムにもしっかり当てはまるように
しなくてはならない緻密な作業。
ただでさえ歌を覚えるのでも大変なのに、
重ねて母国語でない日本語の歌詞を覚えるなんて頭が混乱してしまいそうです。

それでもJUNHOさんは楽しいからどんどんやっている、
と前向きに語っていました。
何度も口ずさんで繰り返し練習して覚えていくそうです。
それでも間違えてしまったときは
ファンのみなさんも暖かく笑ってくれるのだそう。
どんなことでも本人が楽しいと思えることは大事ですね。

そのほかにも、休みがあったら何がしたい?や、
一緒に暮らしていた猫のお話、
ドラマ撮影中の失敗談など盛りだくさんでお送りいたしました。


<1月21日にお届けしました曲>

ミニアルバム「Winter Sleep」から
一緒に過ごした時間 / JUNHO
Winter Sleep / JUNHO
365 Winter Sleep Ver. / JUNHO

エンディングテーマ曲は「日曜日の夕方フレンド/堀尾和孝」です。


「日曜日のそれ」では、みなさんからいただいたメール&ハガキを読まれた方に
鶴瓶師匠が歌う「姉ちゃんへ」のCDをプレゼントしています。
ラジオ、テレビ、落語、ライブ、旅、海外と忙しい鶴瓶師匠です。
ぜひどこかで見かけた時は、その様子をメールまたはおハガキに書いて
送ってくださいね。

この番組はポッド・キャスティングで聴くことが出来ます。
毎週火曜日に更新されます。
詳しくはニッポン放送のホームページをご覧ください。

《 日曜日のそれからのお知らせ 》
 
●メール・おはがきお待ちしてます!!

★メールの方は、tsurube@1242.com までお願いします。
※メールは、↓この下のフォームからも、簡単に送れます。

★おハガキの方は、こちらへ!
〒100-8439 ニッポン放送 笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ係

いただいたメール&ハガキを読まれた方全員に
鶴瓶師匠が歌う「姉ちゃんへ」のCDをプレゼントしています。
どんなことでもいいので、メール、おハガキをお待ちしています。

受付メールフォーム
番組・パーソナリティのメッセージおまちしてます。こちらのメールフォームから、どしどしお寄せください。
■ 番組タイトル
 内容(☆この項目は必須です。)
■ お名前(半角カタカナは使用できません。)
■ フリガナ(全角カタカナで入力してください)
■ メールアドレス(携帯電話のメールは文字制限等ございますのでお避けください。)
■ 郵便番号(半角数字でご記入ください。)
■ 都道府県
■ ご住所(半角カタカナは使用できません。)
■ ご連絡先電話番号('-'ハイフンなし、半角数字で入力してください)
■ 年齢
■ 性別
男性: 女性:
■ リクエスト
<メールフォームをご利用のみなさまへ>
※番組宛のメールは必ずスタッフが目を通しておりますが、採用や個別に返信・対応を
お約束するものではありません。ご了承下さい。
インターネットで聴く
笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ Podcast
Copyright(c)Nippon Broadcasting System,Inc.All Right Reserved