阿部亮のNGO世界一周! | 毎週木曜日19:43~19:53 | ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

阿部亮のNGO世界一周!

aberyo@1242.com

阿部亮

阿部 亮

19歳で陸路を世界一周した高卒の法律家。司法書士法人新宿事務所創業者。
北海道札幌西高等学校卒業。卒業後、ミュージシャンを目指し18歳で上京。海外の音楽に触れ、誰も聴いたことがない音楽をつくりたいと、19歳で陸路を世界一周する旅に出る。

facebook
インターネットで聴く

番組紹介

番組では、日本国内や世界各国で活躍するNGOやNPO、社会起業家や
企業のCSRなど 社会貢献に関わる方々、事業を紹介し、応援する番組です。
団体の代表や現地で活動するスタッフの方々をゲストに迎え、
「どんな支援活動をしているのか?その成果は?」
「活動現場で目撃した現実とは?」「世界をどう変えたいのか?」
「ゲストの方がこの世界に入ったきっかけや今後の夢」
などに迫りつつ、国内、そして世界を舞台に頑張っている日本人の姿を、
時にスタジオから、時に現場で取材した声を織り交ぜて
パーソナリティ阿部亮が紹介していきます。

インフォメーション

2017.Nov.16

11月21日は国際医療団体 認定NPO法人ジャパンハートの吉岡秀人先生が出演します


AAMC2.jpg →ジャパンハートのAAMC

たくさんの貧しい人々がこの病院を頼りに何時間もかけて 診療に訪れます。

IMG_5094.jpg到着しました。暑いです!スタッフが出迎えてくれました。


今年9月末 阿部亮さんは カンボジアプノンペンからおよそ1時間のところにある

ジャパンハートのAAMCの病院視察に行きました。

国際医療団体 ジャパンハートは日本の認定NPO法人。18歳以下の子ども達に無料で医療を ラオス、ミャンマー、カンボジアで届けています。

その最高顧問の医師が吉岡秀人先生。


IMG_5131.jpg

吉岡秀人先生と阿部亮さん 


今年4月に、吉岡先生に番組ゲストに来て頂いた時、

「カンボジア、ミャンマーの子ども達が小児がんになった場合、命は助からない、絶望的です。」というお話を伺いました。

そして、長年、無償で医療を子供に提供してきた吉岡先生の悲願こそ

「小児がんの子ども達を救いたい」という思い。そしてその思いを聞いた阿部さんは

「小児がんを治療するための病棟建設」支援をすることを決めました。

この二人をつないだものは、実は 「ミャンマー」。

阿部さんは長きにわたって、ミャンマーで寺子屋学校を建設する活動をしています。

吉岡先生も単身 20年以上も前に ミャンマーの村に入り、医療活動をはじめました。

巡り巡って、この二人がつながって、アジアの小児がんで命を落とす子ども達を救うことが出来るようになるのです。

IMG_5146.jpg

病棟を見学します。


手術室の中にも入らせて頂きました。一緒に写っているのはカンボジア ジャパンハートの運営のリーダー的な存在、古郡さん!

IMG_5154.jpg

ジャパンハートのAAMCが建ってから、まわりにお店ができたり、ちょっとした村が出来始めています。

病院そばのレストランでみんなで昼食を。↓カンボジア料理美味しいです!

                                                 ↓  建設候補地を視察中

IMG_5135.jpgIMG_5103.jpg

21日の放送では、カンボジアで運営するAAMCの病院がどんな存在か、また 小児がん病棟建設にかける吉岡先生の思いをお届けします。


病院の前で みんなでファイティングポーズ!! 新病棟の完成は来年の6月です。

IMG_5155.jpg