さまぁ~ず 三村マサカズと小島瑠璃子 対談

さまぁ~ず 三村マサカズ

1967年生まれ。1988年コンビ「バカルディ」結成、2000年に「さまぁ~ず」に改名。
ゴールデンタイムから深夜番組まで多くの冠番組を持つ。

小島瑠璃子

1993年生まれ。2009年ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得しデビュー。元気で明るいキャラクターで多数のバラエティやスポーツ番組で活躍中。

さまぁ~ず三村マサカズ 49才=(おじさん)、 小島瑠璃子 22才=(ピチピチ女子)
おじさんと、若い女子が共通の話題を探りながら番組を進行。
知ってて当然?知らなくて愕然! 人生の“経験”と“勢い”がぶつかり合う土曜夕方の30分。
親子ほど年の離れた2人のジェネレーションギャップをあなたのメッセージで埋めてください。

BLOG

さまぁ〜ずのネタ作りとは・・・

6月に行われる「さまぁ〜ずライブ11」の話しから、ネタはどのように作られるのか?という話題に…

(小)ネタ作りがすごく気になります。どういう風に出来ていくんですか?

(三)まず若い作家さんに、コントの設定のアイデアをいくつか出してもらう。その設定のちょっとした流れも一緒に出してもらうんだけど、なかなかオレたち2人に刺さらなくて、、、「じゃあこれは?」「これは?」って感じでさらに出し合って決めていく感じかな。

(小)「じゃあ最初から自分たちでやれよ!」ってその若い作家さん達は思ってますよね。

(三)絶対に思ってると思う。

(小)www

(三)「オレ、この設定、すげ~練ってるのに…」って思ってると思うよ。

だけどなんかやっぱり最終的には、自分達で決めたくなっちゃうんだよね。

(小)まあそうですよね。「さまぁ〜ず」という名前になってから11回目。ずっとそのやり方で積み重ねてきたものですからね。

(三)そうなんだよね、、、作家の中で一番年上の「たかはC」っていうのがいるんだけど、「たかはC」に『たまにはコントの台本を丸々書いてこいよ!』って言うんだけど、「どう頑張っても大竹さんと三村さんの脳みそにはなれないんですよ」って言われる。なんか俺ら言葉の使い方とかが独特なんだって!

(小)あと、会話の流れで急に出てきた言葉でコントの終わりまで行ったりしますもんね。

(三)そうそうそう、だから無理らしい。

(小)なるほど〜

(三)だからいまだに大竹が手書きで、しかもすげぇきったねぇ字でガーっと書いて「これ清書しておいて」って「たかはC」に渡すんだけど、

その字を見慣れてるはずの「たかはC」でも読めない時があるらしい。

「大竹さん、この『かんの』ってなですか?『かんの』って書いてあるんですけど、、、」

(小) ・・・かんの?

(三)「『かんの』じゃなくて『なんの』だよ!」って

(小)www

(三)でも見ると、完全にひらがなで『かんの』って書いてあるんだよ

(小)www

(三)2年に一回はそんな感じでやってます。

 

6月29日(木)〜7月4日(火) 天王洲 銀河劇場でさまぁ〜ずライブ開催です!

詳しくはホリプロHPから