"心理シリーズ"の中から『親子関係の心理』についてです。

 

■今週(4/154/19)のテーマ:『親子関係の心理』

 

4/15(月) 『母と娘の関係について①』  

 

今回、このテーマにさせて頂いたのは、

最近、たまたま男性の友人とこんな話をしたからです。

それは"自分たちの母親は、自分の息子と娘とでは

話し方や接し方が少し違うんじゃないか?"

 

私には弟がいて、その友人には妹さんがいて

その友人は妹さんと、よくそういう話をするそうです。

 

それまで私は"それって自分だけが感じていることなのかな?"と

思っていましたが、"子どもたち目線"から見た場合、

同じように感じている方って、結構いらっしゃるみたいで・・・

兄や弟がいる・いないは関係なく、母親は息子と娘では

育て方というか、接し方や考え方が違う!と感じている方、

意外と多いみたいです。

 

"母と娘"、"母と息子"という関係については、以前から

心理学的な研究が進められているそうです。

モチロン、同じ"母と娘"、"母と息子"という関係でも、

そのご家庭の環境や家族構成によって、大きく変わってきますので、

あくまでも1つの例としてと思います。

 

元々、母親と娘の場合、同じ女性同士ということで、

親子の間の"心理的な距離"が近いといわれています。

この場合の"心理的な距離"とは"ほど良い距離感"のことです。

特に母親は娘に対して、親しい感情を持っていて、

将来的にも自分と繋がっていることを期待しているため、

心理的な距離が近い・・・と考えられるそうです。

 

そのため、母親は娘に対して親しいあまり、

娘との境界線が曖昧(あいまい)になってしまって、

娘の人生にあれこれと介入してしまうことがあるそうです。

モチロン、全ての母親が娘に対して

そのように感じているわけではありません。

 

 

4/16(火)  『母と娘の関係②』

 

"母と娘の関係"は、男性の方には少し分かりにくいかも知れませんが、

娘さんをお持ちの方、あるいはご兄弟にお姉さんや妹さんが

いらっしゃる方は、あくまでも参考にして頂けたらと思います。

 

母親と娘は同じ女性同士なので、親子間の心理的な距離が近くて、

親密な関係を築きやすい・・・といわれています。

その反面、同じ女性同士ということで、

親子間の争いが深刻化してしまうこともあるそうです。

同じ母と娘でも、特に長女と母親の場合、

一度、その関係がこじれてしまうと、修復が難しい・・・とも

いわれているそうです。

 

同じ"長女"でも、"ひとりっ子"や"妹がいる場合"もあれば

"兄や弟がいる中での女の子"というケースもあります。

いずれにしても母親にとって"初めての女の子"なので、

期待をかけ過ぎたり、厳しく接したり、時には

束縛してしまうことがあるそうです。

 

例えば『お母さんの言うとおりにしていれば、間違いないから』。

子供の頃、言われたことありませんか?

失敗して怒られるのは誰でも嫌なものですから、

"お母さんの言うとおりに行動すれば失敗しない"

または"仮に失敗したとしても、怒られない"と思うようになります。

    

でも逆に言えば、この言葉によって行動が制限されてしまいます。

そのことに疑問や反発心を持つと、

今度は『あなたのためなのよ』と言って

押さえつけようとすることもあるそうです。

モチロン、母親からすれば娘のことを良かれと思っての言葉です。

 

私自身も確かに『お母さんの言うとおりにしていれば、間違いないから』、

『あなたのためなのよ』と言われた覚えがあります。

いずれにしても、母親の同性の娘に対する心理が働いたことから出た

言葉です。

 

 

4/17(水)  『母親と娘・息子の関係』

 

"同じ女性同士だから、娘の気持ちは母親の自分が

一番よく分かっている"、そう思っている母親は多いそうです。

そのため『お母さんの言うとおりにしていれば、間違いないから』

『あなたのためなのよ』といった言葉で、特に長女の娘を、

コントロールしようとする傾向があるそうです。

 

自分の考えを押しつけて、必要以上にしつけを厳しくしたり、

行動を監視したり・・・というのも、母と娘の関係によくあるそうです。

また娘の場合、母親の父親へのグチに付き合わされることも多いと

いわれています。

そうやって父親のグチを聞かされることによって、

父親に対するイメージが悪くなったり、結婚に対してネガティブな

考え方になってしまうこともあるそうです。

"娘は同じ女性同士だから、分かってくれるはず!"という母親の

思い込みは、時には家族のバランスを崩すことにもなってしまいます。

 

そんな中、"母親は兄または弟ばかり大事にして、娘の私とは扱いが違う!"と

不満に思っている方、結構多いそうです。

 

このように、愛情に差があるように見えるのは、

一般的に男の子は女の子に比べて、手がかかるため・・・といわれています。

男の子の場合、異性である母親から見た時、想像もつかない

理解不能な行動をしがちです。

その点、女の子の場合、母親からすれば同性ということもあって、

感じ方や行動が似ているので、理解しやすいことが多いそうです。

こうした違いから、いくつになっても母親は娘よりも

息子のことが気になって、接し方に違いが出てしまう・・・と

考えられるそうです。

 

 

4/18(木) 『近すぎる親子関係』

 

親元を離れて暮らしている方が、ご実家に帰られた時、

同じ子どもなのに、兄や弟と娘の自分とでは母親の接し方が違う!と

感じている女性の方が結構いらっしゃいます。

 

息子が社会人になっても、いろいろお世話をしてしまう

いわゆる"子離れ"が出来ない母親もいます。

その理由ですが、息子が自活できないことは、

息子のために良くない・・・と思ってはいても、

突き放してしまうことで不安になったり、

生きがいを失った・・・と感じてしまうからだそうです。

"息子の世話を焼きたがる=息子のため"ではなく、

実は"自分のため"というケースが多いそうです。

 

そんな中、『母子カプセル』というのが問題になっているそうです。

これは息子や娘に限らず、母と子の関係があまりに近過ぎて、

お互いに依存した状態、二人だけの世界を作ってしまっている状態を

指すものです。

 

母親に"見守られている"という安心感のもと、子どもは少しずつ

外の世界と関わりを持ちながら成長していきます。

そして最終的には、その関係から卒業していくのが一般的です。

ところが、本来なら次の段階へと進むところを、

お互いに"親離れ""子離れ"できずに、

ずっとカプセル状態が続いてしまうそうです。

これが子どもの心の成長に、良くない影響を与えてしまうため、

問題になっているそうです。

 

通常ですと、反抗期と呼ばれる思春期の時点で、

カプセル状態は解消されるそうですが、

お互いそこから抜け出そうとしないことで、

その後も続いてしまうそうです。

 

 

4/19(金) 『生まれた順番の影響』

 

男の子・女の子に限らず、生まれた順番によって

それぞれ性格や考え方が違ってきます。

一般的に初めての子どもの場合、下の子が生まれたことで、

いわゆる"赤ちゃん返り"することが多いといわれています。

 

これはそれまで親や周囲の愛情が、自分ひとりだけに

向けられてきたのに対して、下の子が生まれたことで愛情が半分、

またはそれ以下になったと感じてしまうからです。

それと同時に"あなたはお兄ちゃん、お姉ちゃんなんだから"と

言い聞かされ、怒られるのも自分ばかり・・・と不満を感じる反面、

"我慢"を覚えるようになるといわれています。

 

下の子は上の子が怒られるのを見ることで、

立ち回りが上手くなるといわれています。

また同性の兄弟・姉妹の場合、下の子は上の子と比較されることを

嫌がる傾向にあるそうです。

 

上にも下にも兄弟がいる子の場合、上の子が異性だと、

真ん中の子は長男・長女になりますから、

上の子とは扱い方が違うということになりますが、

それに対して不満を持つことがあるそうです。

 

逆に"上の子と同性の下の子"の場合、それはそれで

親から注目されにくく、放っておかれがちという傾向があるそうです。

 

そして末っ子の場合、"いつまでも子ども扱いされる"という

不満があります。

モチロン、末っ子でも長男・長女だと扱い方も違ってきます。

 

 

■今週の感想 

 

今回は私と男性の友人の会話の中から、

このテーマにさせて頂きましたが、

私も日頃、母親の言動を見ていて、

明らかに弟と私では違うな・・・と感じていたので、

何となくスッキリしました(笑)

 

モチロン、全ての方にあてはまるわけではありませんが、

少しでも参考にして頂けたら・・・と思います。

 

 

【お知らせ① 次週(4/22~)からのテーマ】

 

海外では通じない英語、『和製英語』について・・・

 

 

【お知らせ② 番組で使用しているBGM

 

◆オープニング 

SIMPLE THING(シンプル・シング) / ミニー・リバートン

 

◆エンディング

LARRY'S WORLD(ラリーズ・ワールド) / ラス・フリーマン