ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が院長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2016年12月04日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病の専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。
今回の放送は、東北医科薬科大学医学部精神科学教室教授、そして、NPO法人日本双極性障害団体連合ノーチラス会の代表の鈴木映二先生をゲストにお迎えしています。前半は鈴木先生が極性障がいの研究や治療に関わったキッカケ、うつ病との違い、双極性障がいの症状や対処方法などを伺っています。後半は当事者、そのご家族、医療者の方々などが結集して活動を行っている「双極性障がいを支援するノーチラス会」について詳しく紹介しています。

◎お知らせ◎

■無料電話相談や研修、講演などの最新情報は下記をご覧ください。
・ NPO法人日本双極性障害団体連合ノーチラス会

・NPO法人ノーチラス会〈非公式〉  

・ノーチラス会 facebook

■東北医科薬科大学医学部精神科


IMG_0076.jpeg

btn_play.gif

2016年11月27日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病の専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。
前半は、「適応障害」についてです。適応障害、よく耳にする言葉ですがいったい、どのような症状なのか...、適応障害とうつ病の違いや治療法について、樋口先生に解説していただきます。番組後半は、皆さんから寄せられたメールを紹介しています。後半は皆さんから寄せられたメールやおはがきをご紹介します。

btn_play.gif

2016年11月20日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医・朝田隆先生と共にお送りしました。
ゲストは、レビー小体病の当事者である樋口直美さんをお迎えしています。
認知症といっても、その原因は100種類以上もあると言われており、その中でも、特に多いアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症、前頭側頭型認知症が《四大認知症》と呼ばれています。
患者数の多いレビー小体型認知症は、小阪憲司先生が発見されたもので、最近まであまり知られていない分野でした。適切な治療を受ければ症状が改善し悪化を防ぐことができると言われており、実際に樋口さんは「意識障害」を改善してきました。同じ病気で苦しむ方への差別や偏見を無くすために、積極的に活動をされています。
ご本人がこれまで向き合って感じてきた病気のことについて詳しく伺っています。 

 ◎樋口直美さんからのお知らせ◎ 
■樋口直美さんの公式ホームページサイト! 


IMG_9853.jpeg

btn_play.gif