鈴木杏樹のいってらっしゃい

恐竜は今も地球で生きている?

タグ

『恐竜』を辞書で調べると“中生代と呼ばれる時代に栄えて、のちに絶滅した爬虫類の一種”とあります。

期間にして、今から約2億2,000万年前に現れて6,500万年前に絶滅したと言われています。この約1億6,000万年の間に、様々な種類の恐竜が現れて、いなくなったことになります。

『学術的な恐竜の定義』によりますと、現在では“恐竜とは『鳥』と『トリケラトプス』の直近の共通祖先と、その全ての子孫”となっています。

『トリケラトプス』の名前が挙げられていますが、それは恐竜が骨盤の形が鳥に似ている『鳥盤類(ちょうばんるい)』と、トカゲ類のように開いた形をしている『竜盤類(りゅうばんるい)』の2つのグループに分けられていることに関係しているそうです。

『トリケラトプス』は『鳥盤類』に属しています。『トリケラトプス』を含む『鳥盤類』は絶滅してしまいましたが、最近の研究で『竜盤類』は、鳥の仲間に進化したことが分かったそうです。

この『竜盤類』を代表する恐竜が『ティラノサウルス』です。

面白いことに『トリケラトプス』を含む『鳥盤類』は絶滅したのに、『竜盤類』は”鳥の仲間”へと進化していったことになります。そう考えると恐竜は鳥の仲間に姿を変えて、今もこの地球上に暮らしていることにもなるそうです。

さらに鳥を恐竜と同じ仲間とした場合、現在もたくさんの恐竜が生きている・・ということもできるそうです。

ちなみに『学術的な恐竜の定義』とは別に“恐竜=直立歩行する爬虫類”という見方もあるそうです。

(2017/9/4放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.