ホルムズ海峡でのタンカー攻撃~ポンペオ氏がイランを非難する理由

タグ

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月14日放送)に参議院議員の青山繁晴が出演。6月13日にホルムズ海峡で日本関係の積荷を積んだタンカーが攻撃を受けたニュースについて解説した。

イラン学生通信(ISNA)が13日、AFP通信に提供した、オマーン湾で黒煙を上げるタンカーの画像=2019年6月13日 写真提供:時事通信

ホルムズ海峡付近で日本関係のタンカーが攻撃を受ける

イラン沖ホルムズ海峡付近で6月13日、東京千代田区の海運会社「国華産業」が運行するタンカーと、台湾の石油大手、台湾中油のタンカーが攻撃を受けた。国華産業のタンカーは砲撃を受けており、2隻とも火災が発生。乗組員は脱出して無事である。

青山)驚きました。安倍総理とハメネイ師が会談している最中にホルムズ海峡で、船籍はパナマでも実質日本がオーナーのタンカーが砲撃を受けたという。これをどなたかが小説に書いていたら、僕は「そんなバカな」と思わず漏らすくらい、びっくりしました。真実は小説より奇なり、そのものです。

飯田)これに関してさまざまな報道が出ていますが、まずアメリカの国連代表部は、13日午後の国連安全保障理事会の非公式会合で議題に取り上げるよう要請するということが出ています。また、サウジアラビアの衛星テレビ局・アルアラビーヤは、サウジを主体とする連合軍の報道官がイランに近い武装組織フーシ派や、関係組織の犯行という見方をほのめかしたと報道しています。しかし、イランの国連次席大使はこの関与を否定しているということです。ポンペオ国務長官も会見を行っていますよね。

マイク・ポンペオ – Wikipediaより

ポンペオ国務長官は背後にイランと非難

青山)サウジ系の報道には驚きません。ほのめかしただけですし。フーシ派というものは馴染みが薄いかもしれませんが、アラビア半島の南の端に2つ国があって、向かって左側のイエメンで酷い爆撃が行われています。サウジの爆撃は酷いです。誤爆と言っていますが病院、学校を狙い撃ちにしていると思えるくらい、子どもがたくさん殺されているのですよ。ここにイランの関与があると言われていて、サウジ系の政権に対して、フーシという人を中心としたフーシ派が反乱軍を率いているのです。そこにイスラム教のなかで宗派が違うイランが支援している。フーシ派がいわば代理人となって、ペルシャ湾でけしからんことをしているのではないかという話がある。だからサウジ系の報道がそれを示唆するのは普通なのです。しかし驚いたのは攻撃だけではなく、ポンペオ国務長官の記者会見です。入り口でイランに責任があると言っていますが、僕はこの時点でそこまで言うかと驚きました。日本ではそれ以上は報道されていないのですが、会見のなかでは現場で使われた武器、作戦実行に必要な専門知識のレベルの高さ、更に最近のペルシャ湾で起きている船舶攻撃などがイランによるものだと決めつけた上に、これほど高度な行為をするための資源や能力を持つものは他に居ないと。あくまで代理集団という言い方もしているのだけれど、こんな決めつけをいくら何でもこの段階で言うかと思いました。

飯田)早いですね。

青山)早すぎますよ。同時に水面下で国連のグテレス事務総長とアメリカは既に接触していて、非公開でやるようですが、安保理の会合で取り上げるということです。イランを追い詰める挙に出ていることは間違いありません。だからハメネイ師がトランプさんと話すわけにいかないのは、そういう意味でもある。起こるべくして起きているのであって、これから安倍総理は関与した以上は途中で抜け出すことはできませんから、9月の国連総会でのアメリカ、イラン、日本の三者会談に向けて努力する意外にないですね。

ホルムズ海峡の衛星写真(ホルムズ海峡 – Wikipediaより)

目的は「ホルムズ海峡はいつでも封鎖できる」ということを示すことか

青山)もう1つ、攻撃を受けた日本のタンカーは日章旗を掲げていません。パナマ船籍でも実質オーナーの日本の国旗を掲げるべきだという議論もあるし、掲げている国もあるのですが、日本の船はあまりしません。

飯田)パナマの国旗を後ろに掲げていた。

青山)パナマの国旗を掲げていたかどうか、僕は確認できていませんが、日章旗が揚がっていなかったということは、日本の船と思わずに攻撃した可能性は十分あります。本当の目的は「ホルムズ海峡はいつでも封鎖できる」という意思を誰かが示したのは間違いないと思っています。ホルムズ海峡は狭いところで30キロしかないと言われていますが、大型のタンカーが通れるところは6キロしかないのですよ。

飯田)そこが深いところということですね。

青山)ええ、タンカーが通れるかどうかが問題なので。要は6キロくらいなら簡単に封鎖できるのです。封鎖されれば日本に油が来なくなります。そうすると世界経済は大変なことになる。既に油の価格は上がっていますよね。

飯田)上がっていますね。

青山)こうやって簡単に値段も上げられるのですよ。いろいろな思惑が働いている。アメリカはそれを承知で、敢えて極端な言い方を国務長官がしているということは、逆に言えば戦争する気はないのですよ。戦争の代わりに口による攻撃をしている段階です。同時にハプニングは今回のように十分起こり得るということです。国政選挙の直前ですけれど、消費増税や年金などたくさんある問題に加えて、安倍外交も争点になると思います。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.