笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ 毎週日曜日 PM4:00〜5:30 パーソナリティ 笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴瓶
Profile
プロフィール
笑福亭鶴瓶
1951年12月23日生まれ。京都産業大学在学中六代目笑福亭松鶴に入門。関西でラジオ・テレビを中心に活躍した後、1986年から本格的に東京へ進出。ラジオ・テレビはもちろん、落語会やイベントにも積極的に取り組んでいる。2000年には上方お笑い大賞受賞。独特なパーソナリティ性が老若男女に愛されている。
鶴瓶とリスナーによるハプニング満載のがちんこ・ドキュメント・バラエティー。
主役は”あなた”!!笑福亭鶴瓶がリスナーから寄せられた電話・はがき・メールをネタにトークの達人ぶりを発揮!電話や、時には直接本人を訪ねて(!?)、日常の中から感動・驚き・笑いをお届けしていきます。
番組インフォメーション infomation
主役は"あなた"笑福亭鶴瓶がリスナー直撃!

時代の流れ、日々の生活。その模様は十人十色。
人は皆、計り知れない可能性を秘めた”人生ドキュメンタリーの主役”なのです。

この番組では、周囲を和ませ、ハッピーな気分にさせてくれる
独特なキャラクターの笑福亭鶴瓶が、
リスナーから寄せられた電話・はがき・メールをネタにトークの達人ぶりを発揮、
電話や、時には直接本人を訪ねて、日常の中から感動・驚き・笑いをお届けしていきます。

また、1970年代〜80年代の懐かしいフォーク&ニューミュージックを中心とした名曲から最新の曲に至るまでたっぷりと紹介していきます。

鶴瓶とリスナーによるハプニング満載のがちんこ・ドキュメント・バラエティーです

こないだのそれlLasttime
今回は、インディーズの頃から親交のある、
シンガーソングライターの半崎美子さんをお招きしてお送りしました。

メジャーデビューしてから状況は一変したという半崎さん。
この番組で生演奏をするために自宅の壁からピアノを剥がして
持ってきていたのももう4年前。今回は番組側がピアノを用意!
鶴瓶さんも“偉くなったなぁ”と冗談を交えつつ嬉しそうな表情でした。

今回のように、待遇が少し変わったということは多々あるそうで、
一番驚いたのは半崎さんが長年続けているショッピングモールの
ライブでの出来事だそうです。
今までなら自分でショッピングモールへの売り込みをしたり、
ライブ当日に会場入りしたら、まず客席の設営やポスターを貼ったり、
全て自分でやっていたそうです。
しかし、今では会場に到着したら設営が済んでいたり、
もうすでに席に座って待機しているお客さんがいたり、
半崎さん自身もすごく戸惑ってしまうほどの変化があったそうです。

ショッピングモールでのライブは戸惑うばかりではなく、
嬉しい変化もありました。
それはお客さんが“聴く体勢”になっていっている、ということ。
それを肌で感じることができるそうです。
ショッピングモールという、誰でも見られる空間。
今までは犬の散歩の途中でふと足を止めて、
犬が歩き出したらそのまま離れていってしまうような、
ふわっとした繋がりが多かったそうですが、
今や座って集中して聴いてもらえる。
偶然聞こえてきた歌声じゃなくて半崎美子の歌声を聴きにきてくれている、
と実感するそうです。
その様子はまるでコンサートホールのようだと形容していました。

その変化を語る様子に、鶴瓶さんは“その変化を見ることが出来る、
感じることが出来るというのはとても嬉しい”と語っていました。
きっと半崎さんを応援し続けている人も同じ気持ちなのではないでしょうか。

最近では、ショッピングモールでのライブの後に行うサイン会でも、
新しく知ってくれた人との交流もたくさん増えてきたそう。
そのひとりひとりとふれあいながら、時にお互い涙を流しながら
お話をすることがとても嬉しいそうです。

半崎さん自身、大きいホールで演奏が出来ることも嬉しいが、
もっと細かく小さな規模でもいいからより多くの人と交流しながら音楽活動を
続けていきたい、と語っていました。
鶴瓶さんが提案した「教会や大聖堂での全国ツアー」も
いつか実現できたら素敵ですね。

その他にも、半崎さんの自宅にあるインディーズ時代のCDの数々や、
ライブならではのハプニング話など盛りだくさんでした。
生歌を披露する半崎さんの姿に、オーラが出てきたと
嬉しそうな鶴瓶さんでした。

半崎美子さんシングル「サクラ〜卒業できなかった君へ〜」は
9月6日に発売決定!
さらに11月4日(土)にはEXシアター六本木でコンサートが行われることも
決定しています!


<7月23日にお届けしました曲>
サクラ〜卒業できなかった君へ〜 / 半崎美子
稲穂(生演奏) / 半崎美子 
明日へ向かう人(生演奏) / 半崎美子
夏花火 / 半崎美子
ふたりの砂時計 / 半崎美子
種(生演奏) / 半崎美子

エンディングテーマ曲は「日曜日の夕方フレンド/堀尾和孝」です。


「日曜日のそれ」では、みなさんからいただいたメール&ハガキを読まれた方に
鶴瓶師匠が歌う「姉ちゃんへ」のCDをプレゼントしています。
ラジオ、テレビ、落語、ライブ、旅、海外と忙しい鶴瓶師匠です。
ぜひどこかで見かけた時は、その様子をメールまたはおハガキに書いて
送ってくださいね。

ラジオをもっと楽しもう、ということで、
パソコンで、聴き逃したラジオ番組を聴けるサービス「Radital(ラジタル)」を
ぜひ利用してください。

Raditalは、ラジオ番組をインターネットで手軽に聴けるサービスです。
いつも聴いている番組を聴き逃した!という時に、ぜひご利用ください。
もちろんこの番組も、聴くことが出来ます。
ニッポン放送か、「日曜日のそれ」の番組ホームページに
Raditalのバナーがありますので、そこからお入りください。
会員登録もいりません。鶴瓶師匠の写真をクリックすると、
すぐに番組が始まります。ぜひ試してみてください。


また、この番組はポッド・キャスティングで聴くことが出来ます。
毎週火曜日に更新されます。
詳しくはニッポン放送のホームページをご覧ください。

《 日曜日のそれからのお知らせ 》
 
●メール・おはがきお待ちしてます!!

★メールの方は、tsurube@1242.com までお願いします。
※メールは、↓この下のフォームからも、簡単に送れます。

★おハガキの方は、こちらへ!
〒100-8439 ニッポン放送 笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ係

いただいたメール&ハガキを読まれた方全員に
鶴瓶師匠が歌う「姉ちゃんへ」のCDをプレゼントしています。
どんなことでもいいので、メール、おハガキをお待ちしています。

受付メールフォーム
番組・パーソナリティのメッセージおまちしてます。こちらのメールフォームから、どしどしお寄せください。
■ 番組タイトル
 内容(☆この項目は必須です。)
■ お名前(半角カタカナは使用できません。)
■ フリガナ(全角カタカナで入力してください)
■ メールアドレス(携帯電話のメールは文字制限等ございますのでお避けください。)
■ 郵便番号(半角数字でご記入ください。)
■ 都道府県
■ ご住所(半角カタカナは使用できません。)
■ ご連絡先電話番号('-'ハイフンなし、半角数字で入力してください)
■ 年齢
■ 性別
男性: 女性:
■ リクエスト
<メールフォームをご利用のみなさまへ>
※番組宛のメールは必ずスタッフが目を通しておりますが、採用や個別に返信・対応を
お約束するものではありません。ご了承下さい。
インターネットで聴く
笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ Podcast
Copyright(c)Nippon Broadcasting System,Inc.All Right Reserved