知ってる?豆乳のすごい栄養分の数々!【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

豆乳は“畑のお肉”と呼ばれる大豆から作られていますので、『大豆たんぱく』が豊富です。『大豆たんぱく』には基礎代謝を活発にしたり、血流の改善や動脈硬化を防ぐ効果が期待されています。

大豆

また、大豆に含まれるポリフェノールの一種『イソフラボン』には『更年期障害』の症状の改善や、『骨粗しょう症』を予防する効果が期待されています。

さらに豆乳に含まれる『レシチン』には、高血圧や脳の老化の予防に効果が期待されています。
他にも『サポニン』には、血液中のコレステロールや中性脂肪を取り除いたり、免疫力を高めたり、抗酸化作用に効果が期待されています。

そして豆乳は『ビタミンB』や『ビタミンE』も豊富です。ビタミンBが不足すると、イライラしたり、集中力が欠けやすくなります。
また『ビタミンE』は血行を良くして、ホルモンの分泌を盛んにする働きがある・・と言われています。

さらに豆乳には『カリウム』や『マグネシウム』も含まれています。
『カリウム』には血圧を安定させたり、細胞を元気にする働きが期待されています。
『マグネシウム』は、カルシウムと密接な関わりがあって、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
このように豆乳には、たくさんの栄養が含まれています。

“湯葉を作った後の、豆乳の栄養分はどうなるの?”と思われる方、いらっしゃるかも知れませんが、元の豆乳に比べると、湯葉を作った分だけ、栄養分は減ってしまいます。
それでも湯葉を頂いた後、残った豆乳も頂けば、元の豆乳を飲んだのと同じ栄養分が摂れるそうです。

radiko_time_1019

(2016/10/11放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 (月)~(金) 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.