ENTERTAINMENT NEXT!

  • TOP
  • ブログ一覧
  • 作家:海堂尊さんの”執筆現場に欠かせないもの”とは?...
2018.05.27

作家:海堂尊さんの”執筆現場に欠かせないもの”とは?


海堂尊さんは2006年に「チーム・バチスタの栄光」で作家デビュー。
この「チーム・バチスタ」シリーズは映画、ドラマ化もされ、
累計で1000万部を超える大ヒット作となりました。

Part.1の今回は先月、宝島社から発売された
シリーズ最新作「玉村警部補の巡礼」について、たっぷりお話を伺いました。

チーム・バチスタに登場する“加納&玉村コンビ ”が主役となった今作は
四国のお遍路の旅が舞台となっています。

海堂さんが実際に八十八カ所を巡ったからこそ書ける、
作中の細かい風景描写にも注目です!

そして、海堂さんが“エンターテイメント”を生み出す場所。
執筆現場では「チーム・バチスタ」シリーズを始めとする
フィクション作品を執筆される場合、作品毎にテーマソングを設けているようで
今作は米津玄師さんの楽曲をエンドレスで聴きながら執筆をされたとのこと。

そうすることにより、時間が経ってから加筆をする際にも
楽曲を聴くことで当時の風景を思い出せて便利だと
大変、貴重なお話をしていただきました。

来週も引き続き、海堂尊さんにお話を伺います。
お楽しみに!
最新番組ブログ
radikoタイムフリーで聴く
パーソナリティ
  • 南美希子
    南美希子
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.