あみだくじで当たりの確率が高いのはココだ! 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

『何かを選ぶ時の決め方』~『あみだくじについて』

pl-2013202661748

『あみだくじ』を辞書で調べると“人数分の線を引いて、片方の端の所に『当たり』や『ハズレ』を書いて隠したくじ。

元は片方の端に、それぞれ異なる金額を書いて隠して、それぞれが引き当てた金額を出させて、集めたお金でお茶菓子などを買って、平等に分けたもの“とあります。

 

このように『あみだくじ』は元々、“1つのものを何人かで買う時に、支払う金額に差をつけて、誰がいくらか決めるための遊び“で室町時代の頃から、庶民に広まったとされています。

但し、当時の『あみだくじ』は今とは“線の書き方”が違っています。

今は“縦の線”が“平行に”何本も並んでいますが、元々は“ある一点から、四方に線が広がった状態”いわゆる“放射状”に線を書いていたそうです。

 

この“放射状の線”が阿弥陀如来の後光に似ていることから『あみだくじ』とか、『あみだのひかり』と呼ばれるようになったそうです。

“後光”は“体から差す光”“仏さまや菩薩さまのお体から発する光”のことです。

ですので『あみだくじ』の『あみだ』は『阿弥陀さま』のことで、漢字で書く時も『阿弥陀さま』の字が使われます。

阿弥陀さまは『阿弥陀仏』と呼ばれる“仏さま”のことです。

 

そんな『あみだくじ』ですが、確率についてたくさんの人が研究をされています。その結果の1つをご紹介しますと、

『最初から当たりの位置が分かっている場合』、“横線がたくさんある時は、当たりに近いほうの端を選ぶ”“横線が少ない時は、当たりの真上を選ぶ”と確率が高いそうです。

これを“信じる・信じない”はご自由ですので、ご参考までに・・

(2016/5/18放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。