ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が院長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2017年06月25日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病の専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。
今回のうつ病テーマは「脳と腸の関係について」です。最近は、脳と腸はお互い影響を与え合っていると考えられていて、腸は第二の脳とも呼ばれています。人間の腸には、たくさんの細菌があり、体を守ってくれる役目を持つ「善玉菌」と病気を引き起こす可能性がある「悪玉菌」、腸の中に住む細菌たちの生態系「腸内フローラ」もよく耳にする方も多いと思います。便秘や下痢だけでなく、美肌にも、腸の環境は大切で、実はメンタルにも大きな関わりがあるということで、樋口先生に脳と腸の関係について詳しく伺っています。後半は、皆さんから寄せられたメール&おはがきを紹介しています。


2017年06月18日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医・朝田隆先生と共にお送りしました。
ゲストは風見しんごさんです。欽ちゃんファミリーの一員として芸能界に入り、バラエティ番組にも引っ張りだこ、そして、『僕、笑っちゃいます』や『涙のテイク・ア・チャンス』などのヒット曲でも知られています。そんな風見さんが20年以上、お母様とお父様の介護をされていました。
ご実家が広島にあり、ご両親の傍にいることが出来ない環境の中で風見さんがやってこられた介護とは...。
そして、ご両親との日々をどのように過ごされてきたのか、そこで感じた家族のつながりについて伺っています。
どうぞ、じっくりとお聴きください。

◎お知らせ◎
■ 風見しんごさんの近況報告はこちらからどうぞ!

■ 「さくらのとんねる」二十歳のえみる 青志社から発売中です。


風見しんごさん.jpg

2017年06月11日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医・朝田隆先生と共にお送りしました。
前半の認知症テーマは、「認知症の人と家族の会」がまとめた提言「認知症初期の暮らしと必要な支援」を取り上げていきます。今回、家族の会では、「認知症初期の段階にある本人」181名の認知症患者さんと、その御家族194名の協力を得て様々な調査が行われました。どんなことで病気に気がついたのか、最初の変化に気づいた年齢、就労状況や経済面など、調査報告書のデータからわかる、認知症初期だと診断された人と、その家族のリアルな生活が浮き彫っている内容をご紹介しています。

 ◎今日ご紹介したトピックス◎
・「認知症の人と家族の会」のホームページ

・認知症初期の暮らしと必要な支援-認知症の人と家族からの提言-

 ◎お知らせ◎
今度6月18日(日)朝6時25分からの「ひだまりハウス」のゲストは、
欽ちゃんファミリーの一員として芸能界に入り数々のヒット曲でも知られる風見しんごさんです。30歳の頃から、お母様とお父様の介護を20年以上過ごされました。ご両親との日々を伺う予定です。