勝手の違う車椅子バスケットボールに一度は挫折したが、努力の結果日本代表選手に-藤井新悟選手(車椅子バスケットボール)インタビュー

ニッポンチャレンジドアスリート・藤井新悟選手(車椅子バスケットボール)インタビュー(2)】

このコーナーは毎回ひとりの障がい者アスリート、チャレンジドアスリート、および障がい者アスリートを支える方にスポットをあて、スポーツに対する取り組み、苦労、喜びなどを語ります。

img_0

藤井新悟(ふじいしんご)
秋田県出身。19歳の時事故で車椅子生活。その後、車椅子バスケットボールをはじめ、日本代表の主力として活躍。2004年、アテネ大会でパラリンピックに初出場。北京、ロンドン大会では代表のキャプテンを務め、リオでの4大会連続出場を決めた。宮城マックス所属。

 

-リハビリ先で車椅子バスケットボールに出会い、本格的にやってみようと決意した藤井は今所属しているクラブ宮城マックスに参加、しかし、最初の一年間は練習に行かなかった時期もあった。

藤井 自分は経験者で少しは自信があったのに、全然うまくいかない。年上のおじさんたちにも全く勝てない自分が本当に歯がゆくて悔しくて嫌になりました。そんなことで、車椅子バスケットボールが大好きだったのですけれども、練習には行かない日々が続いていました。

-再び練習に参加するようになったわけは

藤井 そんな自分でも全国大会に連れ行ってもらうことがありまして、その時に単純に全国の選手を見て、うわあ、こんなにうまい人がいるんだということがとても印象的でした。比べて、自分は何をやっているのだろうと自分を見つめなおしました。これではだめだろうと思い、まずはかっこいい選手になりたいと思い、そういった動機が自分を見つけなおすのと、もう一度頑張ろうというきっかけになりました。

-車椅子バスケットボールにはポイント制度があり、障害が重いほど選手の持ち点は低くなる。藤井の持ち点は現在1.5。二番目に障害が重いカテゴリーでいわゆるローポインターだ。チームでレギュラーになるためにどんな努力をしたのだろうか。

藤井 できるプレーというのはある程度限られているのですけれども、チェアースキルという車椅子でのフットワークですね。まずは自分の意志で動けるようなフットワーク能力を上げようと思いました。

藤井 はじめて3年目の23歳の時、現・宮城マックスの監督の岩佐ヘッドコーチがまだまだ能力もスキルも低かった自分を全日本の合宿に推薦をしてくれたんです。そこで選考がスタートしていく中でまわりがどんどん削られて行く中で自分が残ったという形でした。

(4月18日~22日放送分より)

ニッポンチャレンジドアスリート
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 13:42~放送中
(月曜~木曜は「土屋礼央 レオなるど」内、金曜は「金曜ブラボー。」内)
番組ホームページでは、今回のインタビューの模様を音声でお聴き頂けます。