2014年11月:ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が院長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2014年11月30日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病の専門医・樋口輝彦先生が登場!
シンガーソングライターとして活躍されている玉城ちはるさんをゲストにお迎えしています。玉城さんは、お父様を自殺でなくされ、ご自身が味わった苦しみや悲しみを世の中からなくすために自殺防止キャンペーンなどにも積極的に参加されています。またアジアからの留学生を支援する「ホストマザー」もされ、これまで生きてきた様々な経験を語って下さっています。

「 玉城ちはる さん 」の公式サイトはこちらになります。

btn_play.gif
2014年11月23日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症の専門医・朝田隆先生が登場!
週刊朝日で連載された「本紙記者 62歳 ボケてたまるか!」という現役の記者 山本 朋史さんがゲスト!物忘れがひどくなり仕事にも支障が...もしかすると自分は認知症では?と病院を受診、検査、そして認知症によい予防プログラム体験談などを伺っています。

★☆「ボケてたまるか!62歳現役記者 認知症早期治療・実体験ルポ」☆★
12月6日に出版される山本朋史さんの単行本を、番組をお聴きの方の中から抽選で10名様にプレゼント!もしかすると自分や家族が認知症かも知れない...と方はもちろん、すでに認知症と診断された方にも参考になる体験談がたくさん紹介されています! 
受付メールアドレスは、hidamari@1242.com
おはがきの方は、〒100-8439 ニッポン放送 ひだまりハウス『ボケてたまるかプレゼント』係
 ◆なお、当選者の発表は発送をもって変えさせて頂きます◆

btn_play.gif
2014年11月16日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症の専門医・朝田隆先生と共にお送りしました。前半は、遺伝子や細胞レベルでの研究も進んでいるという最先端の認知症治療「ips細胞」を使って病気のメカニズムを解明、効果がある薬や治療法の開発が可能に!?後半は、番組に寄せられたメール"大病すると認知症になりやすい?"&"若年性認知症は何歳くらいからリスクがあるのか?"この2通をご紹介しています。

btn_play.gif
2014年11月09日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病の専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。ゲストに女優の小山明子さんをお迎えして過去にうつ病経験がある、ご自身の体験談をお話しされています。昨年亡くなられた映画監督の大島渚さんの奥さまでも知られている小山さん、要介護状態になられた監督を献身的に支えてきました。小山さんがどのような切っ掛けでうつ病となり、どう克服されたのかを伺っています。

btn_play.gif
2014年11月02日

今週のナビゲート・ドクターは、独立行政法人国立精神・神経医療研究センター総長の樋口輝彦先生が登場!前半は、人間には聞こえないはずの高い周波数の音に不思議な力があるということが判明。その研究が進められている「ハイパーソニック・エフェクト」、うつ病にどんな効果があるのかを伺っています。
後半はリスナーの皆さんから寄せられたメール"もしかして双極性障害!?現在病院にも行ってない、うつ状態だった人が元気になった時は、どんなところに注意するといいのでしょうか?"をご紹介しています。

btn_play.gif