ラジオを通じて健康について考える「ラジオ人間ドック」

6月19日(月)〜6月23日(金)は、

順天堂大学医学部附属順天堂医院 糖尿病・内分泌内科 綿田裕孝先生にお話を伺いました。

「じわじわ進む怖い病気 糖尿病」


 

6月19日(月)糖尿病とは?

・糖尿病は増えている。

・贅沢で太っているとなりやすい。

・健康診断での線引きでは、糖尿病の前段階から注意を促している

・体質も関係している

 

6月20日(火)糖尿病はなぜ怖い?

・糖尿病はブドウ糖の血中濃度が上がる病気。細かい血管を傷つける。

・目や腎臓、神経をマヒさせる。

・太い血管にもダメージを与える。

・知らない間に病状が進む。

 

6月21日(水)糖尿病は治らない!

・糖尿病は治らない。

・日本人の3分の2は糖尿病にならない。

・3分の1は、ならない人と同じものを食べても血糖値が上がる

・運動や食生活に気づかうことで、血糖値を上げないようにできるが、

体質は変わらない。そういう意味で、糖尿病は治らない。

・糖尿病は遺伝する。

 

6月22日(木)歯のチェックと薬

・歯のチェックも重要。

・歯周病があると血糖値が上がることも。

・歯科でクリーニングを。

・画期的な薬もある。

・「SGLT-2」という薬は、摂取した糖を尿として出す薬。

・副作用もあるので、使用は医者に相談を。

 

6月23日(金)糖尿病との付き合い方

・早期発見が大切

・糖尿病になったら、お医者さんに継続してかかる。

・若い人でも糖尿病になる。進行が速いので、すぐに病院へ。

・糖尿病であることを認めること。そこから治療が始まる。

 

 

お聞き逃しの方は、radikoのタイムフリーサービスで

コチラから放送日を選んでいただき、お聴きいただけます。

なお、このラジコのタイムフリー聴取機能は、

過去1週間以内に放送された番組を聴くことができます。

番組内容やCMは、過去のものになりますので、ご注意ください。

  • ラジオリビング
  • えりのお便り
  • ニッポン放送東島衣里アナが取材先で寝てしまったのはナゼ?