鈴木杏樹のいってらっしゃい

『インナーイヤー型』と『カナル型』イヤホンのメリット・デメリット

タグ


ラジオ以外にも、音楽を聴くときの必需品でもある『イヤホン』『ヘッドホン』ですが、辞書で調べますと、イヤホンは『電気の信号を音響の信号に変換して耳に差し込み、1人だけに聞こえるようにする小型の装置』
ヘッドホンは『頭にかけて使用する、両方の耳を覆う形のレシーバー』とあります。

イヤホンで、昔からある最もポピュラーなタイプが『インナーイヤー型』です。『インイヤー型』とも言います。
耳の穴に浅く装着するタイプで、付けたり外したりするのが簡単ですが、周囲の音が聞こえやすい、イヤホンの音が漏れやすい…というデメリットがあります。

『インナーイヤー型』に対して最近、主流となっているのが『密閉インナーイヤー型』です。こちらは通称『カナル型』と呼ばれています。
『カナル型』は『インナーイヤー型』よりも、耳に深く挿入して使うタイプです。
この『カナル』とは『外耳道』のことで、簡単に言いますと“耳の穴”のことです。

『カナル型』のイヤホンは耳栓のように挿入して使いますので、外の音が聞こえにくくて、音漏れが少ないのが特徴です。さらに小さな音量でも、クリアなサウンドを楽しめるといわれています。
その反面、歩きながら、あるいはジョギングなどをしながら使う場合、クルマや自転車といった周囲の音に気づきにくいため、注意が必要です。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.