ぼくたちはかけがえのない地球に“同乗”している仲間です。手塚治虫 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

”言葉”には私達を励ましてくれたり、その人の人生さえも変えることが出来る力を持っています。
そんな『心の支えとなる名言』を紹介します。

手塚先生は『鉄腕アトム』や『ジャングル大帝』など、数々の名作を生み出し、”漫画の神様”と呼ばれています。
そんな手塚先生は生前、数多くの名言を残されています。
その1つをご紹介します。

人を信じよ。しかし、その百倍も自らを信じよ。時によっては、信じきっていた人々に裏切られることもある。そんな時、自分自身が強い盾であり、味方であることが、絶望を克服出来る、唯一の道なのだ。

人を信じることはモチロン大切ですが、それ以上に自分を信じることが大切です。
”自分自身が自分自身の一番の味方でいること”が大事です。

手塚治虫さんは子供の頃は体が小さくて、髪の毛がひどい”くせ毛”だったそうです。
そんな手塚少年にとって、”自分の存在をアピール出来る場”が”マンガ”でした。
マンガを描くことで、皆を喜ばせようとしたのです。
さらに大人になると、”いじめられっ子”だった頃の経験を作品に活用していきました。
例えば代表作の『鉄腕アトム』のアトムの髪型ですが、これは手塚先生ご自身の”くせ毛”がヒントだったそうです。

そんな”いじめられっ子”だった手塚先生には、ある信念がありました。
それは『子どもは、みんなそれぞれ、素晴らしい宝物を持っている。ダメな子や悪い子は一人もいない』というものです。
その信念から生まれた名言をご紹介します。

ぼくたちは、かけがえのない地球に“同乗”している仲間です。

ガラスの地球を救え―二十一世紀の君たちへ

ガラスの地球を救え―二十一世紀の君たちへ (知恵の森文庫)

手塚治虫,壁を超える言葉

手塚治虫 壁を超える言葉

(2016/8/22放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 (月)~(金) 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。