• radikoリンクボタン
  • twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン

メールフォームリンクボタン

  • radikoリンクボタン
  • メールを送るボタン
  • Twitterシェアボタン
  • Facebookシェアボタン

放送時間:月~木 13:00~16:00

原作小説が映画化の平山夢明 映画と小説の違いは?

水曜コメンテーター平山夢明さんが登場。

今週、平山さんの小説『ダイナー』の映画化が発表されました。
主演は藤原竜也さん。
脚本・監督は蜷川実花さんが担当することも発表。

※要塞のような分厚い鉄扉の奥に広がり、強烈な色彩美を放つ殺し屋専用の
「ダイナー」を舞台にした作品。『週刊ヤングジャンプ』では河合孝典による
漫画版となる『DINER ダイナー』が連載中。

そんな平山さんをお祝いすると意外にもまじめなお話が…!

土屋:原作が映画になるっていうのはどんな気持ちなんですか?

平山:小説と映画っていうのは違うもんだからね。
小説はストーリーに重きを置くけど映画はストーリーとキャラが
強くなきゃいけないから。

土屋:そういうものなんですね。

平山:それに双方向じゃないから。映画は。
小説はわからないことあったら戻って読めるけど、
始まったら止まってくれないからね。

土屋:それに2時間っていう時間も決まっているから
そこに収めなきゃいけないですもんね。

他にも「ゾッとした話」もお送りしました。
暑さにバテる前に涼しくなってはいかがですか?
気になる方は下のバナーをクリックして、
ぜひradikoのタイムフリーでチェックしてみてください!

同じカテゴリの記事

トップへ戻るボタン