拉致問題担当大臣に菅官房長官就任~戦術転換図る

タグ

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月11日放送)に青山繁晴(自由民主党・参議院議員)が出演。菅官房長官が拉致問題担当大臣に就任したことについて解説した。

菅義偉官房長官 菅官房長官 横田めぐみ 拉致問題 北朝鮮 拉致 担当大臣

横田早紀江さん(右)と横田めぐみさんの写真を見る菅義偉官房長官=2018年10月8日、神奈川県川崎市中原区 写真提供:時事通信

拉致問題担当大臣に菅官房長官就任

飯田)メールをいただいています。大田区の“VOICEがキッカケ”さん、「拉致問題担当大臣に菅官房長官が付きましたよね。私たちは奪還を期待してよろしいのでしょうか」。

青山)奪還せねばならないので、このご指摘は実は正しいです。
安倍総理は戦術の転換を図っていて、ひとつは担当大臣を菅さんにしてご自分の直結にしたこと。いままで家族のケアだけが拉致問題担当大臣の仕事でしたが、拉致問題対策本部、これまで外務省が握ってきたところに官邸が入れるようする。
そしてもう1点は、交渉の最前線がインテリジェンスになったということ。北村滋内閣情報官が表に出てしまっています。これは外務省が嫌いになったわけではなく、外務省も使いながらです。アメリカがインテリジェンスを通じて北朝鮮と交渉しているのを参考にして、日本もそれを全面に出している。
報道はされていませんが、見えざるところで戦術転換を図っていて、北朝鮮がじ ーっとそれをウォッチしています。ということは強い関心を寄せているということです。

飯田)北村さんの名前と相手の統一戦線部の担当者の名前も。

青山)策略室長という考えられない肩書の人も出てきました。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.