鈴木杏樹のいってらっしゃい

日本のサイダー発祥の地は横浜。【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

“日本のサイダー発祥の地”、それは横浜だそうです。
1868年(明治元年)、イギリス人の方が横浜に会社を作り、同時に炭酸飲料の製造・販売も始めたそうです。
この炭酸飲料は日本で暮らす外国人向けで、日本人で飲むことが出来たのは、限られた階級の方だけでした。

そこで1899年(明治32年)、秋山巳之助(みのすけ)さんという方が日本人として初めて清涼飲料水の製造・販売を手掛けました。
この清涼飲料水はガラスのボトルに詰められていて、『金線(シャンピン)サイダー』という名前でした。
そんなところから横浜が“日本のサイダー発祥の地”と言われています。

この『金線サイダー』の発売に続いて、
1905年(明治38年)には『三ツ矢サイダー』、
1909年(明治42年)には『リボンシトロン』、
1928年(昭和3年)には『キリンレモン』が発売されました。

w680×h383-3

横浜地サイダー<オリツルサイダー>HPより

そんな中、“日本のサイダー発祥の地・横浜”では現在、唯一『坪井食品』さんが、炭酸飲料水の製造・販売をされています。
『坪井食品』さんでは1928年(昭和3年)に『オリツルサイダー』の製造を始めました。
その後、炭酸飲料水がブームとなる中、『坪井食品』さんは炭酸水の製造を中断することになったそうです。

ところが、2001年の横浜開港祭のイベントとして『オリツルサイダー』の復刻版を販売したところ、とても人気が出て、そこで2014年に『オリツルサイダー』の製造・販売を再び始めたそうです。

(2017/3/30放送分より)

radiko_time_0407

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 (月)~(金) 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.