2015年11月:ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が院長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2015年11月29日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病の専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。

12月1日から50名以上が働く全ての事業場(会社や職場)で、年に一度、「ストレスチェック」の義務化が始まります。ストレスとは、そもそも何なのか?「ストレスチェック」とは、どのようなチェック方法なのか?をお伝えします。後半は、皆さんから寄せられたメール「相談できる友人がいない。人間関係や会社の悩み相談を聞いてもらえる機関はある?」について紹介しています。


btn_play.gif

2015年11月22日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医の朝田隆先生です。

ゲストには、八王子市にある高齢者専門医療施設『上川病院』の吉岡充理事長です。

病院や介護施設などで、高齢者の体を縛る、身体拘束をやめようという「身体抑制廃止運動」の旗振り役として活躍されている吉岡先生に、身体拘束、身体抑制はどのようなことで高齢者を苦しめているのか、どうすれば身体拘束がゼロになるのか、その取り組みについて詳しくうかがっています。


・高齢者専門医療施設『上川病院』

http://www.kamikawa-hospital.com/


・全国非営利活動法人 全国抑制廃止研究会

http://yokuseihaishi.org/


btn_play.gif

2015年11月15日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症の専門医・朝田隆先生と共にお送りしました。

今回のテーマは「ユマニチュード」。認知症の方に対する新しいケアです。ユマニチュードとはどんな技術で、それを使って介護をすると、どのような効果が現れるのか?朝田先生にくわしく紹介していただきました。番組後半はみなさんから寄せられたメール、『しばしば持病の薬を飲み忘れてしまうのが悩みの種、介護商品を使ってみたものの...』&『特養施設に入所していますが問題行動が多く、命の保証ができないと退所勧告を受け...』の2通を紹介しています。


btn_play.gif

2015年11月08日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病の専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。ゲストには、女優の高樹澪さんをお迎えしました。歌手として「ダンスはうまく踊れない」のヒットソングでもお馴染みですが、女優としても活躍されています。高城澪さん、実はうつ状態となり、一時、芸能界から姿を消していたことも...。本人の意思に関係なく顔面がけいれんする「片側(へんそく)顔面けいれん」という病気からのうつ病体験や芸能復帰されたきっかけなど、詳しくお話しを伺っています。


◎お知らせ◎ 

 ・高城澪さんの「オフィシャル BLOG」サイト

  http://lineblog.me/takakimio/  

 ・高城澪さんのプロフィールはこちら!(株式会社 成プロ企画のHP)

  http://naripro.co.jp/?p=107


btn_play.gif

2015年11月01日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病の専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。

先日、ヨーロッパのサッカーリーグで活躍あるいは、現役を引退したプロのサッカー選手の多くが、うつ症状に悩んでいるという、ちょっと衝撃的な話題が一部スポーツ紙などで紹介されました。前半は「健康的なイメージのあるスポーツ選手とうつ病の関係性」について樋口先生に伺っています。後半は、ラジオリスナーの皆さんから寄せられたメール、お便り"うつ病患者がいる家で音楽はかけてもいいの?"&"突然目が覚め、心が晴れたような感じ。うつ病が治っていたというのはよくあるの"2通を紹介しています。




btn_play.gif