笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ 毎週日曜日 PM4:00〜5:30 パーソナリティ 笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴瓶
Profile
プロフィール
笑福亭鶴瓶
1951年12月23日生まれ。京都産業大学在学中六代目笑福亭松鶴に入門。関西でラジオ・テレビを中心に活躍した後、1986年から本格的に東京へ進出。ラジオ・テレビはもちろん、落語会やイベントにも積極的に取り組んでいる。2000年には上方お笑い大賞受賞。独特なパーソナリティ性が老若男女に愛されている。
鶴瓶とリスナーによるハプニング満載のがちんこ・ドキュメント・バラエティー。
主役は”あなた”!!笑福亭鶴瓶がリスナーから寄せられた電話・はがき・メールをネタにトークの達人ぶりを発揮!電話や、時には直接本人を訪ねて(!?)、日常の中から感動・驚き・笑いをお届けしていきます。
番組インフォメーション infomation
主役は"あなた"笑福亭鶴瓶がリスナー直撃!

時代の流れ、日々の生活。その模様は十人十色。
人は皆、計り知れない可能性を秘めた”人生ドキュメンタリーの主役”なのです。

この番組では、周囲を和ませ、ハッピーな気分にさせてくれる
独特なキャラクターの笑福亭鶴瓶が、
リスナーから寄せられた電話・はがき・メールをネタにトークの達人ぶりを発揮、
電話や、時には直接本人を訪ねて、日常の中から感動・驚き・笑いをお届けしていきます。

また、1970年代〜80年代の懐かしいフォーク&ニューミュージックを中心とした名曲から最新の曲に至るまでたっぷりと紹介していきます。

鶴瓶とリスナーによるハプニング満載のがちんこ・ドキュメント・バラエティーです

こないだのそれlLasttime
先日ネットで配信されていた「稲垣・草・香取 3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」で
鶴瓶さんが差し入れた「うなぎ弁当」200セットについてお話されていました。
差し入れのお願いを受けて快く了承したものの、
「あの3人(稲垣さん、草さん、香取さん)だったら、
松竹梅の梅だったときに絶対いろいろと言ってくる!」と予感していた鶴瓶さんは
一番高いうなぎをわざわざ確認してから注文したんだとか。
よく知った仲だからこその心理戦のようなものが繰り広げられていたんですね。

そんな「特上うなぎ弁当200セット」という、
いたずらと捉えられてもしょうがないような大量注文を受けてくださったのは
「登川」さんといううなぎ屋さん。
実は俳優の高橋克典さんの「Aスタジオ」の取材で訪れて以来、
鶴瓶さんと店主は仲良くなったそうで、
今回の注文もぜひ!と受けてくださったそうです。

思わぬ繋がりをもたらしてくれた「Aスタジオ」。
そんなAスタジオのラストでは、ピンスポットに照らされた鶴瓶さんが
ゲストの方について静かに語り、終わったタイミングでスッと帰っていく、
という演出がありますが、これについて俳優の中井貴一さんが
“違和感がある”と指摘。
「仰天ニュース」に中井さんがゲストで登場したときのことでした。
最後ドヤ顔で去っていく鶴瓶さんが違和感の種だそうで、
それを再現してほしいと言われ、
まさかの他の番組で自分自身のパロディをすることに。
無事やり終えたものの、「みんなドヤ顔くらいするでしょ?」と
結局腑に落ちなかったそうです。

他にも、長野を訪れた際の暗すぎるタクシーの運転手さん、
新幹線で偶然隣になった人のお話など盛りだくさんでした。

収録後、立川志ららさんがご挨拶にきていたので記念に3ショットを。


【笑福亭鶴瓶落語会】

10月26日の大阪公演を皮切りに、
長野、金沢、福岡、熊本、仙台、岩手、名古屋、東京で行います。

東京公演は、12月7日(木)〜12月10日(日)の4日間。
場所は、赤坂ACTシアターです。
時間は、7日(木)、8日(金)の平日は、18:30開演
       9日(土)、10日(日)が13:00開演です。
料金は、前売り5,000円です。
「笑福亭鶴瓶落語会」に是非観に来てください。

<11月19日にお届けしました曲>
ふれあうだけで〜Always with you〜 / 三浦大知
The Sound Of Silence / UNCHAIN
プレゼント / SEKAI NO OWARI
応答セヨ / 関ジャニ∞

エンディングテーマ曲は「日曜日の夕方フレンド/堀尾和孝」です。


「日曜日のそれ」では、みなさんからいただいたメール&ハガキを読まれた方に
鶴瓶師匠が歌う「姉ちゃんへ」のCDをプレゼントしています。
ラジオ、テレビ、落語、ライブ、旅、海外と忙しい鶴瓶師匠です。
ぜひどこかで見かけた時は、その様子をメールまたはおハガキに書いて
送ってくださいね。

この番組はポッド・キャスティングで聴くことが出来ます。
毎週火曜日に更新されます。
詳しくはニッポン放送のホームページをご覧ください。

《 日曜日のそれからのお知らせ 》
 
●メール・おはがきお待ちしてます!!

★メールの方は、tsurube@1242.com までお願いします。
※メールは、↓この下のフォームからも、簡単に送れます。

★おハガキの方は、こちらへ!
〒100-8439 ニッポン放送 笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ係

いただいたメール&ハガキを読まれた方全員に
鶴瓶師匠が歌う「姉ちゃんへ」のCDをプレゼントしています。
どんなことでもいいので、メール、おハガキをお待ちしています。

受付メールフォーム
番組・パーソナリティのメッセージおまちしてます。こちらのメールフォームから、どしどしお寄せください。
■ 番組タイトル
 内容(☆この項目は必須です。)
■ お名前(半角カタカナは使用できません。)
■ フリガナ(全角カタカナで入力してください)
■ メールアドレス(携帯電話のメールは文字制限等ございますのでお避けください。)
■ 郵便番号(半角数字でご記入ください。)
■ 都道府県
■ ご住所(半角カタカナは使用できません。)
■ ご連絡先電話番号('-'ハイフンなし、半角数字で入力してください)
■ 年齢
■ 性別
男性: 女性:
■ リクエスト
<メールフォームをご利用のみなさまへ>
※番組宛のメールは必ずスタッフが目を通しておりますが、採用や個別に返信・対応を
お約束するものではありません。ご了承下さい。
インターネットで聴く
笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ Podcast
Copyright(c)Nippon Broadcasting System,Inc.All Right Reserved