2015年3月:ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が院長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2015年03月29日

今週のナビゲートドクター、うつ病の専門医・樋口輝彦先生と、独立行政法人国立精神・神経医療研究センターの功刀浩先生をゲストにお招きしました。
精神・神経系の病気や脳にいい食事とはどんなもの?うつ病も生活習慣病!?など、「うつ病と食事や栄養の関係」について、深くふかく伺っています。

◆功刀浩先生からのお知らせです!
リスナーの中で食事と栄養状態について詳しく検査してみたいという方、
メールでお問い合わせください。
アドレスはこちら→  eiyo@ncnp.go.jp 
※ 研究を兼ねて行っていますのでお金はかかりません ※

◇功刀浩先生監修 
「今ある『うつ』が消えていく食事」マキノ出版より発売中
◇国立精神・神経医療研究センターの栄養管理室の先生と一緒に作った
「うつ病の毎日ごはん」 女子栄養大学出版から4月中旬頃出版予定
◇精神疾患の脳科学全般について紹介した一冊
「精神疾患の脳科学講義」 金剛出版も発売中

◆「独立行政法人国立精神・神経医療研究センター」の公式サイトはこちら! 


btn_play.gif
2015年03月22日

今週のナビゲート・ドクターは、独立行政法人国立精神・神経医療研究センター総長の樋口輝彦先生です。復興する被災地で独りでも多くの笑顔を取り戻すために、現地の皆さんの心と身体を守ろうという一般社団法人「心の絆プロジェクト」をご紹介しています。
プロジェクト理事として活動をされている槙島敏治先生をゲストにお迎えし、日本赤十字社医療センター 国際医療救援部部長としての海外や東北の救援活動、そして被災者のストレス、心のケアについて伺っています。


btn_play.gif
2015年03月15日

今週のナビゲート・ドクターは、筑波大学 医学医療系 臨床医学域 精神医学教授 朝田隆先生です。前半は、認知症の人や家族、支援する人達が参加して話し合い、情報交換等を行う「認知症カフェ」を詳しく朝田先生に伺っています。パイオニア的な認知症カフェ【滋賀県守山市の医療法人藤本クリニック】を取り上げています。後半は、皆さんから寄せられた認知症に関するメール"認知症の症状が進み他人に対して攻撃的だった父、ホームヘルパーさんに救われた"&"56歳の母が認知症と判断されたが遠方ですぐに帰れず心配が募るばかり..."を2通ご紹介しています。

滋賀県守山市の医療法人藤本クリニック


btn_play.gif
2015年03月08日

今週のナビゲート・ドクターは、筑波大学 医学医療系 臨床医学域 精神医学教授 朝田隆先生です。今週は日本では初めてとなる認知症の人たちによる当事者団体「日本認知症ワーキンググループ」をご紹介しています。 認知症の人たちをパートナーとして活動されているほか、この「日本認知症ワーキンググループ」事務局も担当されている看護師の水谷佳子さんをゲストにお迎えし、グループの結成となったキッカケや活動内容について伺っています。

btn_play.gif
2015年03月01日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病の専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。前半は、最近うつ状態の子供たちが増えているのではというデータが発表されています。子供でもうつ病になるのかも含めて「子供のうつ」について伺います。後半は、リスナーの方から寄せられたメール"友人がもしかすると双極性障害かも...病院に行こうよとアドバイスをするなら、躁の時と鬱の時、どちらがいいの?"&"うつ病に「がんばれ」は禁句、先生から言われ続けた「大丈夫」という言葉"の2通をご紹介しています。

btn_play.gif